Sankaアカデミー

マーケティングにおけるCRMの活用 顧客との関係強化と業績向上

Pic

最終更新日: 2023年12月26日

はじめに

顧客中心のビジネスモデルの時代において、企業は効果的なリレーションシップ・マネジメントと持続可能なビジネス・パフォーマンスのために戦略的ツールを導入する必要がある。そのための有力なツールが顧客関係管理(CRM)である。

CRMをマーケティングに導入することは、単に売上を促進することではなく、顧客をビジネスの中心に据えることである。

CRMの可能性は、トランザクションのプロセスを超えて、顧客をエンゲージし、ロイヤリティを育み、最終的にはビジネスの成功を促進します。

このブログでは、CRMマーケティングとは何か、マーケティング担当者がCRMをどのように活用できるのか、そして採用されている戦略と潜在的な課題について掘り下げていきます。

これらのブログを理解することで、CRMマーケティングがどのようにビジネスに大きな成果をもたらすことができるのか、洞察することができます。

CRMマーケティングとは?

マーケティングにおけるCRMとは、顧客関係管理ツールを使用して顧客関係を管理し、顧客データを分析し、プロセスを合理化し、マーケティング活動を改善することを指します。

CRMは単なるテクノロジーではなく、顧客とそのニーズを中心とした包括的なビジネス戦略です。

CRMマーケティングでは、CRMシステムを活用して、企業の顧客データベースを整理、管理、活用します。様々なチャネルからの顧客情報を統合し、顧客に関する単一の包括的なビューを作成します。

マーケティングにおけるCRMツールの有用性

マーケティングCRMツールは、マーケティング担当者に以下のことを可能にします:

顧客データ管理の改善

すべての顧客データを一元管理することで、CRMツールはマーケティング担当者の顧客関係管理を簡素化します。

CRMツールは、マーケティングチームが顧客に関する情報に効率的にアクセスし、管理し、更新することを支援します。

実際、顧客データが整理されている企業は、CRMの成長率が68%増加しています。

顧客セグメンテーションとターゲティング

CRMプラットフォームは、マーケティング担当者が人口統計、興味、購買パターンなどの様々なパラメータに基づいて顧客をセグメント化することを可能にします。

このきめ細かなアプローチにより、マーケティング担当者はターゲットに響くテーラーメイドのマーケティングキャンペーンを展開し、投資収益率(ROI)を大幅に向上させることができます。

顧客維持とリードジェネレーション

CRMツールは、顧客維持とリードジェネレーションに大きく貢献します。CRMシステムを採用することで、営業担当者一人当たり41%の売上増につながるというデータもあります。

さらに、CRMツールは、見込み客発掘プロセスを自動化し、様々なチャネルからリードを獲得し、セールスファネルを通じてリードを追跡することで、リードジェネレーションを強化することができます。

パーソナライズされたマーケティングと顧客エンゲージメントの向上

CRMシステムにより、マーケティング担当者は顧客の行動データを利用して、顧客とのやり取りをパーソナライズすることができます。

パーソナライズされたマーケティングは、顧客固有のニーズや嗜好に対応するため、顧客エンゲージメントと顧客維持の向上につながります。CRMを活用した企業は、顧客維持率が5.60倍に増加しています。

顧客行動の分析と価値ある洞察の獲得

CRMツールは、その中核において、マーケティング担当者が顧客の行動を分析することを可能にします。

CRMツールは貴重なインサイトを提供し、マーケティングチームが顧客の嗜好、ペインポイント、改善点を理解するのに役立ちます。

これらの洞察は、企業が情報に基づいた意思決定を行い、データ駆動型のマーケティング戦略を構築するのに役立ちます。

CRM のさまざまなタイプ

顧客関係管理(CRM)が進化し続ける中、利用可能なCRMの様々なタイプとそのユニークな機能を理解することは極めて重要です。

CRMシステムは主に3つのタイプに分類されます: オペレーショナル、アナリティカル、コラボレーティブである。

1. 運用型CRM

オペレーショナル CRM は、セールスフォースオートメーション、マーケティン グオートメーション、サービスオートメーションなど、日々のビジネスタスクやプロ セスを自動化し、効率化することに重点を置いています。

オペレーショナル CRM は、様々なビジネスプロセスを簡素化し、顧客とのコミュニ ケーションを強化し、顧客サービスを向上させることを目的としています。

また、リードの創出、コンタクトへの転換、必要なサービスの提供、顧客関係の維持・強化にも役立ちます。

オペレーショナル CRM を導入することで、企業が 売上高を最大 29%、営業生産性を 34%、営業予測精度を 42% 向上させる ことができるのは当然のことです。

2. 分析型CRM

分析型 CRM は、顧客データと分析を活用して顧客との関係を強化し、顧客満 足度とロイヤルティを高め、収益を向上させます。

このタイプの CRM は、企業が顧客の行動、傾向、嗜好を分析し、より多くの情報に基 づいた意思決定を行うのに役立ちます。

顧客の要求をよりよく理解し、それに応じて適切なマーケティング、販売、顧客サービス戦略を立てるのに役立ちます。

モバイル CRM を導入した営業担当者の 65%が営業ノルマを達成している](https://www.superoffice.com/blog/why-sales-people-need-crm/)という調査結果もあり、CRM の分析能力と営業目標達成には強い相関関係があることがわかります。

3. コラボレーティブ CRM

コラボレーティブ CRM は、戦略的 CRM とも呼ばれ、組織内のコミュニケーションと コラボレーションを強化することに重点を置いています。

このCRMは、営業、マーケティング、顧客サービスのような異なる部門からの情報を統合し、各顧客の全体的なビューを提供します。

チーム間での効果的なデータ共有は、優れた顧客理解とサービス提供につながるため、このタイプのCRMの重要性は控えめにはできない。

コラボレーティブ CRM により、企業はサービスレベルの向上と [顧客満足度は最大 47%]を期待することができます(https://www.eway-crm.com/blog/sales-marketing/how-do-crm-systems-make-troubleshooting-customer-problems-easier/)。

マーケティングパフォーマンスを高めるCRMツールの活用法

CRMツールを効果的に活用する企業は、魅力的でパーソナライズされたエクスペリエンスを創造し、顧客とのより強い関係を育み、その結果、マーケティングパフォーマンスを向上させることができます。

しかし、CRMツールの強力なポテンシャルを活用するには、具体的にどうすればよいのでしょうか?CRMシステムを活用し、マーケティング成果を高める戦略的な方法を探ってみましょう。

1. パーソナライズされたマーケティングのためのセグメンテーション

CRMツールは、顧客に関する広範なデータ-人口統計学的属性、購買パターン、閲覧行動、交流履歴などの詳細-を照合します。

この豊富なデータを意味のあるセグメントに分類することで、企業はセグメントごとにパーソナライズされた戦略を立てることができます。

マットレスと寝具のサプライヤーとして有名なドーメオは、CRMベースの顧客セグメンテーションを活用してマーケティング戦略を強化した。

ドーメオは、顧客のライフサイクルのさまざまな段階を注意深く分析し、それぞれのグループに合わせたマーケティング・メッセージを作成した。

同社は、RFM(反復性、頻度、金額)分析を使って価値の高い顧客を特定し、マーケティング活動のターゲットをより効果的に絞ることを可能にした。

このターゲットを絞ったセグメンテーション・アプローチのおかげで、Dormeoは、コンバージョン率が295%増加し、広告費用対効果が98%改善するという驚異的な成果を上げた。

2. カスタマージャーニーの育成

CRMソフトウェアは、包括的なカスタマージャーニーマッピングを容易にし、重要なタッチポイントと重要なコンバージョンステージの特定を可能にします。

このようなカスタマージャーニーを追跡することで、マーケティング担当者は、顧客の認知から購入、そしてその先に何があるのかをより深く理解することができます。

この理解を活用することで、各ステージで顧客の意図にシームレスに沿ったきめ細かなマーケティング戦略を構築し、コンバージョンの可能性を高めることができます。

3. 効率化のための自動化

CRMツールは、Eメールのスケジューリング、フォローアップのリマインダー、データ入力などの日常的なマーケティングタスクを自動化することで、企業はリソースの使用を最適化し、戦略的な意思決定に集中することができます。

また、CRMの自動化により、顧客やリードとのタイムリーなエンゲージメントが確保され、リード育成の改善や顧客満足度の向上に貢献します。

4. パフォーマンス向上のための分析的洞察

CRMシステムの分析機能により、マーケティング担当者はトレンドを把握し、キャンペーンのパフォーマンスを測定し、顧客満足度を測ることができます。

これらのインサイトを活用することで、マーケティング担当者は戦略を改善し、より良い結果を得るためにキャンペーンを最適化し、マーケティングROIを向上させるデータ主導の意思決定を行うことができます。

5. マルチチャネル統合ツール

今日のマルチデバイス、マルチプラットフォームの世界では、すべてのチャネルで一貫した顧客体験を提供することが重要です。

CRMソフトウェアは様々なマーケティングプラットフォームやツールと統合され、EメールマーケティングやソーシャルメディアからSMSや電話まで、様々なチャネルで一貫性を保つことができます。

このマルチチャネル統合により、シームレスで統一された顧客体験が保証され、マーケティングのパフォーマンスを高める上で極めて重要です。

6. より強固なリレーションシップの構築

CRMの核心は、その名が示すように、人間関係を育むことである。詳細な顧客プロファイルを作成し、すべてのインタラクションを追跡することで、CRMツールは各顧客の全体的なビューを提供します。

この360度のビューを活用することで、ロイヤルティとアドボカシーを刺激する強力でパーソナライズされた関係を構築し、長期的なマーケティングの成功につなげることができます。

潜在的なハードルと解決策

CRMシステムは潜在的に無数の利点を提供する一方で、ツールの導入と管理は必ずしも順調ではない。

CRMの潜在能力をフルに発揮するためには、いくつかの課題が発生し、それが障害となる可能性があります。

ここでは、企業が直面するCRMの一般的な課題を、潜在的な解決策とともにご紹介します:

1. データ品質と統合の問題

**企業が直面する最大の課題の1つは、CRMシステムのデータ品質を高く維持することです。

不完全な記録、不正確なデータ入力、または古い情報は、CRM の有効性を損ないます。

さらに、CRMデータを他のシステムと統合することは、実に骨の折れる作業です。

解決策: データガバナンスのための厳格なプロセスを確立し、CRMに入力されたデータが正確、最新、完全であることを保証する。

定期的なデータ監査は、データの不整合やギャップを特定するのに役立ちます。さらに、他の既存システムとスムーズに統合できるCRMプラットフォームを活用することで、データフローを合理化し、統合の懸念を軽減することができる。

2. ユーザー導入とトレーニング

課題:* もう一つの大きな逆風は、ユーザー導入の不足である。従業員は確立されたプロセスを変更することに抵抗があり、新しいCRMテクノロジーに適応することに困難を感じるかもしれません。

解決策:* 効果的なユーザー・トレーニングは、この課題を克服する鍵である。ハンズオントレーニングセッションを実施し、継続的なサポートを提供することで、ユーザーがシステムを使いこなせるようにする。

さらに、意思決定や導入プロセスの早い段階でユーザーを参加させることで、オーナーシップを育み、導入率を高めることができる。

3. CRMソフトウェアの限界

課題:* CRMシステムは、企業独自の業務ワークフローや特定のニーズに完全に合致しているとは限りません。

その結果、複雑な回避策を講じたり、CRMツールの利用が制限されたりする可能性がある。

解決策:* CRMシステムを選択する際は、ビジネス要件に柔軟に対応し、カスタマイズ可能であることを確認してください。

カスタマイズ可能なソリューションを提供し、独自のワークフローに合うようにCRMシステムをカスタマイズするためのリソースを提供しているCRMプロバイダーを探しましょう。

4. プライバシーとセキュリティ

課題:* CRMは機密性の高い顧客データを大量に扱うため、企業はプライバシーとセキュリティに関する深刻な問題に直面します。

違反があれば、深刻な風評被害や法的影響につながる可能性があります。

解決策:* 堅牢なセキュリティ・プロトコルを導入し、ユーザーの役割に基づいてアクセスを制限し、定期的にセキュリティ慣行を監査する。

プライバシーとセキュリティを最優先し、GDPRなどの関連規制を遵守しているCRMプロバイダーのみと連携することが不可欠です。

5. CRM投資収益率(ROI)の定量化

課題:*最後に、企業はCRMイニシアチブのROIを定量化するのに苦労することが多い。

解決策:* CRMの目的に沿った明確な主要業績評価指標(KPI)を定義します。

これらのKPIを継続的にモニタリングし、レポーティングすることで、CRMの有効性とROIに関する洞察を得ることができます。

結論

マーケティングにおけるCRMの活用は、現代の顧客中心のビジネス環境において、企業に競争力をもたらします。

CRMを活用することで、企業は顧客とより強固でパーソナライズされた関係を築くことができ、顧客満足度、ロイヤルティ、アドボカシーを高めることができます。

さらに、CRMは洞察に満ちた顧客データを提供できるため、企業は効率性と収益性を高める戦略的な意思決定を行うことができます。

CRMシステムをマーケティング戦略に組み込むことで、企業は変化に適応するだけでなく、顧客の需要を予測し、形成するために必要なツールを備えることができます。

CRMが進化し続ける中、その機能を最大限に活用することは、顧客との関係を強化し、業績を向上させる上で極めて重要であることは間違いありません。

顧客に評価され、理解されていると感じてもらうことに成功した企業こそが、今後数年間で繁栄する企業なのです。CRMは、このような変革をもたらすメリットを引き出す鍵を提供する。

今すぐ始める

Sankaで一番人気の機能を、
無料でお試しいただけます。

調達・仕入れ管理
商品・在庫管理
受注・返品管理
納品・請求管理
顧客・サービス管理
データ分析・自動化