Sanka Academy

カスタマー・サービスの自動化 - ビジネス革新ための第一歩

Pic

最終更新日: 2023年6月5日

この記事で得られるもの

  • カスタマーサービス自動化とは何かを定義する
  • カスタマーサービス自動化の重要性を理解する
  • カスタマーサービス自動化を効果的に導入するためのヒントを探る
  • カスタマーサービス自動化を実践している5つのビジネス事例を紹介します。

はじめに

長い待ち時間や、カスタマーサービス担当者とのイライラしたやり取りがなく、お客様が迅速で正確、かつパーソナライズされたサポートを受けることができる世界を想像してみてください。

あまりにも素晴らしいことだと思いませんか?

カスタマーサービスの自動化の世界へようこそ!このブログでは、カスタマーサービスオートメーションとは何か、なぜ必要なのか、そしてあなたのビジネスに効果的に導入する方法についてご紹介します。

さあ、シートベルトを締めて、カスタマーサービスの未来に深く飛び込む準備をしましょう。

カスタマーサービス・オートメーションとは?

カスタマーサービスの自動化とは、テクノロジーを使って顧客とのやり取りを合理化・最適化し、人の手を介在させる必要性を減らすことです。これは、チャットボット、人工知能(AI)、機械学習、セルフサービスポータルなど、さまざまなツールやテクノロジーによって実現されます。

これらのツールにより、企業はカスタマーサービス担当者の作業負担を軽減しながら、消費者に迅速かつ正確で個別対応したサポートを提供することができます。

従来のカスタマーサービスは、人間の代理人に大きく依存していましたが、カスタマーサービスの自動化では、ルーチンワークや問い合わせを処理するためにテクノロジーを採用しています。

これにより、時間とリソースを節約できるだけでなく、一貫性のある効率的なカスタマーエクスペリエンスを実現することができます。

カスタマーサービスオートメーションはなぜ重要なのか?

従来の顧客サービス方法には限界があります。

長い待ち時間、一貫性のない対応、限られたサポート担当者の対応などは、消費者の不満につながり、最終的にはビジネスの損失となります。

カスタマーサービスオートメーションは、次のようにこれらの課題に対処します:

カスタマーエクスペリエンスを向上させる

自動化されたツールは、お客様からの問い合わせに即座に対応するため、待ち時間を短縮し、お客様が必要とする情報を必要なときに確実に受け取ることができます。

また、顧客データを分析し、カスタマイズされたソリューションを提供するAIによって推進されるチャットボットによって、パーソナライズされたサポートを提供することができます。

顧客満足度の向上

カスタマーサービスオートメーションは、迅速かつ正確で、パーソナライズされたサポートを提供することで、顧客満足度を大幅に向上させることができます。

Zendeskの調査によると、75%の顧客がセルフサービスオプションを好むことが分かっており、自動化を導入した企業は顧客満足度が33%上昇することが分かっています。

コストの削減

カスタマーサービスオートメーションの導入により、大幅なコスト削減が期待できます。

マッキンゼーのレポートによると、自動化によって手作業を減らし、効率を高めることで、カスタマーサービスコストを最大で30%削減することができます。

カスタマーサービスの自動化を効果的に導入する方法

です。

カスタマーサービスオートメーションを取り入れる準備はできていますか?ここでは、ステップバイステップのガイドをご紹介します:

  1. 自動化の目標を明確にする: 自動化の目標を特定する**:自動化の恩恵を受けることができる顧客サービス業務の特定の領域を特定し、自動化の目標を確立します。これは、顧客データの管理やサポートチケットプロセスの合理化などを含むかもしれません。
  2. 正しいツールとテクノロジーを選択する: 調査を行い、目的に沿ったカスタマーサービス自動化ツールを選択します。統合の簡便さ、拡張性、コストなどの要素を考慮する。
  3. 自動化を既存のプロセスに統合する: 自動化ツールを既存の顧客サービス業務にシームレスに統合する。そのためには、スタッフのトレーニング、ワークフローの更新、消費者のためのシームレスな移行を確保することが必要です。
  4. モニターと最適化: 応答時間、顧客満足度、コスト削減などの指標を使用して、カスタマーサービス自動化のパフォーマンスを継続的に監視します。必要に応じて調整し、結果を最適化します。
  5. 人間味を保つ: 自動化によってさまざまなタスクを管理することができますが、複雑な問題や親身なサポートには人間のエージェントが必要であることを心に留めておいてください。最適な消費者体験を提供するためには、自動化と人間との対話のバランスを取ることが大切です。

感動的な5つのケーススタディ

では、カスタマーサービス・オートメーションの導入に成功した企業による5つの感動的なケーススタディを紹介します。これは、サポート業務の強化を検討している他の企業にとって貴重な洞察と教訓となります。

1. チャットボット・ソリューション バンク・オブ・アメリカとエリカ

世界有数の金融機関であるバンク・オブ・アメリカは、人工知能によって実現されたバーチャルアシスタントであるEricaを導入し、顧客にパーソナライズされた金融ガイダンスとサポートを提供することに成功しました。

Ericaは、何百万もの顧客とのやり取りを処理し、残高照会、請求書支払い、クレジットスコアの更新などの業務でユーザーをサポートすることで、業界に革命を起こしてきました。

バンク・オブ・アメリカは、Ericaによる顧客サービスの自動化により、顧客満足度を大幅に向上させ、サポート担当者の作業負担を軽減しています。

2. セルフサービスポータル: アドビとそのカスタマーサポートハブ

ソフトウェアソリューションの世界的リーダーであるアドビは、顧客が質問に対する答えを独自に発見し、問題をトラブルシューティングできるように、包括的なセルフサービスポータルを導入しました。

このポータルには、ナレッジベース記事、ビデオチュートリアル、コミュニティフォーラムがあり、お客様は迅速かつ効率的に情報にアクセスすることが可能です。

セルフサービスポータルを通じてカスタマーサポートを自動化することで、アドビはサポートチケットの量を減らし、ユーザーによりシームレスなサポート体験を提供することができました。

3. AIを活用したメールサポート: RapidSOSとSiftrock

救急技術企業であるRapidSOSは、大量のカスタマーサポートメールを管理する課題に直面していました。

この問題を解決するために、サポートメールの処理とルーティングを自動化するAI搭載のメール管理アプリケーション、Siftrockを採用しました。

RapidSOSは、Siftrockを導入することで、手作業によるメールの仕分けを減らし、レスポンスタイムを向上させ、顧客全体の満足度を高めることに成功しました。

4. サポートチケット管理の自動化 SlackとZendesk

人気のコラボレーションプラットフォームであるSlackは、急速に拡大するユーザーベースにタイムリーな支援を提供するために、サポートチケット管理システムを最適化する必要性を認識しました。

そこで、サポートチケットの作成、割り当て、追跡を自動化するカスタマーサービスソフトウェアであるZendeskを統合しました。

Zendeskの自動化機能を活用することで、Slackはサポート業務を最適化し、迅速な対応と顧客満足度の向上を実現しました。

5. ソーシャルメディアサポートの自動化 KLMオランダ航空とSalesforce

世界的な大手航空会社であるKLMオランダ航空は、ソーシャルメディアプラットフォームでのカスタマーサポートを強化しようとしていました。

同社は、顧客からの問い合わせを監視し、適切なサポートエージェントに送信することでソーシャルメディアサポートを自動化するCRM(顧客関係管理)プラットフォームである Salesforce を導入しました。

Salesforceの導入により、KLMはソーシャルメディアの利用者にリアルタイムでサポートを提供できるようになり、その結果、顧客満足度が40%向上しました。

結論

カスタマーサービスの自動化は、カスタマーサポートの未来であり、企業は業務を変革し、優れたカスタマーエクスペリエンスを提供できるようになります。

自動化のメリットを理解し、導入のベストプラクティスを遵守することで、カスタマーサービス部門を効率と顧客満足のジャガーノートへと変貌させることができます。

さあ、何を待っているのでしょうか?今すぐカスタマーサービスの自動化への旅を始め、あなたのビジネスが新たな高みへと昇華するのを見届けましょう!

ECビジネスを運営する、
もっと良い方法があります。

マーケティングから顧客サービスまで。
全てのデータと業務を一元化。
一つのサブスクで。無制限のアカウント。

無料ではじめる

お気軽にご連絡ください。

無料製品トライアル・デモ
導入・運用サポート
費用見積もり
要件定義、ツール選定支援
データの移管支援
開発・コンサルティング