Sankaアカデミー

Eコマースマーケティングオートメーションの初心者ガイド

Pic

最終更新日: 2024年2月13日

序文

急速に進化するデジタルマーケットプレイスにおいて、マーケティングオートメーションは、あらゆる規模のEコマースビジネスにとってゲームチェンジングなツールとなっています。

マーケティングアクションを合理化し、最適化し、自動化することは、効率を大幅に向上させ、利益率を増加させることができます。

この初心者向けガイドでは、Eコマースにおけるマーケティングオートメーションの役割、その利点、効果的な実装方法、そしてAmazonのマーケティングオートメーションの成功事例について、すべて解説します。

Eコマースマーケティングオートメーションとは

Eコマースマーケティングオートメーションとは、専門のソフトウェアやテクノロジーを使用して、さまざまなマーケティングプロセスやタスクを自動化するプロセスです。

これには、Eメールキャンペーンの管理、ソーシャルメディアへの投稿、ウェブサイトのトラフィックの監視などのタスクが含まれる場合があります。

たとえば、顧客が注文をすると、システムが自動的に確認メールを送信するため、手動で送信する手間が省け、すぐにプロフェッショナルな対応が確保されます。

Eコマースのマーケティングオートメーションの利点

1. 効率の向上

速度と効率は、急速なEコマースの世界で成功するための重要な要素です。

マーケティングオートメーションプラットフォームを導入することで、効率を大幅に向上させ、他の重要なタスクに集中する時間を確保できます。

たとえば、手動で確認メールを送信するのは時間がかかります。代わりに、顧客が購入するたびに自動的にこれらのメールを送信するシステムを設定します。

これにより、時間が節約されるだけでなく、顧客がタイムリーに返信を受け取ることが保証されます。

2. スケールでのパーソナライゼーション

パーソナライゼーションは、成功したマーケティング戦略に欠かせない要素となっており、自動化によってスケールでのカスタマイズが可能になっています。

自動化システムは、顧客の行動や好みに基づいてコミュニケーションをパーソナライズできます。

これにより、顧客のエンゲージメント、ロイヤルティ、そして収益が大幅に向上する可能性があります。

たとえば、オンラインの衣料品店を運営しているとします。過去の購入に基づいて顧客に個別化されたメールを送信するために、マーケティングオートメーションソフトウェアを設定できます。

たとえば、顧客が最近ドレスを購入した場合、それに合わせたアクセサリーを紹介する自動化されたメールを送信するかもしれません。

SmarterHQの報告書によると、消費者の72%が、自分の興味に合わせたパーソナライズされたマーケティングメッセージのみに関与すると述べています。これは、カスタマイゼーションの重要性を示しています。

3. 顧客のエンゲージメントと維持の向上

マーケティングオートメーションは、顧客の旅の各段階で顧客に共鳴するターゲットされたパーソナライズされたコンテンツを提供することにより、顧客のエンゲージメントと維持を向上させることができます。

自動化ツールは、顧客が購入した後にフォローアップのメールを送信し、レビューを求めたり、他の製品を推奨したり、将来の購入のための割引コードを提供したりできます。

これにより、顧客のエクスペリエンスが向上し、顧客のエンゲージメントが高まり、ロイヤルティが構築されます。

Invespによると、新規顧客を獲得するコストは、既存の顧客を維持するコストの5倍であるため、顧客維持が重要です。

4. 追跡と分析の向上

マーケティングオートメーションは、タスクの実行だけでなく、マーケティングの取り組みを追跡し、結果を分析します。

どのメールが開封されているか、どのリンクがクリックされているか、どの製品が最も閲覧されているかなど、貴重な洞察を得ることができます。これにより、戦略を洗練させて最適なパフォーマンスを得ることができます。

たとえば、分析結果が火曜日の朝に送信されたメールのクリック率が高い一方、金曜日の午後に送信されたメールのクリック率が低いことを示している場合、火曜日の朝にメールを送信する回数を増やすことを決定するかもしれません。

5. シームレスなマルチチャネルマーケティング

マーケティングオートメーションにより、Eメールやウェブサイトからソーシャルメディアやオンライン広告まで、複数のチャネルを介して顧客とやり取りするシームレスなマルチチャネルマーケティングが可能になります。これにより、一貫した統合された顧客体験が確保されます。

ウェブサイトを訪れてショッピングカートを放置する潜在的な顧客を考えてみましょう。

自動化を利用すると、未完了の購入を思い出させるメールを送信できます。

彼らが反応しない場合、FacebookやGoogleでサーフィンしているときにパーソナライズされた広告を再ターゲットにすることができます。

マーケティングオートメーションの実施のベストプラクティス

Eコマースのマーケティングオートメーションは、反復的なタスクを効率化し、コミュニケーションを個別化し、顧客体験を向上させる強力なツールです。

しかし、効果的に活用するためには、実装のベストプラクティスを知っておく必要があります。

私たちは、Eコマース企業がマーケティングオートメーションの可能性を十分に活用するための戦略的なガイドラインを概説します。

1. ビジネスの目標を定義する

マーケティングオートメーションに取り組む前に、明確なビジネス目標を定義します。

コンバージョン率の向上、顧客ロイヤルティの向上、ウェブサイトへのトラフィック増加など、具体的な目標を持つことで、自動化戦略が整合し、ターゲットになります。

進捗状況を追跡するために測定可能な主要業績評価指標(KPI)を確立することを忘れないでください。

2. 適切なツールを選択する

無数の自動化ツールが利用可能ですが、ビジネスに最適なものを見つけることが重要です。

コミットする前に、自社のニーズ、予算、総合的なビジネス運営を評価してください。

ツールが既存のシステムとどのように統合されているか、ビジネスが成長するにつれて拡大できるかどうかも確認してください。

3. ターゲットオーディエンスをセグメント化する

異なる顧客には異なるニーズや嗜好があり、効果的なEコマースのマーケティングオートメーションには個別化が重要です。

購入履歴、ブラウジングの行動、人口統計データなどの基準に基づいて、自動化されたメッセージが調整され、関連性があり、魅力的になるように、ターゲットオーディエンスをセグメント化してください。

4. パーソナライズされたコンテンツを作成する

オーディエンスをセグメント化したら、次のステップはパーソナライズされたコンテンツを作成することです。

対象となるメール、ダイナミックなウェブサイトのコンテンツ、またはパーソナライズされた広告キャンペーンであっても、自動化されたが個別に作成されたコンテンツは、顧客エンゲージメントとコンバージョン率を大幅に向上させることができます。

5. ビヘイビアトリガーを活用する

ウェルカムメール、カートの放置のリマインダー、購入後のフォローアップなどのトリガーされたメールは、ユーザーの行動に基づいており、行動を促進するのに非常に効果的です。

ユーザーの行動に応答する自動化されたマーケティングの取り組みにより、タイムリーで関連性のあるパーソナライズされたコミュニケーションが保証されます。

6. テストと最適化

マーケティングオートメーションはA/Bテストの優れた機会を提供します。件名、メールの内容、コールトゥアクションボタン、または送信時など、自動化されたキャンペーンの異なる側面をテストしてください。

生成された洞察を使用して、戦略を最適化し、自動化取り組みの効果を向上させてください。

7. 人間のタッチを保つ

自動化の利点にもかかわらず、顧客との実際の関係を築くために人間の要素を維持することは重要です。

自動化されたメッセージでロボット的または非個人的に聞こえないようにしてください。自動化と個人的なタッチのバランスを取ることで、Eコマースビジネスをより関連性のあるもの、信頼できるものにすることができます。

8. 定期的なモニタリングと進捗の分析

定期的なモニタリングと分析により、自動化取り組みの効果を追跡することができます。

確立されたKPIをコンパスとして使用して、成功を測定し、改善すべき領域を特定してください。

マーケティングオートメーションの美しいところは、データを戦略に戻して、将来の決定に有益な洞察を提供することです。

成功事例:アマゾンのEコマースマーケティングオートメーションの習得

アマゾンは、Eコマースの世界的リーダーとして、マーケティングオートメーションの変革的な力の光る例です。

その潜在能力を的確に理解したアマゾンは、自社の運用だけでなく、Eコマース業界全体のペースを定めるためにも、自動化を活用して革命を起こしてきました。

私たちは、アマゾンの忘れがたいマーケティングオートメーションとその効果的な戦略を紹介します。

早期採用:自動化の力を認識する

アマゾンの驚異的な成功の鍵は、その早期の自動化の認識と採用に大きく帰属しています。

アマゾンは、急速に進化するデジタル世界では、従来の手動操作やセグメント化されたマーケティング手法では十分ではないと理解していました。

彼らは、自動化技術の力を活用して、膨大な顧客データを処理し、個別化された体験を提供する必要がありました。

パーソナライズされた推薦:顧客の嗜好を予測する

その優れた例の1つが、アマゾンのパーソナライズされた推薦システムです。

この機能は、顧客のブラウジングや購買行動を分析し、適切な製品提案を行うために、何百万もの他の顧客からのデータと比較されるアルゴリズムを使用しています。

言い換えれば、アマゾンで「この商品を購入した顧客はこんな商品も購入しました...」や「おすすめ商品」のセクションを見たことがあれば、この自動化技術を目にしています。

放棄されたカートのリマインダー:売上の回復

アマゾンはまた、放棄されたカートの問題に対処するために自動化を利用しています。これはあまりにもよくあるシナリオです:顧客がショッピングカートに商品を追加しますが、さまざまな理由で購入を完了せずに去ります。

アマゾンは、これらの顧客にタイムリーで説得力のあるメールリマインダーを送信し、彼らが戻ってトランザクションを完了するよう促します。

Baymard Instituteによると、オンラインショッピングカートの約70.19%が放棄されています

しかし、自動化されたリマインダーにより、ビジネスはこれらの売上の10~30%を回収できます。これは、アマゾンが大いに効果を上げている戦略です。

プライム会員資格:顧客維持の向上

アマゾンによる自動化のもう1つの革新的な利用法は、Prime Membershipプログラムのための顧客行動の分析です。

アマゾンは、顧客のショッピング習慣と過去の購入に基づいて、Primeに加入する可能性が高い顧客を特定するために自動化を使用しています。

これらの顧客は、Primeプログラムを宣伝する個別化されたマーケティングキャンペーンの対象にされます。

Amazon Web Services(AWS):舞台裏での自動化

最後に、しかし最も重要なことは、アマゾンの自動化の成果がそのEコマースプラットフォームに限定されていないということです。

Amazon Web Services(AWS)では、データの管理、アプリケーションの開発など、ビジネスがクラウドベースの自動化ツールのスイートを提供しています。

2022年にAWSはアマゾンの総売上高の約29%を貢献しました、これは自動化ソリューションを実装することの収益性を示しています。

結論

Eコマースのマーケティングオートメーションは強力なツールです。適切に実施されれば、売上を押し上げ、顧客維持を向上させ、貴重な時間を確保することができます。

日常業務の自動化に慣れてくると、顧客についての深い理解が得られ、ビジネスが成長し進化することができます。

テストと最適化、オーディエンスのセグメント化、最終的なビジネス目

標に焦点を当てることで、マーケティングオートメーションの力を利用することができます。

変化を受け入れ、Eコマースマーケティングオートメーションの力を活用し、ビジネスを変革する方法を見てください。

ECビジネスを運営する、
もっと良い方法があります。

市場調査、商品・注文管理、顧客サービスまで。
全てのデータと業務を一元化。
一つのサブスクで。無制限のアカウント。

無料ではじめる

お気軽にご連絡ください。

無料製品トライアル・デモ
導入・運用サポート
費用見積もり
コンサルティング
データの移管支援
ソフトウェア開発