Sanka Academy

顧客サービスのための生成型AI

Pic

最終更新日: 2023年8月23日

はじめに

顧客サービス業界は、生成型人工知能(AI)などの新しいテクノロジーの影響を受け、急速に進化しています。生成型AIは、既存のデータを分析するだけでなく、新しいコンテンツを生成できる機械学習モデルを指します。

このタイプのAIは、反復的なタスクの自動化、顧客への即時応答、そしてパーソナライズされたサービスの提供によって、顧客サービスを変革する可能性を秘めています。

生成型AIによるチャットボット

顧客サービスでの生成型AIの最も一般的な応用の一つは、チャットボットです。チャットボットは、テキストや音声を通じて顧客とコミュニケーションできる自動化プログラムです。

生成型AIは、これらのボットを次のレベルに引き上げ、コンテキストを理解し、本格的な会話を維持し、その場で人間のような応答を生成できるようにします。

生成型AIにより、チャットボットは事前にプログラムされたスクリプトに限定されなくなります。彼らは人間の会話の膨大なデータセットで訓練された機械学習モデルに基づいて、顧客に動的に応答できるようになります。

これにより、対話がより自然でパーソナライズされたものになります。ボットは顧客の要求を理解できない場合、明確な質問をすることができたり、過去の会話に基づいて提案を行うことができます。

シンプルな顧客の問い合わせに対して、生成型AIのチャットボットは、人間のエージェントに転送する必要なく、即座の解決策を提供できます。

これにより効率が向上し、人間のエージェントはより複雑な課題に対処することに集中できるようになります。AIは口座残高の確認、住所の更新、パスワードのリセットなどの自動化可能なタスクを処理できます。

即時応答での24/7利用可能性

AIによって動かされるチャットボットのもう一つの大きな利点は、顧客が24/7利用できることです。人間のエージェントは労働時間に制限がありますが、チャットボットは決して眠りません。

彼らはいつでも即座に顧客に応答することができます。

この常時利用可能性は、24時間体制で問い合わせを受けるグローバルビジネスにとって重要です。顧客は今日、迅速で便利なサービスを期待しています。生成型AIのチャットボットは、待ち時間をなくすことによって、これらの即時要求に応えます。

顧客が深夜に質問のメールを送信した場合、回答を待つ必要はありません。AIは数秒以内に返信することができます。

このリアルタイムの対応は、顧客満足度とロイヤルティの両方を向上させます。迅速な解決策により、未処理の問題に何度も繰り返し追跡する必要がなくなり、生産性が向上します。

ハイパーターゲットな推薦

生成型AIのチャットボットは、顧客との対話中にデータを収集し、パーソナライズされた推薦を提供するために活用できます。

顧客の履歴や購買パターンにアクセスできるため、ボットは個々の顧客に合わせた提案を行うことができます。

たとえば、リピートの顧客がギフトを選ぶのを手伝うために小売りのチャットボットに連絡した場合、ボットは顧客の過去の購入履歴や閲覧履歴を活用して関連するオプションを推薦することができます。

また、顧客サービスの問い合わせの場合、ボットは特定の顧客の以前の問題と解決策を参照して応答を生成することができます。

このハイパーターゲットなサ

ービスは、以前の世代のチャットボットでは不可能でした。生成型AIはコンテキスト内のデータを分析して顧客の好みやニーズを推測します。

この技術はまだ新興ですが、将来的にはチャットボットが人間のエージェントと同等の個別化されたサービスを提供することが期待されています。

煩わしい作業の自動化

チャットボットを介した一次顧客サービスに加えて、生成型AIは内部の顧客サービスプロセスも自動化して効率を向上させることができます。

サポートチケットのレビューや問題の文書化、顧客記録の更新、レポートの準備などの煩わしいタスクをAIシステムに引き継ぐことができます。

生成型AIは、チケットと文書をレビューして瞬時に問題を分類することができます。エージェントが洗練させるための下書きの解決要約を生成することもできます。

レポートの場合、ボットは最新の顧客データを取得し、トレンドを特定し、初期のレポートテンプレートを作成できます。これにより、人間のチームは繰り返し作業をオフロードし、高付加価値の活動に集中できるようになります。

この技術は人間の専門知識を完全に置き換えることはできませんが、生成型AIは今後の10年間で繰り返しの顧客サービスワークフローの一部を引き受けるでしょう。

これにより、複雑な顧客の問題に対して人間のアプローチを保ちつつ、生産性が向上します。

リアルタイムでの顧客の感情モニタリング

生成型AIツールは、企業が顧客の感情や体験に対する脈拍を保つのに役立ちます。強力な自然言語処理の能力により、ボットはリアルタイムでチャンネル全体での顧客の対話を聞くことができます。

これには、サポートのトランスクリプトの分析、レビューサイト、ソーシャルメディア、チャットフォーラムのディスカッションなどが含まれます。

ボットはテーマを特定し、すべてを手動で読んだり聞いたりする必要がありません。例えば、どの製品の機能が最も苦情や話題を引き起こすかを追跡することができます。

チームは痛点に積極的に対応したり、興奮を利用したりすることができます。同様に、ブランドは顧客に共感する内容を理解することで、マーケティングをより適切に調整できます。生成型AIは常にオンのフォーカスグループとして機能し、戦略を実際の顧客の声に結びつけます。

生成型AIのリスクと課題

生成型AIが多くの機会を提供する一方で、顧客サービスへの実装にはリスクと課題も伴います。

最も重要な懸念事項はデータのプライバシーとセキュリティです。この技術は顧客データを収集することに依存しているため、企業は収集および保存されるデータについて透明性を持つ必要があります。漏洩や誤用を防ぐために厳格なアクセス制御が必要です。

精度も課題です。生成型AIは高度である一方、適切に多様で偏りのないデータセットでトレーニングされていない場合、誤りや攻撃的なコンテンツを生成することがあります。応答が品質基準を満たすことを確認するためには、広範なテストが必要です。また、顧客に影響を及ぼす前に問題を発見するために人間の監督が必要です。

最後に、一部の人々は、生成型AIが人々を偽装したり、大規模な詐欺コンテンツを作成するために悪用される可能性があると懸念しています。技術は強

力ですが、まだ真の推論を行ったり人間の意図を理解したりすることはありません。AIの倫理と規制の進歩が悪用を防ぐために重要です。

これらの妥当な懸念にもかかわらず、先進的な企業は生成型AIが今後数年で顧客サービスの一環となると予想しています。適切な実装と保護策により、迅速でパーソナライズされたサポートを通じて顧客体験を革命化する潜在能力があります。

結論

生成型AIは、顧客サービスの興奮する進化を象徴しています。人間のような会話を維持し、データを総合して推薦を行い、一日中いつでも迅速に応答する能力は、顧客の期待を変えるでしょう。

課題は残りますが、生成型AIは採用が加速するにつれ、顧客満足度、ロイヤルティ、ビジネスの成長の主要な要因になる可能性が高いでしょう。綿密な実装とセーフガードを活用する企業は、競争上の優位性を得ると同時に、将来的には創造的でカスタマイズされたサービスを規模で提供できるでしょう。

人間のチームを補完するAIの可能性により、自動化と個別化の融合によるサポートの革命が広がっています。

ECビジネスを運営する、
もっと良い方法があります。

マーケティングから顧客サービスまで。
全てのデータと業務を一元化。
一つのサブスクで。無制限のアカウント。

無料ではじめる

お気軽にご連絡ください。

無料製品トライアル・デモ
導入・運用サポート
費用見積もり
要件定義、ツール選定支援
データの移管支援
開発・コンサルティング