Sankaアカデミー

BDR(ビジネス開発担当者)とSDR(セールス開発担当者)の究極なガイド

Pic

最終更新日: 2023年8月10日

はじめに

ビジネスは常にリードを生み出し、関係を育み、収益を増やすための効果的な戦略を模索しています。このプロセスにおいて重要な役割を果たすのが、ビジネス開発担当者(BDR)とセールス開発担当者(SDR)です。

これらのプロフェッショナルは、見込み顧客の探索と資格評価に責任を持ち、成功するセールスサイクルの基盤を築きます。この包括的なガイドでは、BDRとSDRの主要な側面、役割、責任、ベストプラクティス、成功を達成するために使用するツールについて探っていきます。

BDRとSDRとは?

ビジネス開発担当者(BDR)とセールス開発担当者(SDR)は、アウトバウンドの見込み顧客探索とリードの資格評価に焦点を当てたエントリーレベルのセールス職です。これらの用語はしばしば同じ意味で使用されますが、微妙な違いがあります。

ビジネス開発担当者(BDR)

BDRは、ターゲット市場のプロフィールに合う潜在的な顧客や事業を特定し、アポイントメントやデモをアカウントエグゼクティブ(AE)やセールス担当者のためにセットアップすることを担当しています。

セールス開発担当者(SDR)

SDRは、主にコールドコール、メールのアウトリーチ、その他の見込み顧客探索活動を専門とします。彼らは潜在的な顧客を特定し、そのニーズを理解し、商品やサービスとの相性を判断することに重点を置いています。

BDRとSDRの主な責任

見込み顧客の探索とリードの生成

BDRとSDRは、見込み顧客を探索するために多くの時間を費やします。これには、ターゲット市場の調査、理想的な顧客プロファイルの特定、LinkedIn、企業のウェブサイト、データベースなどのさまざまなチャンネルを通じたリードの獲得が含まれます。

コミュニケーションとアウトリーチ

潜在的なリードが特定されると、BDRとSDRは電話、メール、ソーシャルメディアメッセージなどを通じてコンタクトを開始します。効果的なコミュニケーションスキルは、見込み顧客の注意と興味を引くために不可欠です。

リードの資格評価

リードの資格評価はセールスプロセスの重要なステップです。BDRとSDRは、予算、権限、ニーズ、タイムライン(BANT)などの特定の基準を満たすかどうかを評価します。これにより、資格のある見込み顧客のみがセールスパイプラインを進むことが確保されます。

アポイントメントの設定とデモ

BDRの中心的な責任は、興味を持ち、資格のある見込み顧客とアポイントメントまたは製品デモをスケジュールすることです。これらのアポイントメントは、アカウントエグゼクティブやセールス担当者に引き渡され、さらなる関与が行われます。

セールスチームとの連携

BDRとSDRはセールスチームと緊密に連携し、見込み顧客探索の取り組みから得られた洞察とフィードバックを共有します。この協力関係は、セールス戦略を洗練させ、全体的なセールス効果を向上させるのに役立ちます。

データ管理

正確で最新の見込み顧客活動とリードのインタラクションの記録を保持することは重要です。BDRとSDRは、カスタマーリレーションシップマネジメント(CRM)ツールを使用して、リードを管理し、セールスフャネル全体の進捗状況を追跡します。

持続的な学習

セールスの世界は常に変化しており、成功したBDRとSDRは、業界のトレンド、製品知識、ベストプラクティスに常に精通しています。持続的な学習により、見込み顧客の探索と資格評価においてより効果的になることができます。

BDRとSDRのベストプラクティス

BDRとSDRが自らの役割で優れた成果を上げるためには、以下のベストプラクティスを採用することが重要です。

リサーチと個別対応

見込み顧客にアプローチする前に、彼らの会社、業界、課題、潜在的なニーズについて徹底的なリサーチを行います。個別に対応したアウトリーチメッセージを送ることで、真の興味と理解を示すことができます。

価値重視のメッセージ

製品やサービスに焦点を当てる代わりに、それが見込み顧客のビジネスにもたらす価値を強調します。自社のソリューションが彼らの具体的な課題を解決し、業務を改善する方法について強調します。

アクティブリスニング

見込み顧客との会話では、アクティブなリスニングを実践し、彼らのニーズをよりよく理解します。オープンエンドの質問を投げかけ、彼らに話す機会を与えることで、有益な洞察を得ることができます。

効果的なタイムマネジメント

見込み顧客へのアウトリーチは時間がかかる場合があります。見込み顧客探索の活動にスケジュールを設定し、リサーチ、アウトリーチ、フォローアップのための時間を割り当てて、生産性を最大化します。

マーケティングとの連携

マーケティングチームと緊密に連携し、ターゲットオーディエンスを理解し、見込み顧客探索の取り組みを進行中のマーケティングキャンペーンに合わせます。マーケティングが作成したコンテンツとリソースを活用して、アウトリーチをサポートします。

リジェクションを受け入れる

セールスプロセスにおいてリジェクションは自然なものです。失望する代わりに、リジェクションを学び取る機会と捉え、アプローチを改善することを心掛けます。

パフォーマンスの計測と分析

コール-コネクト比率、メールの開封率や返信率、コンバージョン率などの主要なパフォーマンス指標(KPI)を定期的にトラックします。これらのメトリックを分析することで、改善すべき領域を特定し、戦略を洗練させることができます。

BDRとSDRのためのツールとテクノロジー

BDRとSDRは、見込み顧客探索とリードの管理に特化したさまざまなツールとテクノロジーを活用することで、効果的かつ生産性の高い仕事ができます。

カスタマーリレーションシップマネジメント(CRM)ソフトウェア

Salesforce、HubSpot、Zoho CRMなどのCRMプラットフォームは、BDRとSDRがリードを整理し、インタラクションを追跡し、セールスパイプラインを効率的に管理するのに役立ちます。

セールスエンゲージメントプラットフォーム

Outreach.io、SalesLoft、Yeswareなどのツールは、メールのシーケンス、コールタスク、フォローアップを自動化することで、見込み顧客探索のプロセスを効率化します。

見込み顧客探索ツール

ZoomInfo、DiscoverOrg、LinkedIn Sales Navigatorなどのソリューションは、正確で最新の連絡先情報を提供し、見込み顧客を特定してアプローチすることを容易にします。

LinkedInオートメーション

SankaやLinkedHelperなどのツールは、LinkedInの特定の見込み顧客探索タスク(コネクションリクエストやフォローアップなど)を自動化します。

LinkedInのタスクを自動化したいですか?Sankaを訪れて、このスマートオートメーションプラットフォームがどのようにマーケティングを革新できるかを体験してください!LinkedInオートメーションのためのSanka

データ分析とレポート

BDRとSDRは、TableauやGoogle Analyticsなどのデータ分析プラットフォームを使用して、見込み顧客探索の取り組みの影響を測定し、改善すべき領域を特定することができます。

結論

ビジネス開発担当者(BDR)とセールス開発担当者(SDR)は、セールスプロセスにおいて重要な役割を果たし、見込み顧客探索とリードの資格評価によって収益を生み出しています。

彼らの取り組みは、成功するセールスサイクルの基盤を築き、セールスチームとの協力関係が組織全体の成功に重要な役割を果たします。

ベストプラクティスを採用し、持続的な学習を行い、適切なツールとテクノロジーを活用することで、BDRとSDRは効果を最大化し、企業の成長と成功に大きく貢献できるでしょう。

リジェクションを受け入れる

ECビジネスを運営する、
もっと良い方法があります。

市場調査、商品・注文管理、顧客サービスまで。
全てのデータと業務を一元化。
一つのサブスクで。無制限のアカウント。

無料ではじめる

お気軽にご連絡ください。

無料製品トライアル・デモ
導入・運用サポート
費用見積もり
コンサルティング
データの移管支援
ソフトウェア開発