Sankaアカデミー

ハイパーオートメーション解説: ハイパーオートメーションとは何か、そしてなぜ企業がハイパーオートメーションを必要とするのか

Pic

最終更新日: 2023年5月19日

この記事で得られるもの

  • ハイパーオートメーションの定義を知る
  • ハイパーオートメーションがもたらすビジネス上のメリットを知る
  • ハイパオートメーションの始め方を理解する

はじめに

あなたの組織は、デジタルトランスフォーメーションの急速なペースに追いつくのに苦労していますか?あなただけではありません。

幸いなことに、ハイパーオートメーションという解決策があるのです。

ハイパーオートメーションとは何か、そしてそれがあなたのビジネスにどのような利益をもたらすのか。この記事では、組織がこのテクノロジーに注目する理由と、それを始める方法について詳しく見ていきます。

ハイパーオートメーションは、人工知能(AI)、ロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)、機械学習(ML)、プロセス・マイニングなど、複数の技術を組み合わせたものです。

この組み合わせは、自動化をまったく新しいレベルに引き上げ、組織が業務を合理化し、時間とコストを削減することを可能にします。

ハイパーオートメーションは、企業が自動化が最も有益となる領域を特定し、平凡なタスクに関連する手作業を削減するのに役立ちます。

さらに、ハイパーオートメーションは、反復的なプロセスにおける手作業の必要性を排除し、企業がより戦略的な取り組みに集中することを可能にします。

ハイパーオートメーションとは?

ビジネスにおける最新の流行語は「ハイパーオートメーション」です。

簡単に言うと、インテリジェントな自動化ツールを使って、タスクやプロセスをこれまでよりも速く、正確に自動化することです。

自動化されたプロセスフロー、AI(人工知能)、ML(機械学習)を組み合わせることで、自動化を次のレベルに引き上げることができるのです。

ハイパーオートメーションが強力なのは、日々の業務の効率と精度を劇的に向上させることができるからです。

繰り返し行われるプロセスを自動化することで、労働力を解放し、より価値の高い業務に集中させることができます。

人為的なミスをなくし、より早く、より費用対効果の高い業務の拡張を可能にします。

顧客サービス提供の最適化から人事プロセスの合理化まで、あらゆる形や規模の企業が、俊敏性と効率性を高めるためにハイパーオートメーションに目を向けています。

つまり、急速に変化する世界で競争に打ち勝つためには、ハイパーオートメーションは必須なのです。

なぜハイパーオートメーションがビジネスの未来につながるのか

ハイパーオートメーションは、効率を最適化し、収益を向上させようとする企業にとって、急速にGo-to-Market戦略になりつつあります。

オートメーション技術の力を活用することで、企業は様々な手動タスクを自動化し、他の場所で使用できる貴重な時間とリソースを解放することができます。

以下は、企業がハイパーオートメーションを必要とする主な理由のほんの一部です:

  • コスト削減: **オートメーション・テクノロジーは、手作業や反復作業の必要性を排除することで、企業の人件費削減に貢献します。

これらのプロセスを自動化することで、企業はコストを削減し、その分を他の業務に再投資することができます。

  • 効率性の向上: **ハイパーオートメーションは、通常であれば多大な時間を要する複雑なプロセスを自動化し、効率性を向上させることが可能です。

自動化されたプロセスを活用することで、企業は製品開発サイクルを早め、より迅速な意思決定を行うことができます。

  • 顧客体験の向上: **ハイパーオートメーションは、顧客サービスの問い合わせや注文処理などの面倒な作業を自動化することで、より良い顧客体験を提供することを可能にします。

このレベルの自動化により、企業はより迅速な対応と、よりパーソナライズされた体験を提供することができます。

ハイパーオートメーションの構成要素: RPA、AI、その他

ハイパーオートメーションに取り組みたいが、何から始めたらいいのかわからないという方はいませんか?それなら、これ以上考える必要はありません!

ハイパーオートメーションは、ロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)、人工知能(AI)など、いくつかの主要なビルディング・ブロックによって支えられています。

ここでは、これらの技術がどのようなもので、なぜハイパーオートメーションに不可欠なのか、詳しく見ていきましょう。

ロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)

ロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)は、ソフトウェア「ボット」またはロボットを使用して人間の行動を複製することです。

つまり、繰り返し行われる作業を自動化することで、従業員の時間を確保し、より価値の高い業務に集中することができます。

また、RPAは、手動入力が必要なプロセスの正確性を確保し、人間の関与によるミスを削減します。

人工知能(AI)

人工知能(AI)は、アルゴリズムを使用して、データセットのパターンを検出し、より良く使用する方法を決定します。

AIは、大量のデータを迅速に分析し、意思決定を支援し、より効率的にプロセスを最適化し、特定の決定やタスクの結果を予測することもできるため、ハイパーオートメーションプロジェクトで多く使用されています。

機械学習

機械学習(ML)は、アルゴリズムを使用するためAIと似ていますが、MLは自身の経験から学習するため、時間をかけてプロセスを洗練させることでさらに一歩進んでいます。

MLは、機械があるタスクの仕組みを学び、それに従って意思決定を行うことを可能にします。ただし、人間の監督を受けながら、データに基づく洞察によって、時間の経過とともに意思決定能力を進化させることができます。

これらの構成要素は、ハイパーオートメーション・プロジェクトを成功させるために不可欠なものであり、企業は以下のことを実現できるようになります。

ハイパーオートメーションはあなたのビジネスをどう変えるか?

では、ハイパーオートメーションは、どのようにあなたのビジネスを変えることができるのでしょうか?まず第一に、より効率的で合理的なワークフローを構築することができます。

あなたの従業員の時間の多くを取る平凡な、反復的なタスクを自動化することは、彼らがより重要な、創造的なタスクに集中する機会を与える。

また、データ入力などの面倒なプロセスを自動化することで、ヒューマンエラーを減らし、他のことにリソースを割くことができるようになります。

さらに、ハイパーオートメーションは、ビジネスリーダーがより良い意思決定をするために必要なリアルタイムのインサイトを提供することで、意思決定を加速させます。

機械学習技術を活用することで、データ分析プラットフォームは大量のデータを取り込み、数秒で実用的なインサイトを作成することができます。

最後に、ハイパーオートメーションは、顧客からの問い合わせに迅速に対応し、顧客サービスプロセスを自動化し、顧客が期待するパーソナライズされたサービスを提供することで、顧客体験を向上させることができます。

また、このような自動化により、企業は注文を迅速に処理し、商品をより早く届けることができ、同時に顧客からの貴重なフィードバックを収集し、サービスのさらなる最適化に役立てることができるため、業務効率の改善にもつながります。

ハイパーオートメーションを始めるにあたって: はじめの一歩

です。

あなたの組織でハイパーオートメーションのプロセスを開始することを決定することは、エキサイティングで重要なことです。想像してみてください:生産性の向上、コスト削減、効率化、そして信頼性。しかし、何から始めればいいのでしょうか?

基本的なことから始める

大きなプロジェクトや投資に踏み切る前に、現在の自動化の取り組みを把握し、さらに自動化することでメリットがあるプロセスを特定する必要があります。

これらを確認した上で、段階的に実施可能な行動計画を立案します。

すぐにすべてに投資する必要はなく、まずは小さなことから自動化を進め、徐々にステップアップしていきましょう。

優先順位をつける

自動化の目標は、ハイパーオートメーションに最も適した分野、つまり、時間と費用の面で最も高い投資効果をもたらすプロジェクトを見つけることです。

そのうえで、早急な対応が必要な活動や、非常に複雑な活動(カスタマー・エクスペリエンス・イニシアチブなど)に優先順位を付けましょう。

データの安全性

ハイパーオートメーションの成功には、信頼できるデータセットに安全にアクセスすることが非常に重要です。

必要に応じてすべての部門が一緒に使える中央データリポジトリがあれば、努力の調整とプロセスの実行の合理化に役立ちます。

ハイパーオートメーションは、最初は大変な作業に思えるかもしれませんが、段階的なアプローチをとり、部門内および組織全体のコアビジネスタスク間の関係に注目することで、より達成しやすくなり、関係者全員のビジネスオペレーションを改善することができます!

ハイパーオートメーションの成功事例とケーススタディ

世界中の企業がハイパーオートメーションを導入し、業務の効率化とコスト削減を図っていることはご存知かと思います。

しかし、あなたは、この技術ができるだけでどのように効果的であることを証明するサクセスストーリーやケーススタディがそこにあるのどのような種類を疑問に思うかもしれません。

そこで、近年注目されているハイパーオートメーションの成功事例をいくつかご紹介します:

ゼネラルモーターズ(GM)

2019年、ゼネラルモーターズ(GM)はハイパーオートメーションを使って、構造化データ、非構造化データ、半構造化データなど、さまざまなタイプの複数のソースからデータを自動化しました。

その結果、複雑な車両モデルの組み立てに必要な手作業を削減するとともに、最大30%の大規模なコスト削減を実現しました。

キャピタル・ワン・バンク

Capital One Bankは、2020年にハイパーオートメーションを使って、文書処理と分析のニーズを自動化しました。

これにより、同銀行は数百万件の文書をこれまで以上に迅速に分析できるようになり、意思決定の迅速化と顧客サービスの向上につながりました。

国立大学法人システム

国立大学システムは2020年にハイパーオートメーションを導入し、大学システムのオンラインコンテンツライブラリーが、関連するウェブサイトをクロールしてコンテンツを探し、キーワードやトピックに応じてコンテンツを分類することで自己管理することを可能にしました。

これにより、コンテンツをカテゴリーに分類するために手作業で費やしていた数千時間を節約することができました。

これらはほんの一例に過ぎず、ハイパーオートメーションの活用は、あなたのビジネスのニーズに合わせて無限の可能性を秘めています!

結論

ハイパーオートメーションは、デジタル化が進む世界で効率を高め、競争力を維持しようと努力する企業にとって、急速に当たり前になりつつあります。

ロボティクス・プロセス・オートメーション(RPA)とAIの力を活用することで、企業はこれまで以上に自動化できるようになりました。

ハイパーオートメーションで成功するための真の鍵は、適切な導入です。

"正しく適用すれば、インテリジェントオートメーションは企業も自動運転にできる"

企業は、自動化できるプロセスやタスク、そしてこれらの目標を達成するために必要なテクノロジーを明確に理解する必要があります。

さらに、不測の事態を想定し、ダイナミックで変化し続けるビジネス環境に適応できるテクノロジーを確保することも重要です。

ハイパーオートメーションは、これからも続く。適切なテクノロジーに投資し、導入のための適切な計画を立てる企業は、効率性の向上と顧客サービスの改善という報酬を得ることができる。

ECビジネスを運営する、
もっと良い方法があります。

市場調査、商品・注文管理、顧客サービスまで。
全てのデータと業務を一元化。
一つのサブスクで。無制限のアカウント。

無料ではじめる

お気軽にご連絡ください。

無料製品トライアル・デモ
導入・運用サポート
費用見積もり
コンサルティング
データの移管支援
ソフトウェア開発