Sankaアカデミー

未来への歩み: 銀行業界におけるデジタルトランスフォーメーション

Pic

最終更新日: 2024年1月3日

はじめに

デジタル化の波が世界中の産業を変革しており、銀行業界もその例外ではありません。

従来の銀行業務は、長い行列と煩雑な書類作業に特徴づけられていましたが、これがリアルタイムでデジタルかつ効率的な金融プロセスに変わりつつあります。

このブログ記事では、銀行業界におけるデジタルトランスフォーメーションの経過、一部の銀行がデジタルテクノロジーを活用する方法、およびこの進化に関連する課題とトレンドに詳しく触れます。

この変化は従来の銀行の慣習を再構築するだけでなく、デジタル銀行、AI搭載サービス、シームレスな取引、そしてセキュアなデータ管理の新しい時代を促進しています。

銀行業界におけるデジタルトランスフォーメーション:概要

銀行業界におけるデジタルトランスフォーメーションは、従来の物理的な銀行業務からデジタルおよびオンラインの運用への移行を意味します。

この変革は、モバイルバンキング、AI搭載の顧客サービス、ブロックチェーンに裏打ちされた安全な取引、そしてオープンバンキングサービスなどのさまざまなトレンドを通じて現れています。

これにより、24時間365日のリモートバンキング、リアルタイム取引、個別ニーズに基づくパーソナライズされた金融サービス、堅牢なセキュリティメカニズムが可能になりました。

デジタル専用の銀行からAI搭載の金融アドバイザーまで、銀行業界のデジタルトランスフォーメーションは、デジタルに精通した顧客の期待に応えるシームレスで24時間利用可能なバンキングサービスに焦点を当てています。

デジタルシフトの背後にある推進要因

銀行業界におけるデジタルトランスフォーメーションの緊急性には、以下の要因が寄与しています。

  • 顧客期待の変化: 現代の顧客は、便利で迅速、かつ個別化された体験を期待し、これが銀行がデジタルテクノロジーを導入する原動力となっています。
  • 新興Fintech企業: Fintech企業の台頭により、伝統的な銀行は効果的に競争するために革新し、運用をデジタル化する必要があります。
  • 規制の変更: データプライバシー法やオープンバンキング政策が銀行に手続きとシステムの更新を促しています。

銀行および金融サービスにおけるデジタルトランスフォーメーションの重要性

#1 デジタル時代における顧客期待の達成

現代の消費者は、技術の進歩によって推進される、シームレスで安全、かつ個別化されたバンキング体験を期待しています。

技術を効果的に活用して顧客体験を向上させる銀行は、最終的に長期的な信頼を築き上げます。

モバイルアプリケーションやオンラインプラットフォームなどのデジタルバンキングソリューションは、顧客に対して自宅やオフィスからすべての取引や銀行との対話を管理する便利さを提供します。

さらに、これらのデジタルプラットフォームは個々のニーズに応じたカスタマイズされた製品やサービスを提供します。

たとえば、顧客は同じアプリ内でローンの申請、信用スコアの確認、そして個別の金融アドバイスを受けることができます。

#2 運用の合理化

デジタルトランスフォーメーションは、銀行業務の効率と生産性を飛躍的に向上させます。

データ入力や調整から顧客サービスの相互作用までの自動化されたプロセスは、手動の介入を減らし、人為的なエラーを最小限に抑え、コストを最適化します。

例えば、ロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)は繰り返しのタスク

を自動化するために広く使用され、処理時間を短縮し効率を向上させます。

銀行はまた、大量のデータを処理するためにデータ分析を利用し、意思決定や戦略的計画のための有益な情報を提供し、機関が業界のトレンドに先んじるのに役立ちます。

#3 リスク管理の向上

洗練されたデータ分析、予測モデリング、および機械学習の登場により、非常に精密な方法でリスクを特定および管理することが可能になりました。

これらのデジタルツールは、信用リスク評価、詐欺検知、コンプライアンス、およびデータセキュリティのために重要です。

銀行はAIおよび機械学習を活用して取引の異常なパターンを識別し、潜在的な詐欺を予防的に検知することができます。

同様に、予測分析は潜在的なローン不履行を特定し、銀行が融資の決定を的確に行い、不良資産のリスクを大幅に減少させるのに役立ちます。

#4 Fintechとの協力によるイノベーションの可能性

銀行業界におけるデジタルトランスフォーメーションは、既存のサービスを単にデジタル化するだけでなく、Fintech企業との協力により新しい革新的なビジネスモデルを導入します。

Fintechは、ピアツーピアの貸付、ブロックチェーンベースの契約、電子ウォレット、ウェルスマネジメントのためのロボアドバイザーなど、高度なソリューションを提供しています。

伝統的な銀行はこれらのテクノロジーをビジネスフレームワークに組み込むためにFintech企業と提携しています。

金融と技術の組み合わせは、革新的で俊敏で非常に迅速なバンキングサービスを生み出し、金融サービスの提供方法に革新的な変革をもたらしています。

#5 金融包摂の向上

デジタルバンキングおよび金融サービスは、世界中で金融包摂を向上させる効果的な手段です。

低い銀行普及率の地域でのネオバンクやデジタル専用銀行の台頭は、これを証明しています。

モバイルバンキングや電子ウォレットなどが、非銀行利用者でも重要な銀行サービスにアクセスできるようにしています。

この手頃な価格と利用のしやすさにより、ますます多くの個人が金融システムに組み込まれ、そのプロセスで経済成長が促進されています。

銀行業界におけるデジタルトランスフォーメーションの事例

デジタルトランスフォーメーションの潮流は、銀行業界を再定義しています。

世界中の金融機関は、現代の要求に応えるために、伝統的なモデルを革新し、適応し、進化させる必要性を認識しています。

以下は、デジタルテクノロジーが銀行業界を革新している様子を的確に示すいくつかの例です。

モバイルバンキング

おそらく最も重要な革新の一つであるモバイルバンキングは、顧客が銀行と対話する方法を変えました。

Barclays、Bank of America、JP Morganなどの銀行は、利用者にフルコントロールを提供するユーザーフレンドリーなモバイルアプリを開発し、顧客がいつでもどこでも金融取引を行えるようにしています。

取引、残高確認、請求書の支払い、さらにはローンの申請までが数クリックで実行されるようになりました。

例えば、JPMorgan Chaseは毎年100億ドル以上を技術に投資し、モバイルバンキングアプリや、COINとして知られるAIツールを開発し、法的文書を数秒で分析する人間が数時間かかる作業を効率的に処理しています。

革新的な支払いソリューション

現金取引が広まる中、銀行は革新的な支払いオプションを展開しています。

JPMorgan ChaseやBank of Americaなどの複数の米...は、迅速なピアツーピアの送金を提供しています。

同様に、スウェーデンのSEB銀行はデンマークの支払いサービスプロバイダであるNetsと提携し、ウェアラブルデバイスを介した非接触決済を導入しています。

これら広範な支払い手段は、迅速で便利、かつシームレスな取引を保証しています。

AI搭載の顧客サービス

JP MorganやWells Fargoなどの銀行は、人工知能(AI)や機械学習(ML)を利用して顧客サービスを向上させています。

金融サービスの統計によれば、AIは顧客の対話を変革しており、37%の消費者がAI搭載のチャットボットから金融支援を受けたという統計があり、69%の消費者が仮想アシスタントからアドバイスを求めることに対して快適であることを示しています。

これらの技術は、24時間365日、顧客の質問に答え、情報を提供し、取引の実行を補助する仮想アシスタントやチャットボットを動力としています。

AIはまた、顧客の行動や支出パターンを分析して個別の金融アドバイスを提供できます。

これにより、銀行は顧客満足度と忠誠心を推進するためにパーソナライズされた体験を提供できます。

銀行業務におけるロボティックプロセスオートメーション

ロボティックプロセスオートメーション(RPA)は、銀行業務を大幅に効率化し、効率を向上させます。

例えば、Deutsche BankはRPAを導入して、マネーロンダリング対策のプロセスを自動化し、運用コストを削減し、顧客のオンボーディングを迅速化しました。

報告によれば、銀行は通常従業員が手作業で行うはずだった作業量を21万時間節約したとされています。

安全で透明なトランザクションのためのブロックチェーン

SantanderやHSBCなどのさまざまな銀行は、ブロックチェーン技術の力を利用して、より迅速で透明、かつ安全な取引を実現しています。

これにより、銀行は改ざん防止のための分散型台帳を維持し、リアルタイムの検証を伴うシームレスな国際送金を実現しています。

HSBCは「デジタルバンキングのためのデジタルトランスフォーメーション」イニシアティブを展開し、顧客、成長、最適化、およびコントロールの4つの主要な領域に焦点を当てています。

モバイルバンキングアプリ、音声認識技術、およびロボアドバイザーを導入し、サービス提供の効率向上を図っています。

強化されたセキュリティのための生体認証

指紋、顔認識、または音声認識などの生体認証は、銀行が顧客情報を保護し、取引のセキュリティを確保する方法を革新しています。

例えば、シティバンクのCitiモバイルアプリでは、Touch IDとFace IDの認証が提供され、セキュアで手間のかからないログインが可能です。

これらの生体認証機能は、不正アクセスの可能性を減少させ、顧客の識別を効率化し、セキュリティの追加層を提供しています。

ビッグデータと人工知能によるパーソナライゼーション

ビッグデータ分析と人工知能(AI)は、銀行業界でのデータ駆動の意思決定とパーソナライズされた体験を推進しています。

これらの技術は銀行が顧客データを分析し、適した金融商品、ターゲットマーケティングキャンペーン、および実用的な情報を提供するのを支援しています。

Bank of AmericaのAI搭載バーチャルアシスタントであるEricaは、顧客の金融状況に基づいてパーソナライズされた推奨事項を提供し、顧客エンゲージメントとロイヤリティを大幅に向上させています。

オートメーションによる即時融資

デジタルトランスフォーメーションにより、銀行の融資プロセスが効率的で迅速な承認を実現しました。

例えば、インドのHDFC銀行は、10秒のローン承認サービスを導入し、事前承認された顧客が即座に個人ローンを利用できるようにしました。

この迅速なプロセスは、データ分析、AI、およびオートメーションを利用して、効率的なアンダーライティング、信用評価、およびKYC確認が可能になりました。

リスクアセスメントのための予測分析

予測分析は銀行のリスク評価手順を再定義しました。銀行はこれらの高度な分析を信用スコアリングモデル、詐欺検知、マネーロンダリング対策、潜在的なローンの不履行の特定などに利用しています。

例えば、National Australia Bank(NAB)は予測分析を活用してデータパターンを分析し、不正な取引を検出しています。

これにより、銀行は積極的にリスクを特定し、潜在的な詐欺を防止することができます。

オープンバンキングとAPI統合

オープンバンキングは金融界の新興トレンドで、銀行、フィンテック企業、およびサードパーティープロバイダーがAPIを通じて協力できるようにします。

これにより、顧客は単一のプラットフォームを通じてさまざまな金融サービスを管理できます。

例えば、HSBCはConnected Moneyアプリを導入し、ユーザーが他の銀行のカレントアカウントやクレジットカードを含むすべての金融口座を単一のプラットフォームで表示できるようにしました。

結論

疑いなく、デジタル革命は銀行業界を前例のない変革と無限の可能性の時代に導いています。

伝統的な銀行モデルは急速なペースで進化し、顧客中心、効率的でデジタルに向けた未来への道を切り開いています。

デジタルな銀行の発明やモバイルアプリの導入から、AIとブロックチェーンの活用まで、現代の銀行業界は変革の証と言えるでしょう。

しかしながら、この地殻変動の中で繁栄する鍵は、これらのデジタルな変革を受け入れるだけでなく、デジタルな器用さと終身学習の文化を育むことにあります。

産業がデジタル化の道を歩む中、それは効率的で包括的で、時代先取りの銀行エコシステムへの扉を開いています。

この変化を受け入れることはもはや選択肢ではありません。それは世界中の銀行がこれらのダイナミックでデジタルな時代で繁栄するための戦略的な必然です。

事業成長を実現する、
もっと良い方法があります。

市場調査、商品・注文管理、顧客サービスまで。
全てのデータと業務を一元化。
一つのサブスクで。無制限のアカウント。

無料ではじめる

お気軽にご連絡ください。

無料製品トライアル・デモ
導入・運用サポート
費用見積もり
コンサルティング
データの移管支援
ソフトウェア開発