Sankaアカデミー

現代のビジネス環境における効果的なクラウド管理戦略

Pic

最終更新日: 2024年1月19日

はじめに

クラウド管理は、クラウドコンピューティングのプロダクトとサービスの管理と操作を容易にする総合的な管理プロセスです。

これはセキュリティ、コンプライアンス、コスト管理、リソースの最適化、総合的なクラウド環境のパフォーマンスなどの側面に焦点を当てています。

クラウドへの依存度が急速に拡大する中、効果的なクラウド管理戦略はどのビジネスにも不可欠です。

詳細は圧倒的に見えるかもしれませんが、効果的なクラウド管理戦略を理解し実装することで、効率が向上し、コストが削減され、常に変化するビジネスの景観で大きな競争上の優位性を提供できます。

クラウド管理とは?

単純に言えば、クラウド管理は、クラウドコンピューティングのプロダクトとサービスの操作に必要なすべての管理タスクとツールを、一つの統合されたエコシステムで提供するものです。

これにはアプリケーションのデプロイと管理、データの管理、パフォーマンスの監視、セキュリティの確保、クラウド環境内でのリソースの最適化が含まれます。

Gartnerによれば、「2025年までに、企業が生成するデータの75%以上がデータセンターやクラウドデータセンターの外で生成および処理される」と予測されています。これはクラウド管理の成長する影響と重要性を強調しています。

クラウド管理の五つのドメインを進む

  1. 構成管理: これは、組織のクラウド環境内のすべてのリソースのセットアップと管理を行うものです。リソースがどこに、どのように展開されても、一貫した運用セットアップを維持することを含みます。
  2. コスト管理: これはクラウドでの支出を最適化することに焦点を当てています。RightScaleの2018年の調査によれば、「企業(1,000人以上の従業員を有する企業)の26%が年間600万ドル以上をクラウド支出に無駄にしている」と報告されています。効果的なコスト管理は、クラウドの費用を追跡し、クラウドリソースの効率的な利用を確保することで、過剰な支出を回避するのに役立ちます。
  3. セキュリティ管理: これには、クラウド環境を潜在的な脅威から保護するためのファイアウォール、ウイルス対策、侵入検知システム、データの暗号化などのセキュリティ対策の実施が含まれます。
  4. ガバナンス: これは、組織がITの意思決定を行う枠組みであり、特にクラウド環境に関する意思決定を行う方法を決定する包括的な方針、役割、責任が含まれます。効果的なガバナンスは説明責任を確保し、ビジネスのパフォーマンスと適合性の目標を達成するのに役立ちます。
  5. パフォーマンス管理: これはクラウドリソースによって提供されるサービスの品質を観察し管理するものです。定常的なモニタリング、報告、およびパフォーマンスの問題の診断にツールが使用されます。

クラウド管理の重要性

投資利回り(ROI)を最大化

効果的なクラウド管理により、ビジネスが使用するリソースに対して支払いを行っていることを確認できます。組織のクラウド使用をモニタリングおよび制御することで、不要なサービスと非効率を排除し、それによりROIを向上させることができます。

パフォーマンスの最適化

クラウド管理により、企業はネットワークのパフォーマンスをモニタリングできます。適切な管理と継続的なモニタリ

ングにより、潜在的なボトルネックを迅速に発見して修正することができ、サービス提供の中断を防ぎ、顧客体験を向上させることができます。

コスト管理の向上

クラウドサービスを利用する企業が直面する主な課題の一つは、コストの予測不可能性です。効果的なクラウド管理には、クラウド予算に対する明確な見える化とコントロールが必要です。これにより、リソースをよりよく予測し割り当てることができ、不要なクラウドコストを削減または排除できます。

データのセキュリティとコンプライアンス

クラウド管理の最も重要な側面かもしれません。堅牢なクラウド管理があれば、企業は機密データを保護し、潜在的な脅威を検出し、セキュリティの脆弱性を緩和できます。さらに、特定の業界では機密データの取り扱いに関する規制の遵守が求められるため、それが確保されます。

拡張性の向上

クラウド管理により、企業はビジネスの需要の変動に基づいて迅速にリソースを拡張または縮小させることができます。これにより、業務効率が向上し、組織の戦略により密接に焦点を当てることができます。

効果的なクラウド管理のための実践的な戦略10選

世界中の企業がますますクラウドテクノロジーを採用する中、効果的なクラウド管理戦略はそのフルポテンシャルを引き出すために不可欠です。このブログセクションでは、クラウドインフラストラクチャを管理し投資を最適化するのに役立つ10の実践的な戦略を探ります。

1. 適切なクラウドサービスモデルを選択

クラウドコンピューティングは、Infrastructure as a Service(IaaS)、Platform as a Service(PaaS)、Software as a Service(SaaS)といった異なるサービスモデルを提供しています。

各モデルは特定の要件に対応しており、ビジネスの目標とニーズに最も適したモデルを理解して選択することが重要です。

IaaS: ストレージ、ネットワーキング、および仮想マシンなどの計算リソースをペイアズユーゴーベースで提供します。需要の変動が激しい企業や、インフラストラクチャに対するより多くのコントロールを必要とする企業に適しています。例:AWS EC2、Google Compute Engine、Microsoft Azure VMs。

PaaS: 開発者が基礎となるインフラストラクチャを気にせずにアプリケーションを構築、テスト、展開できるプラットフォームを提供します。急速なアプリケーションの開発と複数プラットフォームへの展開に焦点を当てる企業に適しています。例:Google App Engine、Microsoft Azure App Service、AWS Elastic Beanstalk。

SaaS: インターネット経由でソフトウェアアプリケーションを提供し、社内のインフラストラクチャやソフトウェアのメンテナンスが不要となります。既製のソリューションを使用してソフトウェアプロセスを合理化したい企業に適しています。例:Salesforce、Microsoft Office 365、Google Workspace。

2. ガバナンスおよびコンプライアンスポリシーを定義

包括的なガバナンスおよびコンプライアンスポリシーを確立することは、クラウド環境のセキュリティと適合性を確保する上で重要です。

これらのガイドラインは、データプライバシー、サービスレベル契約(SLA)、法的要件などの側面を考慮すべきです。さらに、クラウド管理ツールは異なるクラウドサービス全体で一貫してポリシーを施行するために組織を支援できます。

3. クラウド管理の一元化

複数のクラウドサービスやアカウントを管理することは、複雑で取り扱いにくくなることがあります。

クラウド管理を一元化することで、クラウドリソースの統一されたビューを提供し、管理を簡素化します。

AWS Organizations、Google Cloud Resource Manager、Azure Lighthouseなどのツールを利用することで、クラウド管理を統合し、クラウド環境全体での可視性を向上させることができます。

4. オートメーションツールの活用

オートメーションは、クラウド管理戦略の最適化において重要な役割を果たします。

リソースの割り当て、スケーリング、展開、モニタリングなどのタスクを自動化するツールやサービスを利用して、効率とリソースの利用を向上させましょう。

AWS CloudFormation、Google Deployment Manager、Microsoft Azure Resource Managerなどが人気のある選択肢です。

5. コスト最適化戦略の実施

クラウドコンピューティングにおける重要な課題の一つは、コストの積極的な管理です。クラウドの費用を最適化するために、以下の戦略を考慮してください:

  • クラウドの使用状況を追跡し、リソースが過少または過多利用されている可能性のある領域を特定します。
  • コスト割り当てのためのタグやラベルを実装し、特定の部門やプロジェクトにコストを割り当てます。
  • リアルタイムで支出をモニタリングするための予算アラートや通知を設定します。
  • ワークロードの要件に応じて、予約インスタンス、スポットインスタンス、またはペイアズユーゴーなどの適切な支払いモデルを選択します。

6. パフォーマンスと効率の最大化

クラウドインフラストラクチャのパフォーマンスを最適化するには、アーキテクチャの効率を分析し、ベストプラクティスを採用し、定期的に改善領域をモニタリングする必要があります。

パフォーマンスを最適化するためのテクニックには以下が含まれます:

  • リソースの最適な割り当てを確保するために、オートスケーリングやロードバランシングを実装します。
  • レイテンシを低減し、ユーザーエクスペリエンスを向上させるために、コンテンツデリバリーネットワーク(CDN)を利用します。
  • レイテンシを最小限に抑え、地域の障害のリスクを減少させるために、地域ごとの異なる展開を選択します。
  • ミクロサービスアーキテクチャを採用して柔軟性と拡張性を向上させます。

7. データセキュリティを優先

データセキュリティは組織の評判と法的コンプライアンスにとって重要です。

感敏なデータを保護するために堅牢なセキュリティ対策を確実にしましょう:

  • データの安全な休憩中および伝送中の暗号化を実施します。
  • ユーザーアクセスと権限を制御するためにアイデンティティとアクセス管理(IAM)を利用します。
  • 定期的なセキュリティ監査を実施し、潜在的な脆弱性をモニタリングします。
  • 外部の脅威に対する保護として侵入検知システム(IDS)および侵入防止システム(IPS)を実装します。

8. 災害復旧と事業継続計画を重視

包括的な災害復旧(DR)および事業継続計画(BCP)を用意しておくことは、

組織のデータを保護し、中断のない運用を確保するために不可欠です。DRおよびBCPの主要な構成要素には以下が含まれます:

  • 定期的なデータのバックアップとデータリカバリーポイントの作成。
  • フェイルオーバーオプションを提供する冗長システムと複数地域の展開の利用。
  • 詳細なDRおよびBCP計画の文書化、役割、責任、手順を含む。
  • 定期的なテストと計画の更新を行い、その効果を確認します。

9. クラウド環境のモニタリングと積極的な管理

クラウド環境の継続的なモニタリングは、インフラストラクチャのさまざまな側面、リソース使用状況、パフォーマンス、セキュリティなどに関する貴重な洞察を提供します。

積極的な管理と問題の対処により、健全で効率的なクラウド環境を維持することができます。

一部のクラウドネイティブなモニタリングツールには、AWS CloudWatch、Google Cloud Monitoring、Microsoft Azure Monitorなどがあります。

10. チームのトレーニングとスキル向上への投資

クラウド管理戦略の成功は、ITチームの専門知識とスキルに大きく依存しています。

チームに必要なトレーニングとリソースを提供し、進化するクラウドテクノロジに常に追いつくための努力は不可欠です。

資格取得を奨励し、ワークショップに参加し、継続的な学習に投資して、最新の情報に常にアクセスしてください。

Netflixのクラウド管理成功事例

デジタルストリーミングが当たり前となった世界で、Netflixはその先駆的なリーダーとして頭角を現しています。

彼らの成功の裏には、クラウドへの戦略的な転換とそれに続く効果的なクラウド管理戦略があります。

Netflixのクラウドの歩みとその成功につながった管理戦略の詳細を見てみましょう。

Netflixのクラウドへの歩み

Netflixのクラウドへの移行は、2008年に大規模なデータベースの破損事故に直面した後に始まりました。

既存のインフラの限界を認識し、彼らは従来のデータセンターからクラウドへの移行の長期戦略を策定しました。

当時、フルスケールのクラウド移行という考えは比較的新しく、リスキーと見なされていました。

それにもかかわらず、Netflixは公共クラウドプラットフォームであるAmazon Web Services(AWS)にインフラを移行するという野心的な一歩を踏み出しました。

この重要な転換は7年間かかり、2016年1月にNetflixが顧客に向けたインフラ全体をクラウドに正常に移行したと発表したことで完了しました。

クラウド管理戦略の実施

Netflixの成功の背後には、それを世界的なストリーミング大手に押し上げた注意深く設計されたクラウド管理戦略があります。

1. マイクロサービスアーキテクチャ: Netflixの主要な戦略の一つは、モノリシックなアーキテクチャをマイクロサービスアプローチに置き換えることでした。

複雑なアプリケーションを小さな独立したサービスに分割することで、Netflixは各コンポーネントを独立して管理し、開発し、拡張することができました。

これにより、新しい機能を展開する際の柔軟性と俊敏性が向上し、単一障害点の発生の可能性が低減しました。

2. 故障と回復のための設計: Netflixは、インフラの障害は避けられないと認識しました。それらを防ごうとするのではなく、彼らは最初に回復を優先する戦略を開発しました。

これには、障害に備え、軽減することを優先するマインドセットが含まれていました。インフラを自己修復できるように設計し、迅速に障害から回復できる冗長性を作り上げました。

Netflixはまた、"Chaos Monkey"と呼ばれるソフトウェアツールを開発しました。これは、営業時間中に製品システムで意図的に障害を作成するためのものです。

これにより、Netflixはシステムをテストし強化すると同時に、チームが常に障害に対して一貫して準備されていることを確認し

ました。

3. オートスケーリングと負荷分散: Netflixのクラウド管理戦略は、2億人以上のユーザーがストリーミングサービスの需要に大きな変動をもたらすことを考慮しています。

彼らはAmazonのElastic Load Balancer(ELB)とAuto Scalingサービスを利用した動的なオートスケーリング戦略を開発しました。

これにより、リアルタイムのユーザー需要に応じてリソースを拡張し、効率的なリソースの割り当てを実現しました。

4. 効果的なデータの保存と配信: Netflixユーザーが毎日生成する膨大なデータの量を考えると、効果的なデータ管理は会社にとって不可欠です。

彼らはスケーラブルで分散型のデータ保存のために、Amazon Simple Storage Service(S3)とAmazonのNoSQLデータベースサービス、DynamoDBの両方を使用しました。

さらに、NetflixはAmazon CloudFrontと独自のコンテンツ配信ネットワーク(CDN)であるOpen Connectを利用して、世界中のユーザーにスムーズなストリーミング体験を提供しています。

5. 積極的なモニタリングと観測: Netflixは、さまざまなAWSツールやカスタムビルトのソリューションを使用して積極的なモニタリングと観測を実施しました。

リアルタイムのモニタリングとアラートのためのAtlasやトラフィックの視覚化のためのVizceralなどのツールは、Netflixのチームがクラウド環境での問題や異常に迅速に対応できるよう支援し、全体の信頼性を強化しています。

6. 機械学習のためのAWSサービスの活用: Netflixはまた、彼らのサービスを向上させるために機械学習などの最先端の機能に投資しています。

彼らはApache CassandraやAmazon EMRなどのAWSツールを使用して大規模なデータセットを処理および管理しています。

このデータは、コンテンツの推奨アルゴリズムやパーソナライゼーション機能の向上に寄与し、ユーザーエクスペリエンスを向上させています。

結論

効果的なクラウド管理戦略を実施することは、組織のクラウドコンピューティングへの投資を最大限に活用するために不可欠です。

これには、クラウド環境の理解、リソースの最適化、セキュリティの確保、業界基準との一貫した進化が含まれます。

成功したクラウド管理戦略を実施することで、組織は生産性を向上させ、コストを節約し、革新的な成長の舞台を築くことができます。

次のステップは?

今日から自分自身の効果的なクラウド管理戦略を開発し、実施を始めることです。

無料ではじめる

お気軽にご連絡ください。

無料製品トライアル・デモ
導入・運用サポート
費用見積もり
コンサルティング
データの移管支援
ソフトウェア開発