Sankaアカデミー

Azureコストの最適化を理解する:企業向け包括的なガイド

Pic

最終更新日: 2024年1月22日

はじめに

クラウドコンピューティングの急速な進化により、ビジネスは運用を拡大し、高度なコンピューティングリソースにアクセスすることがこれまで以上に容易になりました。

クラウドサービスの市場リーダーであるMicrosoft Azureは、強力なツールを提供し、組織がITインフラストラクチャを管理する方法を変革しています。

ただし、Azureが提供する柔軟性と拡張性にもかかわらず、コストの考慮事項も存在します。

効果的に管理されない場合、ビジネスはクラウドリソースの過剰支払いに直面する可能性があります。

ビジネスはどのようにクラウド利用を最適化し、過剰な支出を最小限に抑え、効率を最大化できるでしょうか?

このガイドでは、Azureのコスト最適化に深く入り込み、それがなぜ重要なのか、それを達成する戦略、長期的なコスト管理のベストプラクティスに光を当てます。

Azureコストの理解

コスト最適化に入る前に、Azureのコストが発生する場所を理解する価値があります。請求書はいくつかの主要なカテゴリに分けることができます。

  1. コンピュートコスト: これは仮想マシン(VM)の作成と実行に起因するものです。コストは主にVMのシリーズとタイプに依存し、大きくてパワフルなVMほどコストがかかります。
  2. ストレージコスト: これはAzureストレージアカウントに保存されているデータの量と、そのデータに対するトランザクションによって引き起こされます。
  3. ネットワークコスト: これはAzureデータセンターから出るネットワークトラフィック、またはデータエグレスとして知られています。
  4. その他のコスト: これにはデータベースサービス、ソフトウェアライセンス、およびサポートパッケージのコストが含まれる場合があります。

Azureコスト最適化は、Microsoft Azureの支出を減らして、誤管理されたリソースを特定し、無駄を排除し、高い割引のために容量を確保し、計算サービスを適切なサイズにすることによって、支出を最適化することです。

Flexeraの2020年クラウドの状態に関するレポートによれば、"クラウドユーザーはクラウド支出の無駄を過小評価しています。回答者は30%の無駄だと見積もっていますが、Flexeraの分析では実際の無駄は35%以上になっています。"

コスト最適化への道のりは、Azureの支出を理解することから始まります。

Microsoft Azureはさまざまなコンピューティングサービスを提供しており、それぞれが独自の価格モデルを持っています。Azureの支出の主要な領域は、コンピュートリソース、ストレージ、ネットワーク、およびデータベースです。

これらのコストを最適化するには、通常、未割り当てのリソースを排除し、適切なVMサイズを選択し、VMをオフピーク時に自動的にシャットダウンするなどの対策が必要です。

ウォーレン・バフェットは有名な言葉で述べていますが、"価格とは支払うものです。価値とは得るものです。" 同様に、Azureコスト最適化はコストを削減するだけでなく、Azureへの投資から得られる価値を向上させることでもあります。

Azureの使用状況をビジネスのニーズに合わせるために、監視、レポート、最適化、およびリソースの適切なサイズ変更を継続的に行うプロセスです。

なぜ最適化が重要なのか?

それでは、なぜAzureのコストを最適化することが重要なのでしょうか?以下はいくつかの理由です:

コスト削減

Azureコスト最適化の主な理由は、自然なことですが、不要な支出を抑制し、お金を節約するためです。使用されていないまたは最適化されていないリソースにかかる無

駄な支出を削減することで、企業は実質的な節約を実現できます。

予算の予測可能性

Azureの支出を監視して最適化することで、企業はクラウドコストをより効果的に予測できます。この予測可能性により、財務チームは支出をコントロールし、CFOはより安心して眠ることができます。

リソースの効率

Azureコストを最適化すると、お金を節約するだけでなく、効率が向上します。Azureリソースに費やされる各ペニーがビジネスに実際の価値をもたらすことを保証します。

ビジネスのアジリティ

最適化された環境では、企業はよりアジャイルになることができます。節約した資金を革新に回したり、市況の変化に対応したり、成長に追いつくためにクラウド環境を迅速に拡大したりすることができますが、財政への負担はかかりません。

Azureコスト最適化テクニック

いくつかの戦略を活用して、Azureへの投資を最大限に活かすことができます。これらの主要なコスト最適化テクニックを見てみましょう:

1. 未使用のリソースを特定して削除

未使用のVM、データディスク、または未完成の開発プロジェクトはコストを発生させます。

Azureリソースを定期的に監査して、これらの不要なリソースを特定し、削除することが重要です。

Microsoftの無料ツールであるAzure Advisorを使用することで、リソース構成と使用状況を分析し、コスト最適化のための個別の推奨事項を提供します。

2. リソースの適切なサイズ設定

適切なサイズ設定は、各ワークロードに対して最もコスト効果の高いリソースを選択することを意味します。

多くの場合、組織はパフォーマンスを確保するためにクラウドリソースを過剰に割り当て、これが高いコストにつながります。

Azure Advisorのパフォーマンスの推奨事項を使用して、利用されていないVMを特定できます。

これらのVMのサイズを変更したり、オフピーク時にシャットダウンしたりすることで、計算コストを大幅に削減できます。

3. アイドルおよび不要なリソースを排除

使われていないジムのメンバーシップと同様に、Azure上のアイドルリソースは迅速にコストをかかるものになります。

定期的にサービスを監査し、未使用または過少に使用されているリソースをシャットダウンしてください。

遺棄された仮想マシン、未使用の管理ディスク、忘れ去られたデータベースを探すのに良いスタート地点です。これを月次または四半期ごとのクラウドメンテナンスの一環にすると、コスト効率が向上します。

4. 予約済みインスタンスを活用

予約済みインスタンスを使用すると、1年または3年間のコンピュートパワーを予約し、その見返りにMicrosoftが大幅な割引を提供します。これは予測可能で安定したワークロードを持つ場合に優れたオプションです。

Azureはまた、予約済みインスタンスをいつでも交換またはキャンセルできる柔軟性を提供しており、これにより業務の運用ニーズの変化に対処できます。

予約済みインスタンスを使用すると、ペイアズユーゴーの価格に比べて最大72%節約できます。

5. 適切なストレージオプションを選択

Azureはデータストレージの複数のレベルを提供しています — プレミアム、ホット、クール、およびアーカイブ。それぞれが異なるパフォーマンス、コスト構造、アクセスレベルを持っています。

  • プレミアムストレージ: I/O集中

型のワークロードに高性能を提供しますが、高価です。 - ホットストレージ: 頻繁にアクセスされるデータに適したコスト効果のあるオプションです。 - クールストレージ: ホットストレージよりも安価で、まれにアクセスされるデータに適しています。 - アーカイブストレージ: 最も低コストですが、データの取得には数時間かかる場合があります。まれにアクセスされる大容量のデータの長期保存に適しています。

適切なストレージオプションを選択すると、操作上のニーズとコストをバランス良く調整できます。

6. 節約するために自動化

自動化はAzureコスト最適化において非常に役立ちます。Azure Automationを使用すると、頻繁で時間のかかる、エラーの発生しやすいクラウド管理タスクを効率化できます。

仮想マシンをオフピークの時間に自動的に起動および停止する機能はその最たる例です。

これらの「非本番時間」の節約は、ビジネスとワークロードの性質に応じてかなり重要なものになります。

7. Dev/Test Pricingを活用

Azureは非本番環境向けに独自の価格モデルを提供しています。Dev/Test Pricingを使用すると、開発およびテストのワークロードを削減されたコストで実行でき、Azure VMに対するMicrosoftソフトウェアの料金は発生しません。

8. オフピーク時にVMをオフにする

Azure VMは実行中である限り料金が発生します。特に営業時間中のみ使用されるVMの場合、VMを自動的に起動および停止する仕組みを確立すると、重要なコストを節約できます。

Azure Automationを設定して、VMがアイドル状態になったときにそれらをオフにし、必要に応じて起動するようにします。

9. Azure Cost Managementを活用

Azure Cost Management and Billingは、クラウドの支出を追跡し、予算を設定し、コストを予測するための無料ツールです。

クラウド支出のパターンに対する洞察を提供し、さらなるコスト削減の機会を特定するのに役立つ、一連のデータ分析およびレポート機能を提供します。

10. Azure Hybrid Benefitを活用

既に会社がオンプレミスでMicrosoftのソフトウェアを使用している場合は、Azure Hybrid Benefitを利用すべきです。

この利用特典により、既存のオンプレミスのWindows ServerおよびSQL ServerライセンスをアクティブなソフトウェアアシュアランスまたはAzureサブスクリプションとともにAzureに持ち込むことができます。

これにより、通常のペイアズユーゴーレートと比較して最大85%節約できます。

11. ガバナンスポリシーを実施

Azureコスト管理の責任ある鍵は、良好なガバナンスです。リソースの作成と使用に関するポリシーを確立し、リソースのライフサイクルを追跡し、支出の制限とアラートを設定し、より良い可視性のためにタグを適用し、組織全体で説明責任を確保します。

Azure PolicyおよびAzure Blueprintsは、Azure環境全体でガバナンスポリシーを定義し、強制し、管理するのに役立ちます。

12. 継続的な学びと適応

Azureの価格モデルと提供が迅速に進化しています。新しいコスト削減の機会があるかどうかを確認するためにAzureの更新情報を追跡してください。

継続的な学び、調整、最適化の心構えを受け入れてください。

定期的にAzureプランを再訪し、リソースの使用状況を再評価し、コスト管理対策の効果を確認してください。

Azureコスト最適化は目的地ではなく、継続的な旅であることを覚えておいてください。

結論

Azureはかなりのコスト削減を提供できますが、コスト効率の高いアーキテクチャを維持するには継続的な最適化が必要です。

定期的にAzureの急速に進化するサービス提供と価格モデルを見直し、ネイティブのAzureコスト管理ツールを活用してAzureへの投資を最大限に活かしましょう。

リソースの使用法、サイズ設定、予約済みインスタンス、ストレージオプション、Dev/Test価格、自動化、およびAzureコスト管理に適切なアプローチを取ることで、クラウド支出から得られる価値を最大化できます。

この包括的なガイドに従えば、組織はクラウド支出を効率化し、Microsoft Azureのフルポテンシャルを開放できます。

Azureクラウドの力を信頼をもって受け入れ、一貫性と持続可能なコスト最適化のためのベストプラクティスと方法論を武器にしましょう。

無料ではじめる

お気軽にご連絡ください。

無料製品トライアル・デモ
導入・運用サポート
費用見積もり
コンサルティング
データの移管支援
ソフトウェア開発