Sankaアカデミー

ドキュメントの自動化をマスターする: 5つのステップで効率アップ

Pic

最終更新日: 2023年6月26日

この記事で得られるもの

  • ドキュメントの自動化とは何かを定義する
  • 文書自動化のメリットを知る
  • 文書自動化の仕組み
  • 文書自動化のベストプラクティスを探る

ドキュメント・オートメーションが重要な理由

ドキュメントの自動化は、重要な資料の作成と整理に対する企業の取り組み方を変えつつあります。

反復的で時間のかかる作業を自動化することで、企業は貴重な時間を節約し、ミスを減らし、全体的な効率を向上させることができます。

この記事では、ドキュメント自動化のメリットを探り、どのようにビジネスプロセスに革命をもたらすことができるのか、その概要をご紹介します。

ドキュメント・オートメーションの必要性

企業は契約書、請求書、報告書など、毎日膨大な量の書類を作成しています。

これらの書類を手作業で作成、更新、整理するには膨大な時間と労力がかかります。

書類作成に費やす時間を、戦略立案やデータ分析、顧客との関係構築など、より重要なビジネスタスクに費やすことができます。

また、非効率的な文書管理は、エラーや不整合、セキュリティリスクにもつながります。

ドキュメント・オートメーションは、このような問題を解決し、プロセスを合理化し、正確性を向上させます。

ドキュメント・オートメーションとは

ドキュメント・オートメーションとは、ドキュメント・アセンブリーやドキュメント・ジェネレーションとも呼ばれ、反復作業を自動化し、テンプレートやデータ入力を活用して同じドキュメントのカスタマイズ・バージョンを生成することで、ドキュメントを作成するプロセスのことです。

電子文書の作成を支援するシステムとワークフローの設計です。

これらのシステムは、ロジックベースのルールに基づいて、既存のテキストやデータのセグメントを使用し、新しい文書を作成する。

ソフトウェア・ツールの助けを借りて、ドキュメント・オートメーションは、従来の手作業によるプロセスを効率的で合理的なワークフローに変えます。

ドキュメント・オートメーションは、契約書、提案書、報告書、請求書、法的文書など、さまざまな種類の文書に使用できるため、あらゆる業界の企業にとって汎用性の高いソリューションとなります。

ドキュメント・オートメーションのメリット

時間の節約

文書自動化の最も大きなメリットの1つは、時間の節約です。

手作業でドキュメントを作成するのは、特に複数のバージョンや大量のデータを扱う場合、手間と時間のかかるプロセスです。

ドキュメントの自動化により、ユーザーは同じドキュメントを手作業で作成するのにかかる時間の数分の一でドキュメントを作成することができます。

コスト削減

文書作成に費やす時間を短縮することは、手作業に貴重な時間を費やす従業員に支払う費用を削減することを意味します。

ドキュメントの自動化プロセスを導入することで、企業は人件費を大幅に削減し、他の重要な分野に投資するためのリソースを確保することができます。

文書作成の自動化により、手作業によるデータ入力、編集、書式設定に費やす時間が大幅に削減されます。

多くの場合、文書作成時間を50~70%削減でき、大幅なコスト削減とスタッフの生産性向上につながります。

正確性の向上

手作業で文書を作成・更新する場合、エラーや不整合はよく発生します。

文書自動化ソフトウェアは、テンプレートや事前入力された情報を使用することでエラーを減らし、文書が正確で一貫性があり、プロフェッショナルであることを保証します。

これにより、ドキュメントの全体的な品質が向上し、潜在的な法的紛争やコンプライアンス上の問題を防ぐことができます。

コンプライアンスとセキュリティの向上

文書自動化ソフトウェアは、適切な文書コンプライアンスとセキュリティ対策の維持に役立ちます。

自動化されたプロセスにより、機密情報が保護され、文書が業界標準や規制に準拠していることが保証されます。

統一フォーマットと容易なアクセス

ドキュメントの自動化により、ドキュメントのフォーマットが標準化されるため、一貫した外観が確保され、顧客や従業員の混乱が軽減されます。

また、組織のナレッジを構築・維持するための強力なツールとして機能し、情報へのアクセスや共有が容易になります。

文書自動化のためのソフトウェア・ソリューション

ドキュメントの自動化に役立つソフトウェアツールは、市場に数多く出回っている。Sanka](https://sanka.io)もその一つである。

Sankaは、文書プロセスを自動化するためのユーザーフレンドリーで効率的なソリューションを提供し、企業は時間とコストを節約しながら、正確性とコンプライアンスを向上させることができます。

ドキュメント自動化の仕組み

テンプレートの作成

文書自動化の最初のステップは、ビジネスで頻繁に使用する文書のテンプレートを作成することです。

テンプレートは、Word、Excel、PDFなど、使用しているソフトウェアによってさまざまな形式で作成できます。

テンプレートは、自動化された文書のベースとなり、プレースホルダー・テキストや、動的データが挿入されるフィールドが含まれます。

データ入力の定義

テンプレートが作成されたら、文書に入力するために必要なデータをどこから入手するかを定義する必要があります。

データは、ユーザー入力、外部データベース、APIなど、さまざまなソースから得ることができます。選択したドキュメント自動化ツールによって、接続できるデータソースが決まります。

自動化ルールの設定

次に、自動化ルールを設定し、ドキュメントを生成するタイミングと方法を指定します。

自動化ルールには、事前に定義されたワークフロー、特定のイベントやビジネスプロセス内の条件に対応したドキュメント生成のスケジューリングやトリガーを含めることができます。

ドキュメントの生成

自動化ルールを設定した後、ドキュメント自動化ツールは、選択したソースからデータを取得し、テンプレートに挿入することで、カスタムドキュメントを生成します。

その結果、特定のニーズを満たす、完全にカスタマイズされたドキュメントが動的に生成されます。

他のソリューションとの統合

ドキュメント・オートメーション・ソフトウェアは、顧客関係管理(CRM)プラットフォームや企業資源計画(ERP)システムなど、他のシステムと統合できる場合が多くあります。

この統合により、ビジネス全体のワークフローが合理化され、システム間でデータがシームレスに流れるようになり、全体的な生産性が向上します。

ドキュメント・オートメーションのベストプラクティス

文書自動化のメリットを最大限に享受するために、以下のステップを踏んでスムーズな導入を実現しましょう:

  1. 1.自動化の候補を特定する:まず、組織の現在の文書プロセスを評価し、自動化に適した、最も量が多く、最も反復的で、エラーが発生しやすいタスクを特定することから始めます。
  2. 適切なソフトウェアを選択する: 市場には数多くの文書自動化ソフトウェアソリューションがあり、それぞれが異なる機能とカスタマイズのレベルを提供しています。使いやすさ、拡張性、既存システムとの統合などの要素を考慮しながら、組織のニーズと予算に合ったソフトウェアを探しましょう。
  3. 従業員のトレーニング:あなたのチームが文書自動化の基礎と選択した特定のソフトウェアに精通していることを確認します。包括的なトレーニングを実施することで、導入が成功しやすくなるだけでなく、従業員が自分の役割の中でさらなる自動化の可能性を追求できるようになります。
  4. **自動化プロセスが導入されたら、潜在的な改善や改良のために、そのパフォーマンスを継続的に監視する。従業員と経営陣のオープンなコミュニケーションを促し、さらなる最適化のための領域を特定する。

文書自動化の実例: さまざまな業界の事例

文書自動化の広範な適用可能性を説明するために、さまざまな業界からの以下の例を考えてみましょう:

  • 法律:** 法律事務所は、契約書、合意書、法的書式の作成を自動化することができます。文書作成プロセスを簡素化することで、弁護士は時間を節約し、ミスの可能性を減らし、本来の業務に集中することができます。
  • ヘルスケア:**医療機関は、ドキュメント自動化を利用して、患者登録フォーム、同意書、退院サマリーを合理化することができます。このテクノロジーを導入することで、管理業務の負担を軽減し、患者データの正確性を向上させ、全体的な患者体験を向上させることができます。
  • 金融:*** 金融サービス企業は、ローン契約書、口座明細書、投資報告書の作成を自動化することができます。そうすることで、コストを削減し、より良い顧客サービスを提供することができる。
  • 人事:** 人事部門は、ドキュメントの自動化を利用して、コンプライアンスに準拠した雇用契約書や福利厚生パッケージを作成することができます。これにより、正確で一貫性のある文書が作成され、法的紛争から保護され、人事担当者は戦略的イニシアチブにより多くの時間を割くことができます。
  • 不動産:**競争の激しい不動産市場において、ドキュメント・オートメーションは、物件リスト、購入オファー、情報開示フォームを迅速に作成するために使用できます。これにより、エージェントは、書類作成プロセスにおけるエラーのリスクを軽減しながら、より迅速に取引を成立させることができます。

文書管理の未来

ドキュメントの自動化は、あらゆる規模の組織に、大幅な時間とコストの削減、正確性の向上、効率性の向上を約束します。

潜在的な影響を認識し、適切な戦略を実施し、Sankaのようなソフトウェアツールを活用することで、文書プロセスを強化し、貴重な時間を解放し、エラーを削減することができます。

あなたの組織は、ゲームを変えるこのテクノロジーの力を解き放つことができます。

ECビジネスを運営する、
もっと良い方法があります。

市場調査、商品・注文管理、顧客サービスまで。
全てのデータと業務を一元化。
一つのサブスクで。無制限のアカウント。

無料ではじめる

お気軽にご連絡ください。

無料製品トライアル・デモ
導入・運用サポート
費用見積もり
コンサルティング
データの移管支援
ソフトウェア開発