Sankaアカデミー

AI顧客サービス - 究極のガイド

Pic

最終更新日: 2023年8月22日

はじめに

顧客サービスは大きな変革を遂げています。電話やメールなどの従来の顧客サポート手法は、最新の人工知能(AI)などの先端技術と補完的なシフトを遂げており、場合によっては完全に置き換えられつつあります。

これらの技術革新の中で、顧客サービスAIが注目され、ビジネスと顧客の相互作用のダイナミクスを再構築しています。

顧客サービスAIの進化

顧客サービスAI、一般的にAI駆動のチャットボットや仮想アシスタントと呼ばれるものは、現代のビジネス領域で重要な存在となっています。

この技術は自然言語処理(NLP)と機械学習の力を借りて、顧客の問い合わせや懸念を巧みに理解し対応する対話的な枠組みを作り上げ、シームレスで微調整された顧客サポート体験を形成しています。

顧客サービスAIの台頭は、さまざまな要因の結合に起因しています。

拡張性と利用可能性

ビジネスが直面する困難な課題の一つは、成長に合わせてサポートインフラを拡張する能力です。

電話サポートなどの従来の手段は、しばしば多数の顧客の問い合わせに対処するために大規模な労働力を必要とし、時間の非効率性と経済的な負担をもたらします。

これに対して、顧客サービスAIは同時に多数の顧客との対話を管理し、時間的な違いや地理的な制約に関係なく迅速に対応する能力を持っています。

応答の一貫性

人間のエージェントはコミュニケーションや問題解決のアプローチにおいて変動が生じる傾向があります。顧客サービスAIは、顧客の問い合わせに一貫性のある正確な応答を提供することで、この予測不可能性を排除します。

これらのAIシステムは、機械学習を活用して、過去の顧客との対話やフィードバックに基づいて常に応答を改善し、高い精度と顧客満足度を向上させます。

スケールでの個別対応

顧客との個別の対話の重要性は、ビジネスの優れた基盤の一つとなっています。

顧客サービスAIは、顧客データを詳細に分析して、個々の好みや過去の行動パターンに合わせた応答と推奨を作成することで、個別の対応を前例のないレベルで引き上げています。

この個別のアプローチにより、顧客体験が向上し、ブランドと顧客との強化された相互関係が育まれます。

コスト効率

堅牢な顧客サポートインフラの確立と維持は、特に中小企業にとっては著しい財政的な負担をもたらす可能性があります。

ここで、顧客サービスAIの価値提案が具現化します。AIがルーチンの問い合わせを効率的に管理するため、人間のエージェントは複雑な高度な対話に集中することができ、リソース配分と総合的な運用経費を最適化します。

多言語対応

ビジネスは、多様な言語背景を持つ顧客と関わることがあります。顧客サービスAIの言語的な能力は、わずかな言語に堪能な人間のエージェントの制約を超えています。

AI駆動のチャットボットは、多言語対応を巧みに行い、言語の壁を撤廃し、ビジネスの影響力を多岐にわたる市場に拡大します。

顧客体験の向上

任意のビジネスの成功の核心は、顧客層の満足度にあります。顧客サービスAIは、多様な方法で

顧客体験の向上に大きく貢献しています。

即時応答

顧客は、自分の問い合わせに対する迅速な応答を望んでいます。電子メールの返信を待つ不満や、電話での長時間の待ち時間はしばしばイライラを引き起こします。

顧客サービスAIは、顧客の問い合わせに瞬時に応答することで、顧客にとっての価値と時間への尊重を提供することで、この難題に取り組もうとしています。

24時間対応

顧客サービスAIは、従来の営業時間外にもサービスを提供できます。深夜や早朝にサービスが必要な場合には、この堅守された利用可能性が非常に有用です。

人間エージェントへのシームレスなエスカレーション

AIシステムはルーチンの問い合わせを巧みに処理するだけでなく、人間の介入が必要なシナリオを見極めることも得意です。

複雑な課題や感情的な相互作用に直面した際、顧客サービスAIはシームレスに会話を人間エージェントに移行させ、個別化された共感的なサポートを提供することができます。

データ駆動の洞察

顧客サービスAIの軌跡は、顧客との相互作用から生じる膨大なデータを生み出します。

ビジネスは、このデータセットを分析することで、顧客の行動、課題、そして頻繁に再発する問題についての洞察を得ることができます。これらの洞察は、製品開発やマーケティング戦略、将来の顧客との相互作用の方針に役立つことがあります。

AI顧客サービスの事例

Microsoft

2016年、Microsoftは高度なAIを搭載したSkypeやFacebook Messenger上でチャットボットを導入し、顧客サポートを提供しました。これらのボットは自然言語を理解し、ユーザーと対話し、一般的な顧客サービスの問い合わせに対応します。これにより、Microsoftは24時間365日の自動化されたサポートを提供し、効率的な顧客サービスを拡大することができました。

Amazon

Amazonの顧客サービスAIはAlexaテクノロジーを活用しています。この電子商取引の巨大企業は、ウェブサイト、モバイルアプリ、Echoデバイス上でAIボットを使用して一般的な顧客の質問や問題解決を会話形式で行います。これにより、人間のエージェントはより複雑な問題に取り組む余裕が生まれます。AIによって、特にセールイベント中などの大量の顧客対応が可能になりました。

Apple

AppleはSiriのAI機能を活用して、iOSデバイス上で声による顧客サポートを提供しています。Siriは修理の予約や払い戻しの手続き、注文の状況の確認、デバイスの問題のトラブルシューティングなどを行うことができます。Appleはまた、Business Chatを発表し、iMessageを通じてビジネスとAIボットを介して対話することができるようにしました。これにより、顧客サービスの利便性が向上しました。

Verizon

Verizonは、2018年にAIアシスタント「Alex」と呼ばれる仮想アシスタントを導入して、顧客サービスを変革しました。この仮想アシスタントは口座残高の確認、支払いの実行、新しいサービスの設定などのさまざまなタスクをこなすことができます。自然言語処理を活用して、シームレスな対話を通じて個別化されたサービスを提供し、通話量を削減しています。

AT&T

![](https://nyc3.digitalo

ceanspaces.com/sankafile/static/content-files/f6619e53-4bd7-4c95-8e47-805d153bce54.jpg)

AT&Tの人工知能プラットフォーム「Watson Assistant」は、サービス、プラン、デバイスに関する質問に答えるためのカスタマーサポートを支援しています。自然言語AIにより、ユーザーはライブエージェントと同様にAT&Tとコミュニケーションを取ることができます。これにより、顧客体験が向上し、人間の努力を減少させることができます。

これらの企業はAIアシスタントやチャットボットを活用することで、24時間365日の自動化された顧客サポートを提供し、通話量と運用コストを削減し、効率的な顧客サービスを拡大することができました。

AI技術が進化するにつれて、さらに多くのフォーチュン500ブランドが顧客エンゲージメント戦略にAIを組み込むと予想されています。

AIをビジネスに活用する方法についてもっと知りたいですか? AIマーケティングの完全ガイドをまとめました。ぜひチェックしてみてください! 記事を読む

まとめ

顧客サービスAIは、顧客サポートの新たな展開を創造し、ビジネスと顧客の相互作用のダイナミクスを再構築しています。

スケーラビリティ、一貫性、個別対応、コスト効率、アクセシビリティといった、AI駆動のチャットボットがもたらす利点は疑いようのないものです。この技術を採用することで、ビジネスは顧客体験を向上させるだけでなく、運用を効率化し、顧客の好みに関する貴重な洞察を得ることができます。

AI技術が進化するにつれて、感情知能の向上の可能性は顧客サービスに有望な未来を示しています。成功の核心は、自動化と人間の要素の間の平衡を取ることであり、効率と共感を結びつけたサポートエコシステムを創り出すことです。

ECビジネスを運営する、
もっと良い方法があります。

市場調査、商品・注文管理、顧客サービスまで。
全てのデータと業務を一元化。
一つのサブスクで。無制限のアカウント。

無料ではじめる

お気軽にご連絡ください。

無料製品トライアル・デモ
導入・運用サポート
費用見積もり
コンサルティング
データの移管支援
ソフトウェア開発