Sanka Academy

コミュニティ・グロース:コミュニティサイズの成長と最適化について

Pic

最終更新日: 2022年10月15日

コミュニティ・マネージャーなら誰でも、「どうすれば自分のコミュニティを成長させることができるのだろう」と考えたことがあるでしょう。

この投稿では、コミュニティを成長させる方法についてお話します。

しかし、その方法について話す前に、あなたは本当にコミュニティを成長させる必要があるのでしょうか?

多くの場合、その答えは「ノー」です。その理由を考えてみましょう。

本当にコミュニティを拡大する必要があるのか?

コミュニティを成長させる必要があるのか(多くの場合、その必要はありません)、コミュニティのライフサイクル、コミュニティ成長のヒントや事例を共有することをお話します。

これは、コンテンツやコンテストの投稿、パートナーシップの構築、コミュニティのローカライズの足跡の拡大など、さまざまな手段で行うことができます。

コミュニティの成長は、どの段階においてもコミュニティを活性化させる新たな機会を提供し、変化をもたらすポジティブな力となり得るのです。

コミュニティ・グロースとは?

**コミュニティ成長とは、コミュニティがその規模を臨界量まで拡大することである。

なぜコミュニティの成長が必要なのか?

コミュニティは成長する必要があるのでしょうか?

まあ、答えは「場合による」です。

コミュニティを大きくしても、必ずしも良くなるとは限りません。(コミュニティを大きくすれば、必ずしも良くなるとは限りません(大きくしなくても、コミュニティを良くすることは可能です)。

実際、いくつかのデータから、コミュニティを大きくすると、コミュニティへの参加度が低下することが示唆されています。

会話はより混乱し、人間関係は以前より浅くなる。大きくすることが必ずしも正しい答えとは限らないのです。

では、なぜこれほど多くのコミュニティが規模を大きくしようとするのでしょうか。コミュニティを大きくすることの利点をいくつか挙げてみましょう。

フレッシュなメンバーとアイデア

新しいメンバーは、新しいアイデアと新しい会話をもたらします。これは、陳腐化し、固定化し、古くなっているコミュニティには特に有効です。

新しい血は、コミュニティの長期的な存続を保証します。コミュニティが柔軟性を失うと、その中にいる人たちは衰え、淘汰されていきます。

コミュニティで共有する価値観や方針を設定する必要はありますが、コミュニティに多様性があるほうが、ほとんどの場合、より良い結果をもたらします。

アクティビティとエンゲージメントのクリティカルマス

コミュニティを拡大することは、活動のクリティカルマス(臨界量)を達成することにつながります。

イベントの運営はより簡単になり、コンテンツはより頻繁に共有され、コミュニティは一般的に、より多くの人々によってより活発になります。

また、小さな趣味のグループよりも、自分より大きなものの一部になりたいと思うのは理解できる。

しかし、これにはリスクも伴います。

繰り返しますが、必ずしもコミュニティを大きくする必要はありません。

そうしたいのであれば、明確な目的を定め、それに従いましょう。そうすれば、既存のメンバーのコミュニティ体験を台無しにすることは避けられるはずです。

組織にとっての相対的な成長

最後に、ブランドや企業の周りのコミュニティは、ビジネスの成長に比例して**成長する必要があることがあります。

FigmaやNotionなどのコミュニティ主導型企業は、それに応じてコミュニティの規模を大きくしてきました。

この場合、コミュニティ全体が混沌としないように、明確なガイドラインとメンバーシップレベルを設定したいものです。選ばれたメンバーに対して(会話やモデレーションの)コントロールを放棄することは、まず素晴らしいアイデアでしょう。

まず、自分のコミュニティが成長する必要があるかどうかを理解する必要があります。そして、その答えがイエスであったとしても、むしろ有機的に成長することが推奨されるでしょう。

成長段階(コミュニティのライフサイクル)

です。

コミュニティの成長戦術を語る前に、コミュニティの成長の各ステージ、私たちが "コミュニティ・ライフサイクル "と呼ぶものについて説明しましょう。

コミュニティのライフサイクルは、あなたのコミュニティが通過する旅であり、起動から死(および再生)に至るまで。

コミュニティのライフサイクルには、「立ち上げ」「成長」「成熟」「死(再生)」の4段階があります。このセクションでは、これらの各ステージを詳しく見ていき、各ステージでコミュニティを健全に保つにはどうすればよいかを説明します。

立ち上げ

最初のステップであるローンチは、コミュニティが創設者によって作られるときです。 この時点では、コミュニティのメンバーは全員お互いを知っています。 ここでの目標は、明確なコミュニティ戦略を持ち、初期のコミュニティ・チャンネルの設定を開始することです。

  • 目的 初期コミュニティ戦略とコミュニティ・チャンネルを準備する。 期間:-3ヶ月規模:-10名 コミュニティ活動 初期メンバーの招待、コミュニティコール、コミュニティの儀式の確認など。

成長

第二段階である成長は、コミュニティが成長し拡大し始めることです。より多くのメンバーが参加し、参加者が増加する。 コミュニティは、自分自身とその目的を確立し始める。

  • 目的 コミュニティの規模を拡大し、クリティカルマスに到達させる。 期間:-12ヶ月 規模: コミュニティによって異なる コミュニティの活動 メンバーオンボーディングの拡大、メンバーシップの管理、コミュニティチャネルの統合、キャンペーンの実施など。

成熟

第3段階の「成熟」は、コミュニティがその効率性に到達することです。この時点で、コミュニティの成長は鈍化し、参加者と退会者の数はほぼ同じになります。コミュニティは、その目的を実現するのです。

  • 目的 持続可能なコミュニティモデルを構築する。 期間:不定期 規模 コミュニティによって異なる コミュニティの活動: メンバーのオンボーディングの自動化、メンバーシップの洗練、コミュニティ運営の改善、など。

死と再生

4つ目の最後のステップである「死と再生」は、コミュニティが存在しなくなるときです。メンバーが去り、活動もなくなる。場合によっては、そのメンバーが新しいコミュニティを作り、立ち上げのプロセスをもう一度やり直すこともあります。

  • 目的 コミュニティを平和的に閉鎖すること。 時間:不定期サイズ 該当なし コミュニティの活動 クローズコミュニケーション、トランジションのサポート、他のコミュニティと提携しての移住など

さて、コミュニティ成長の基本を押さえたところで、次はコミュニティを成長させるためのプロセスについてです。

コミュニティの成長を加速する

今日、これまで以上に、私たちはコミュニティの世界で生活しています。町、学校、職場の物理的な空間であろうと、ソーシャルメディアプラットフォーム、フォーラム、アプリのデジタル領域であろうと、コミュニティは私たちがつながり、共有し、成長するために不可欠です。それらは学び、協力、友情の場であり、共通の興味や目標をめぐってさまざまな背景の人々を集めます。では、どのようにして繁栄するコミュニティを育てるのでしょうか?デジタル時代における強力で活気あるコミュニティを育てるための戦略とヒントについて掘り下げていきましょう。

1. 目的を定義する

コミュニティを育てる前に、何を育てているのかを定義する必要があります。コミュニティの目的は何ですか?それは誰のためのものですか?どのような価値観を持ち、どのような文化を育てたいのですか?これは、原因を支持する、トピックについての知識を共有する、または志を同じくする人々がつながるためのスペースを提供する、といったことが含まれます。コミュニティの目的は、戦略と戦術を導き、適切な人々を引き付けるための灯台となります。

2. 適切な人々を引き付ける

すべてのコミュニティは、核となるメンバーグループから始まります。これらの人々は、コミュニティの目的に本当に興味を持っており、議論や活動に貢献する可能性が高い人々です。彼らはしばしばコミュニティの最も献身的なメンバーや擁護者となり、同じ興味を持つ人々を自身のネットワークから招待します。

これらの初期メンバーを引き付けるためには、ソーシャルメディア、ブログ、フォーラムなど、あなたのトピックや目的に関連するさまざまなプラ

ットフォームを活用できます。定期的に価値のあるコンテンツを共有し、これらのスペースで活動的であることが重要です。本物の興味を示し、会話に参加すること、そして人々にあなたのコミュニティについて知らせることをためらわないでください。

3. エンゲージメントを促す

エンゲージメントは、すべてのコミュニティの鼓動です。メンバーがエンゲージメントを持つように促すためには、全員が聞かれて、評価されていると感じる歓迎的で包括的な環境を作り出すことが重要です。議論の開始、イベントの開催、または会話を引き出すコンテンツの共有により、相互作用を促すことができます。

エンゲージメントは、コンテンツを投稿するだけでなく、メンバーのコメント、質問、貢献に応答することも含みます。これは帰属感を育み、その意見が価値あるものであることを示します。

4. 尊重と包括性の文化を推進する

メンバーが安全で尊重されていると感じるコミュニティは、繁栄するコミュニティです。差別、いじめ、ネガティブな行為は容認されないことを明確にします。その代わりに、尊重、包括性、ポジティブな文化を推進します。これは、あなたのコミュニティのガイドライン、あなたの行動、そしてあなたがどのように対立を扱うかを通じて行うことができます。

5. 価値を提供する

あなたのコミュニティは、他のどこでは得られない何を提供していますか?これは、独自の洞察、サポートネットワーク、独占的なコンテンツ、または協力の機会など、さまざまなものになります。一貫して価値を提供することで、メンバーのエンゲージメントが保たれ、新しいメンバーが引き付けられます。

6. 成功とマイルストーンを祝う

大きなものでも小さなものでも、コミュニティの達成とマイルストーンを祝うことで、

集団の達成感と友情を育みます。これは、コミュニティの成長、大きな貢献をしたメンバー、または共有された目的を達成するための旅路でのマイルストーンを認めることがシンプルです。

7. 学び、適応し、成長する

最後に、コミュニティを構築することは、ダイナミックなプロセスであることを覚えておいてください。成功と失敗から学び、コミュニティのフィードバックを聞き、適応する準備ができていることが重要です。これは、コミュニティが成長するのを助けるだけでなく、効果的にその目的を果たし、繁栄を続けることを確実にします。

おわりに

オンラインであろうとオフラインであろうと、コミュニティを育てることは、一概にはいかないプロセスです。それは時間と努力、そして人々をつなげるための本物の願望を必要とします。しかし、正しく行われた場合、それは有意義な関係、価値ある協力、アイデアと知識の拡散をもたらす、充実したエンデバーとなります。

ITコスト削減を極める: 定義、重要性、戦略 DX戦略ガイドフレームワークとKPI DX事例完全ガイド全業種・業務・事業規模からピックアップ 中小企業におけるDX 「儲かるビジネス」をデジタルで実現 AIチャットボット完全ガイド ニュースレターの自動化 コンテンツマーケティング成功の鍵 「コミュニティ・エンジニアリング」とは?徹底解説 SNS戦略完全ガイド:立ち上げから運用まで 【超便利!】Twitter自動化活用術 成功の最大化 複合型スタートアップの究極ガイド SaaSのローカライズ徹底解説:成功に導く7つの戦略 CLG - コミュニティ・レッド・グロース完全攻略ガイド BOMとは?製造プロセスを合理化する鍵 効果的な標準業務手順書(SOP)を作成するための究極のガイド Discord運用完全ガイド エンタープライズ・リソース・プランニングによる業務効率の最大化 生成AIマーケティング 【完全ガイド】コミュニティ運用を徹底解説 ITAMが重要な理由 IT資産を効果的に管理するためのガイド 従業員の再教育 企業のためのハウツー チームの勤怠を監視する勤怠管理ツール・トップ11 YouTubeアフィリエイトマーケティング: アフィリエイトとは何か? 知っておきたいプロジェクト管理ツール/ソフトウェア12選 サービス(SaaS)管理ツールトップ10 仕事を効率化する業務管理ソフトトップ12 ベストCRMツール11選: 包括的な概要 メールキャンペーンを強化するメールマーケティングツール トップ13 2023年のIT資産管理ツール・トップ10 SNSの自動化を徹底解剖:企業にもたらす5つの主なメリット 最高のアジア・マーケティング・エージェンシー: 業界をリードする SNS投稿自動化の最新戦略と成功事例 SNSボットの活用法:ビジネス成長を加速させる方法 利益を上げる: ERP中小企業向けソリューションの説明 日本における広告の極意: 主な戦略とヒント 必要不可欠!5つのFacebook自動化をご紹介 インスタグラム自動化 - 効率的なブランディング手法を紹介 日本における消費者行動を理解する: 主要な洞察 Eコマース翻訳を極める: グローバルな売上を今すぐアップさせる 日本でのSEOをマスターする: ヒントとコツでビジネスを活性化させる 効率的なコミュニケーションを実現するDiscordのスケジュール投稿 SEO Asiaのポテンシャルを解き放つ: 成功のための戦略 ビジネスを成長させるマーケティングオートメーションツール8選 CRMとデジタル・エクスペリエンス(DX): 顧客関係デジタル化への道 ROASの達人:広告費を最大限に活用する方法 [データで解説] コミュニティ運用に関する4つのメリット クラウドベースのCRM クラウドの力を顧客関係に活かす SaaS管理プラットフォーム: オペレーションを簡素化し、時間を節約する方法 【インスタ分析ツール】Instagramは分析ツール導入で効率アップ!チェックすべき指標も解説 コミュニティ・メンバーシップ完全ガイド アジアにおけるECサイト市場:展望と急成長の要因 ソーシャルメディアにおけるコンバージョン率を向上させる11の方法 効果的なEコマース管理プロセスの作り方 オンボーディングと新入社員の組織化 ワークフロー 【SNSの自動化ツール5選】ソーシャルメディアを効率的に運営 SNSでカスタマーサービスを展開するために: 成功のための戦略とベストプラクティス 【コミュニティとは】メンバーとその繋がりについて ファッションブランドのSNSベストプラクティス カスタマーサービスを強化する: ヘルプデスクソフトウェアのトップ11 企業SNSのコンテンツ制作をスムーズに!企画から投稿まで解説 ソーシャルリスニングとは?手法から成功事例まで徹底解説 意思決定の技術 ビジネス選択の総合ガイド GoogleアナリティクスでSNSのトラフィックを分析するための手法を公開 インスタグラムでインフルエンサーマーケティングを極める: 包括的ガイド コードを書いてGitHubにプッシュするワークフロー ローカライゼーション自動化入門: 多言語展開を考えてる企業へのガイドブック はじめてのSEO自動化 - 検索上位により早く、効率的にランクする SNS運用の完全ガイド WordPressでホームページを作ろう: 総合ガイド 統合の力: iPaaSツール・ベスト11 eラーニングツール: トップ・ソリューションの包括的ガイド アフィリエイト・マーケティング入門 営業プロセスをエスカレートさせるセールスフォースオートメーションツール10選 かんばんとは?かんばんの方法論と原則を理解する クラウドコスト管理ツールベスト10: 決定版リスト あなたのチームに最適な社員研修ソフトウェア・ソリューション10選 アジアでビジネスを成長させるための8つのマーケティング戦略 ビジネスに最適な販売分析ソフトウェア・ツール10選 ワークフロー管理ツールトップ10: 機能、長所と短所 ソーシャルメディアリスニングソフトウェアトップ10: 機能、長所と短所 インフルエンサーマーケティングツール10選とその必要性 自動化ツールのROI: ローコストでハイリターン? デジタルトランスフォーメーション・プラットフォームのトップリスト 究極の顧客データ・プラットフォーム・リスト 人気のオンラインコミュニティ事例7選 セールスオーダープロセスのワークフローをマスターする: 包括的ガイド マーケターが知っておくべきソーシャルメディア・マーケティング・ツール トップ10 【マーケティングに便利】 Instagram の「ハイライト」機能を解説 グーグルカレンダーで休暇申請を管理する方法 【Twitterスレッド徹底解説】投稿方法から自動化まで LinkedInオートメーションの力を引き出し、あなたのプロフィールを変える エモーションAIの台頭:知っておきたいこと ワークフローマッピングでビジネスを最適化する究極のガイド 製造業のデジタルトランスフォーメーションで未来を切り開く ワークフロー効率化の青写真: 働き方を最適化するステップ・バイ・ステップのプロセス デジタルトランスフォーメーションの失敗と教訓 内部監査をマスターする 包括的ガイド 総合ガイド コマーシャル・フィルムの企画と制作方法 文書承認管理の極意 効果的なNFTマーケティングキャンペーンの実施方法: ベストプラクティスとケーススタディ 企業におけるデジタルトランスフォーメーションKPIの考察 QuickBooksで経費精算プロセスをマスター: 総合ガイド AIマーケティング:徹底解説ガイド カート放棄ワークフローにおける効果的なメールマーケティング戦略 ワークフローテンプレートでプロセスを効率化: 8つの例とステップバイステップガイド 国際マーケティングを極める: グローバルな成功のための戦略 コミュニティ・マネジメント・プロセスの ステップバイステップガイド Google広告の作成と設定に関する総合ガイド ソフトウェア開発の理想的なワークフローを構築する: ステップ・バイ・ステップ・ガイド Zoomワークフローを使ったウェビナーの管理: 包括的なガイド 自動化の力: ソーシャルメディア自動公開ツールがビジネスにもたらすもの 営業戦略を強化するソーシャル・セリング・ツールのトップ エンゲージされたオーディエンスを構築するための最適なコミュニティ管理ツール インスタグラム広告キャンペーン作成総合ガイド ブランドコミュニティを作成する究極のガイド Facebook 広告の作成と設定に関する簡易ガイド ソフトウェアとアプリケーションのバグを追跡するための決定版ガイド メールチンプを使いこなす: マーケティングメール送信の総合ガイド 日本のデジタルマーケティングを極める: ヒントと戦略 アジアでデジタルマーケティングを極める: 必須戦略とヒント Instgramを使いこなす: 効果的なマーケティング・キャンペーンを公開する方法 製造業の生産ワークフローを追跡・管理するための包括的ガイド Web3マーケティングのトップ・インフルエンサー DX人材とは。最適なを採用と育成手法を合わせて解説 マーケティングにおけるCRMの活用 顧客との関係強化と業績向上 CRM、MA、SFA:その違いと重要性を理解する ヘルスケアにおけるデジタルトランスフォーメーション:患者ケアと業務効率の向上 仕事においてデジタルエクスペリエンスを受け入れる 未来への歩み: 銀行業界におけるデジタルトランスフォーメーション ワークフローの自動化とは? LinkedInアナリティクスでビジネスの可能性を最大限に引き出す ソーシャルメディアROI、LTV、コミュニティ管理を通じて投資を正当化する方法 影響力のあるビジネスリーダーの人工知能に関する名言トップ10 営業のためのデジタルトランスフォーメーション(DX):ビジネス成功のための革新を受け入れる デジタルジャーニー:旅行業界の変革 変革の先駆け:地方自治体におけるデジタルトランスフォーメーション 不動産におけるデジタルトランスフォーメーション:機会と課題の明らかにする HRの未来: 人事のデジタルトランスフォーメーションの力を解き放つ ソーシャルメディアマーケティング自動化の効果と成功の秘訣 ブロックチェーン・コミュニティ:その定義と構築すべき4つの理由 クラウド移行を深く掘り下げる: ビジネスの未来を受け入れる セールス・イネーブルメントが重要な理由 営業チームの成約率を高める方法 【必読】上手に運営されているブランドコミュニティの10の事例 日本で成功するブランディングの秘訣を解き明かす AIマーケティング戦略:効果的なプランを開発する方法 日本におけるソーシャル・メディアを探る: トレンドとビジネスチャンス インフルエンサーマーケティングを極める 成功のための実証済みの戦略 初診患者の受け入れと治療を管理するための包括的ガイド Eコマースリベートキャンペーンプロセスのマッピング: ステップバイステップガイド 企業のSNS運用とは?メリットや成果を出すコツを解説! 【Twitterの分析をマスターする】 ツイートデータを理解し活用するための究極のガイド Web3マーケティングについて知りたかったことすべて ワークフローの最適化 より少ない作業でより多くを達成する方法 定義、自動化、最適化: メールマーケティングワークフローの包括的ガイド スタートアップ企業としてアジア市場に進出する理由と方法 顧客関係管理(CRM)の包括的な理解のためのブログの導入と結論を書く 最高の人材管理ソフトウェア: トップソリューションの包括的レビュー 職場の効率を上げる: 従業員生産性追跡ソフトウェア・トップ10 カルチュラルマーケティング戦略における文化の違い インフルエンス・エンジニアリング徹底解説。エモーションAIとの関連性も 【SNS x PR完全ガイド】PRや広報においてSNS活用は必須?具体的な活用方法も解説 ワークフロー総合ガイド: 業務最適化の鍵 Notionでプロジェクトとタスク管理をマスターする: 詳細ガイド アジアのトップSEO業者: ビジネスの成長を後押し 【サーバーを正確に把握】最新Discord分析ツール5選 Canvaを使いこなす: プレゼンテーション作成プロセスの簡素化 保険業界におけるデジタルトランスフォーメーション - 業界の展望に革命をもたらす デジタルトランスフォーメーションにおける小売業界 越境ECをマスターする:成功するグローバルEコマースビジネスの構築方法 AIマーケティングツール:デジタル広告の未来を革命する サプライチェーンマネジメントとロジスティクスにおけるデジタルトランスフォーメーションの展開 未来を受け入れる:会計におけるデジタルトランスフォーメーション(DX) YouTube自動化総合ガイド: チャンネルの成長を効率化するパワーを解き放て ワークフロー管理をマスターするためのビギナーズガイド マーケティングにおけるAI:フォーチュン500社の深層探求 ワークフロー図とは?プロセスを効率化する究極のガイド PLMとは?製品ライフサイクルマネジメントを徹底解説 ワークフロー計画とは何か? ワークフロー分析の決定版 AIマーケティングの進化と影響 コミュニティ・グロース:コミュニティサイズの成長と最適化について ワークフロー承認: 効率アップのための包括的ガイド コミュニティ運用 vs SNS運用:違いと戦略の立て方 sudoswapのような盛況なDeFi×NFTコミュニティの作り方 製品データ管理について知っておくべきすべてのこと SNSエンゲージメント完全ガイド

ECビジネスを運営する、
もっと良い方法があります。

マーケティングから顧客サービスまで。
全てのデータと業務を一元化。
一つのサブスクで。無制限のアカウント。

無料ではじめる

お気軽にご連絡ください。

無料製品トライアル・デモ
導入・運用サポート
費用見積もり
要件定義、ツール選定支援
データの移管支援
開発・コンサルティング