Sanka Academy

金融・保険会社向けRPA

Pic

最終更新日: 2023年9月8日

目次:

はじめに

オートメーションが仕事の未来であることはご存じだと思いますが、ご自身の業界に具体的にどのように適用されるのか疑問に思われるかもしれません。

もしあなたが金融や保険業界で働いているのであれば、ロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)はあなたの新しい親友になることでしょう。

RPAは、データ入力や請求書処理のような大量かつ反復的な作業を、人間よりもはるかに迅速かつ正確に処理するソフトウェアボットです。

**RPAは、財務や保険における大量の手作業を代行し、従業員をより戦略的で価値の高い責任に集中させることができます。

本記事では、RPAが金融・保険会社をどのように変革しつつあるのかをご紹介します。

本稿では、RPAが金融・保険業にどのような変革をもたらすのか、RPAが金融・保険業にどのようなメリットをもたらすのか、RPAを導入することでどのような効果が得られるのかについてご紹介します。

仕事の未来はここにあり、ボットを受け入れる時です。

RPAは金融・保険会社に革命を起こす準備が整っています。

ロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)とは?

では、ロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)とは一体何なのだろうか。簡単に言えば、RPAはソフトウェア・ボットを使って、ルールに基づいた反復作業を自動化するものだ。

これらのソフトウェア・ロボットは、アプリケーションを開いたり、データを入力したり、数値を計算したり、レポートを生成したりすることができる。RPAの詳細については、この記事をお読みください。

金融・保険業界にとって、RPAは大きな可能性を秘めている。

保険金請求の処理、保険契約の引き受け、口座の照合、顧客サービスの問い合わせ対応などは、RPAに最適だ。

幅広い業務やプロセスを自動化する強力なツールであり、最終的にはコスト削減、効率性の向上、ミスの減少、顧客サービスの強化につながる。

RPAは金融や保険を変革するかもしれないが、安心してほしい--RPAは人間の労働力を補強するためのものであり、取って代わるものではない。

RPAは人間の労働力を補強するものであり、それに取って代わるものではない。 未来の仕事は、人間とボットが一緒に働くことだ。

RPAが財務・経理プロセスをいかに効率化するか

金融向けRPAや保険会社にとって、反復的で平凡な作業の自動化は大きなメリットの1つだ。

RPAボットは、データ入力、請求書処理、顧客オンボーディングなど、多くの定型プロセスを処理できる。

RPAが得意とする分野の1つに 買掛金がある。システムにログインし、請求書データを抽出し、請求書と発注書や領収書を照合し、割引を計算し、支払いを予定することができる。

これにより、請求書ごとに必要な手作業によるデータ入力や検証が不要になる。

RPAはまた、口座照合を簡素化する。銀行ポータルにログインし、取引明細をダウンロードし、会計記録と取引を照合することができます。

不一致があれば、レビューのためにフラグが立てられます。これにより、勘定科目の照合がより迅速かつ正確になります。

レポーティングもRPAが改善するプロセスだ。様々なシステムからデータを取得し、オンデマンドでレポートを作成することができる。

RPAはレポートを自動的に実行するようスケジューリングし、適切な関係者に配布することもできる。

リアルタイムのレポーティングにより、経営陣は主要な指標に関する洞察を得ることができる。

RPAが定型業務を処理することで、スタッフは分析、最適化、戦略的イニシアチブといった価値の高い業務に集中することができる。

人とロボットが一緒になって、財務・会計の未来を形作ろうとしている。

RPAが保険引受と保険金請求プロセスをどのように処理するか

RPAは、保険引受や保険金請求処理の大幅な改善を可能にしている。

反復的な手作業を自動化することで、従業員はより複雑な判断に基づく業務に集中することができます。

アンダーライティング

RPAは、以下のような多くの定型業務でアンダーライターを支援することができます:

  • 社内外のソースからデータを収集し、申込フォームに事前に入力する。これにより、申込書の処理に必要な時間が短縮され、手入力によるエラーが減少する。
  • 設定されたルールとアルゴリズムに基づいてリスクと保険料を計算する。RPAは、すべての保険契約において一貫したガイドラインの適用を保証します。
  • 契約書類、更新通知、ウェルカムパケットなどの通信文書を作成します。RPAは、テンプレートを使用してカスタマイズされた文書を自動的に作成します。
  • 保険契約のコンプライアンスをモニタリングする。RPAは、アンダーライターがフォローアップできるよう、見直しが必要な保険契約にフラグを立てることができます。

クレーム処理

保険金請求においても、RPAは大きなメリットを提供する:

  • 保険金請求書、診断書、請求書などの書類からデータを抽出して新規保険金を登録し、処理ワークフローを開始する。これにより、クレーム処理が迅速に開始され、手作業によるデータ入力が削減される。
  • 作業開始前に、保険契約の詳細と保険金請求を照合し、保険金請求がカバーされていることを確認します。RPAは、クレームの詳細が保険契約の仕様と一致していることをダブルチェックします。
  • 保険契約条件と限度額に従って保険金を計算します。RPAは保険金計算ルールを正確かつ客観的に適用します。
  • 保険金受領の確認、追加情報の請求、給付説明書、和解の連絡など、保険金請求に関する標準的な通信文を作成します。

RPAにより、クレーム担当者は疑わしいクレームの調査や複雑なクレームの管理、保険契約者への個別サポートにより多くの時間を割くことができる。

金融・保険業界におけるRPAのメリット

デジタルトランスフォーメーションが進む中、金融・保険業界では業務の効率化や顧客サービスの向上を目的としたRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)の導入が進んでいる。

ここでは、これらの分野におけるRPAのメリットを、具体的なユースケースとともに紹介する。

1. コスト効率化

ユースケース(金融) 取引の自動化

RPAは煩雑な業務を自動化することで、業務コストの削減を支援します。金融業界では、データベースの更新や取引処理などの業務をRPAで効率的に処理することで、手作業による人件費を削減し、より戦略的な業務にリソースを割くことができます。

ユースケース(保険) データ入力の自動化

保険業界において、RPAはデータ入力という単調なプロセスをスピードアップし、運用コストの削減、人的ミスの削減、リソースの最適化を実現します。

2. 精度の向上

ユースケース(金融) ミスのない給与計算処理

数字や計算を伴う財務業務には正確さが求められる。RPAは給与計算を自動化することで、計算ミスを最小限に抑え、常に正確で一貫性のある結果を提供します。

活用事例(保険) 正確な保険金請求処理

RPAの確実な実行により、保険金請求処理の精度が大幅に向上します。自動化されたチェックにより、すべての請求データが正確であることが保証され、より迅速な処理と決済が実現します。

3. スピードの向上

ユースケース(財務) 銀行照合の迅速化

RPAは銀行照合を自動化し、トランザクションを効率的にマッチングさせ、不一致を迅速に特定することで、通常手作業に伴う時間と労力を大幅に削減します。

ユースケース(保険) 効率的な保険証券発行

RPAは、顧客データの確認、リスク評価、保険証券の迅速かつ正確な発行により、手間のかかる保険証券発行プロセスを加速することができます。

4. コンプライアンスの強化

ユースケース(金融) 取引記録の管理

金融機関はRPAを活用して包括的な取引記録を管理することで、規制基準へのコンプライアンスを確保し、監査を簡単かつ苦痛なく行うことができます。

ユースケース(保険) 規制の遵守

RPAを活用することで、保険会社はすべての取引記録を正確に管理し、透明性と監査可能性を促進することで、刻々と変化する規制を遵守することができます。

5. 顧客サービスの向上

ユースケース(金融) 迅速なローン処理

RPAを活用することで、書類の収集や確認作業を自動化できるため、融資処理時間を大幅に短縮でき、効率化と顧客満足度の向上を実現できる。

活用事例(保険) 顧客オンボーディングの強化

RPAは、データ収集を自動化し、処理時間を短縮し、新規顧客にとってポジティブな体験を保証することで、保険分野における顧客オンボーディングのプロセスを合理化することができます。

6. スケーラビリティ

ユースケース(金融) 取引量の変動への対応

RPAを利用することで、金融企業は通常業務に支障をきたすことなく、税務シーズンなどの取引量の多いピーク時に対応するための業務拡張を容易に行うことができます。

ユースケース(保険) 保険金請求処理の拡張

保険会社は、RPAボットを使用することで、通常業務に影響を与えることなく、自然災害後などの需要が高い時期に増加する保険金請求処理を管理することができます。

7. 柔軟性

ユースケース(金融) レガシーシステムの合理化

RPAはレガシーシステムと連携して業務を自動化できるため、ビジネスや市場環境の変化に柔軟に対応できる。

ユースケース(保険) CRMシステムとの連携

保険会社は、RPAを活用することで、様々な顧客接点の情報を一元化し、CRMシステムとRPAソフトウェアのシームレスな連携を実現することで、顧客サービスの向上を図ることができる。

8. リスク軽減

ユースケース(金融) 不正検知

取引監視や不正検知を自動化することで、不審な行為を迅速に特定・対処し、金融分野におけるリスク軽減に貢献します。

ユースケース(保険) リスク評価

RPAは、保険引受におけるリスク評価のプロセスを自動化し、より迅速で一貫性のある、人為的ミスのない評価を実現します。

9. リソース配分

ユースケース(金融) 戦略的タスクのためにスタッフを解放する

報告や照合など、データ集約的な業務を自動化することで、スタッフは財務分析や意思決定など、より戦略的で付加価値の高い業務に集中できるようになる。

ユースケース(保険) スタッフを顧客エンゲージメントに振り向ける

データ入力やクレーム処理など時間のかかる作業を自動化することで、保険会社のスタッフは顧客エンゲージメントや顧客満足度の向上に時間を割くことができます。

10. デジタルトランスフォーメーション

ユースケース(金融) 承認プロセスのペーパーレス化

RPAは、手作業による紙ベースのプロセスを自動化することで、デジタルトランスフォーメーションを支援することができる。例えば、稟議プロセスをRPAで自動化することで、ペーパーレス化を実現し、稟議時間を短縮することができます。

ユースケース(保険) 保険金請求処理のデジタル化

例えば、保険金請求業務のワークフローを自動化・デジタル化することで、効率性と顧客満足度を向上させることができます。

RPAは、金融業界が課題に取り組み、その可能性を最大限に発揮する方法を変革します。今すぐ財務プロセスを合理化し、競争力を大幅に高め、急速に変化する環境での成功を促進しましょう。 Sankaで財務を強化しましょう!

金融と保険におけるRPAの未来

金融と保険におけるRPAの未来は非常に明るい。このテクノロジーは、これらの業界における可能性の表面をかすめたに過ぎない。

RPAソリューションがより高度化し、柔軟性と拡張性が高まれば、金融・保険業界はエキサイティングな変革を遂げるだろう。

より複雑なプロセスの自動化

RPAは現在、データ入力、レポート作成、顧客サービスリクエストなど、多くの定型的で反復的なタスクを処理できる。

今後、RPAはより高度で複雑なプロセスの自動化へと拡大していく

不正検知、コンプライアンス・モニタリング、クレーム処理、アンダーライティングなどだ。

RPAボットは人工知能を使用して膨大な量のデータを分析し、パターンを発見し、異常を検出し、リスクを計算し、これらのプロセスを改善するための提案を行う。

カスタマー・エクスペリエンスの向上

RPAにより、金融・保険会社は顧客により迅速で効率的、かつパーソナライズされたサービスを提供できるようになる。

チャットボットや音声アシスタントは、基本的な質問やリクエストに24時間365日対応する。

彼らはすべての顧客データと履歴にアクセスできるため、チャネル間でシームレスなエクスペリエンスを提供しながら、問題を迅速に解決できる。

カスタマーサービス・チームは、定型的な問い合わせの処理に費やす時間を減らし、価値の高い対話に集中する時間を増やすことができる。

競争優位性の獲得

RPA ソリューションを最も迅速かつ効果的に導入した企業は、明確な競争優位性を獲得できる。

自動化と生産性の向上によりコストを削減し、エラーとコンプライアンス・リスクを最小限に抑えることができる。

また、人間の従業員をより有意義な業務に振り向けることができるようになる。

これらにより、顧客体験を向上させながら、より収益性の高い事業運営が可能になる。

結論

もしあなたが金融や保険に携わっているのであれば、取り残されないようにしよう。RPAは未来であり、未来は今である。

この強力なテクノロジーは、業務プロセスを一新し、効率性を変革して時間とコストを削減する可能性を秘めている。

大手企業はすでにRPAを導入し、競争優位を獲得し始めています。

何を待っているのですか?RPAへの投資は、競争力、回復力、顧客満足度の向上という利益をもたらす戦略的な一手です。

ECビジネスを運営する、
もっと良い方法があります。

マーケティングから顧客サービスまで。
全てのデータと業務を一元化。
一つのサブスクで。無制限のアカウント。

無料ではじめる

お気軽にご連絡ください。

無料製品トライアル・デモ
導入・運用サポート
費用見積もり
要件定義、ツール選定支援
データの移管支援
開発・コンサルティング