Sankaアカデミー

ワークスペースの効率を向上させる:オフィス不動産コストを下げる10の方法

Pic

最終更新日: 2024年2月1日

はじめに

オフィス不動産コストは、ビジネスの諸経費のかなりの部分を占めています。

これには伝統的には賃料や住宅ローンの支払い、公共料金、オフィス用品、および保守などが含まれ、これらの費用は収益を大幅に減少させる可能性があります。

それでは、これらのコストを戦略的に削減する方法は、運用に悪影響を与えることなく実現することができるでしょうか。

このブログでは、オフィス不動産コストを削減し、全体の効率を向上させるための10の異なる戦略を検証し、経済的で生産的なワークスペースを育むことに焦点を当てます。

オフィス不動産コスト削減の重要性

オフィス不動産コストは、特に高コストの地理的な場所で事業を展開している企業にとって、企業のリソースを大幅に減少させる要因となり得ます。

このようなコストの削減を強調することは、新興のスタートアップであろうと、すでに確立された大企業であろうと、あらゆる規模のビジネスにとって重要です。その理由は以下の通りです。

#1 財務の健全性と成長のポテンシャル

まず第一に、オフィス不動産コストの削減は企業の収益に直接影響します。

達成されたコスト削減は、財務の健全性を大幅に向上させ、利益を増加させることにつながります。

以前はオフィスコストに拘束されていた資金が解放されることで、企業は研究開発、マーケティング、人材の獲得などの成長を促進するための追加リソースを得ることができます。

#2 競争上の優位性

多くの産業では、経費を低く抑えることができる企業が競争上の優位性を持ちます。

業界の競合他社がオフィス不動産コストに多額の資金を投じている一方で、貴社がこれらの費用を効果的に削減できれば、企業は戦略的な投資により多くのリソースを有することになります。

これはより競争力のある製品価格、革新的な製品革新、または優れた顧客サービスにつながります。これらは市場で貴社の支配権を確立するのに役立つ要因です。

#3 ビジネスの持続可能性

持続可能なビジネスプラクティスと環境への責任を果たす必要性が高まる中で、不動産コストの削減はエコフレンドリーな取り組みと調和します。

エネルギー消費の削減、紙の使用の減少、およびスペースの最適化の取り組みは、単に費用を節約するだけでなく、より環境に配慮したものとなります。

したがって、オフィス不動産コストの節約は、ビジネスが企業の社会的責任を果たし、持続可能性に関する目標を達成し、強固な持続可能性の評判を築くのに役立ちます。

#4 生産性の向上

信じられないかもしれませんが、オフィス不動産コストの削減は生産性の向上につながることさえあります。

ある調査によれば、リモートワーカーの77%が自宅から仕事をするとより生産的だと感じているとのことです。

リモートワークポリシーやモダンで最適化されたワークスペースは、より幸福な従業員と効率の向上をもたらす可能性があります。

Twitterのような企業では、従業員が「ずっと」自宅で仕事をすることを許可することで、より高い生産性、低い離職率、向上した従業員満足度が見られました。

実際、オフィスのコスト削減は、よりダイナミックで熱心で生産的な労働力の道を開くかもしれません。

#5 大きな適応力

現在のトレンドや最近の経験(例: Covid-19 パンデミック)から、

ビジネスの適応力が生存に不可欠であることが示唆されています。

重いオフィス不動産コストに苦しむことのない企業は、予測できない状況に迅速に適応する柔軟性を持っています。

これらのコストの負担を軽減することで、企業は迅速に市場の変化に適応し、デジタル化を受け入れたり、ビジネスモデルを変更したりして、常に変動する市場での長期的な有効性を確保できます。

オフィス不動産コストを削減し、効率を向上させる10の方法

戦略1: リモートワーク

リモートワークを取り入れることは、多くのオフィス経費を回避するための優れた戦略です。

リモートワークの利点は、Covid-19 パンデミック中に顕著になりました。

在宅勤務ポリシーはオフィスの賃料や公共料金のコストを節約し、従業員に柔軟性と向上したワークライフバランスを提供します。

Slack や Zoom などのデジタルコミュニケーションツールを活用することで、チームは物理オフィスなしで連携し、生産性を維持できます。

例えば、GitLab社は100%リモートワークの採用により通勤、出張、公共料金、さらには食事に関するコストを大幅に削減しています。

戦略2: コワーキングスペース

コワーキングスペースは、複数の企業が同じワークスペースを共有する賃貸モデルを表しています。

これらのスペースは、別々のオフィスを維持する必要なしに、会議室、印刷サービス、キッチン設備へのアクセスを含む、プロフェッショナルな作業環境を提供します。

統計によれば、コワーキングスペースは急激に増加し、2022年までに500万人を収容すると予測されています。

これらの節約は、賃貸料、公共料金からオフィス用品までのすべてを共有することから生じます。

フリーランサーやスタートアップ、さらには大企業も柔軟なワークスペース、ネットワーキングの機会、共有経費によるコスト削減の恩恵を受けることができます。

戦略3: エネルギーコンサベーション

オフィススペースはしばしば莫大なエネルギーを消費し、その管理には相当なコストがかかります。

LED照明への切り替え、省エネ機器への投資、スマートエネルギー管理システムの利用など、エネルギー効率の戦略を導入することで、大幅なコスト削減が可能です。

Energy Starプログラムによれば、商業ビルが省エネ慣行に切り替えることで、コストを最大35%節約できます。

戦略4: サブリース

ビジネスの敷地が必要以上に大きい場合は、未使用のスペースをサブリースしてみてはいかがでしょうか?

未使用のオフィススペースをサブリースすることは、必要以上のオフィススペースを持つ企業にとって有益な解決策です。

このアプローチにより、他の個人やビジネスと共有して諸経費を削減し、月々の賃料費用を軽減できます。

サブリースの成功事例として挙げられるのは

Knotelという柔軟なワークスペースプロバイダーです。彼らはオフィススペースをカスタマイズし、他のビジネスにサブリースしています。

戦略5: セール・リースバック

セール・リースバックは、企業が所有する不動産を売却し、それを買い手からリースバックする取引のことを指します。

企業は不動産資産を別の当事者に売却し、同じ場所に留まりながら資本を解放できます。

2014年、小売業者のJCPenneyはセール・リースバック取引を完了しました。これにより、彼らはホームオフィススペースの306,000平方フィートをリースバックし、3億5300万ドルの現金を調達しました。

戦略6: スペースの最適化

既存のオフィススペースの利用方法を見直すことは、大きなコスト削減につながる可能性があります。

柔軟なワークスペースデザイン、多目的な家具、またはより小さな(しかし最適化された)オフィスへの縮小を検討してみてください。

例えば、Facebookの43万平方フィートのオープンスペースオフィスは、オープンフロアの概念によって、ワークスペースを最大限に活用することでコストを削減しています。

現代的で柔軟なオフィスデザインと多目的な家具を活用して、スペースの効率的な利用を最大限に引き出すことで、賃料を削減し、従業員の生産性を向上させることができます。

戦略7: 移転

コスト効果の高い場所や税制優遇措置のある地域に移転することで、コストを大幅に削減できます。

オフィスをコスト効果の高い市場に移すことで、物件コストを劇的に削減できます。

ビジネスは、より安価な賃料、低税金、または移転に対する政府のインセンティブがある地域を探索することができます。

戦略8: リースの再交渉

リース期間が終了する際には、不動産オーナーとのより有利な条件で再交渉を検討してみてください。

賃料の引き下げ、無料の賃貸期間などの追加インセンティブ、建物およびインフラの改善を要請してください。

リース条件の交渉は、大きな節約につながる可能性があります。リースを更新する際、ビジネスはより有利な条件を交渉できます。

戦略9: 出張の削減

技術の進歩とデジタルコミュニケーションツールのおかげで、出張を削減または廃止することは以前よりも実現可能です。

ZoomやSkypeなどの技術を利用することで、会議はリモートで開催され、移動費用がかかりません。

この変化により、輸送や宿泊費用の節約だけでなく、生産性とワークライフバランスも向上します。

戦略10: ペーパーレス

ペーパーレスオフィスへの移行は、印刷および保管コストを最小限に抑え、効率を向上させます。

ペーパーレスオフィスは、印刷、保管、廃棄コストを削減し、環境にも利益をもたらします。

DocuSignのような電子署名サービスは文書のワークフローを合理化し、Google Driveのようなクラウドストレージソリューションは安全で容易にアクセス可能なデータストレージを提供します。

The World Countsによれば、紙の使用を減らすことで0.9メトリックトンあたり24本の木を節約できます。

結論

まとめると、経済的なワークスペースの実現は創造性を駆り立て、生産性を向上させ、収益性を向上させる爽快な演習です。

リモートワークの推進からペーパーレスオフィスへの移行まで、これら10の戦略はオフィス不動産コストを削減するだけでなく、運用効率を向上させるための道標を提供します。

各戦略がすべての組織に適用可能または有益であるわけではありませんが、貴社の構造と文化に最も適合するものを特定し、実装することで、単なるコスト効果があるだけでなく、長期的な事業成長と持続可能性を促進するワークスペースを構築できます。

今日、大胆な一歩を踏み出して、ビジネスのボトムラインを強化し、より明るく効率的な未来への道を切り拓いてください。

覚えておいてください、コスト管理への積極的なアプローチは持続可能な成功を促進する上で利益をもたらします。

無料ではじめる

お気軽にご連絡ください。

無料製品トライアル・デモ
導入・運用サポート
費用見積もり
コンサルティング
データの移管支援
ソフトウェア開発