Sankaアカデミー

【徹底解説】SNS採用とは?始め方と成功事例について

Pic

最終更新日: 2023年12月28日

この記事で学べる内容

はじめに

SNSは多くの企業において、マーケティングだけではなく、採用においても、必要不可欠なツールとなっています。

統計によると、2022年には 求職者の79%が就職活動でソーシャルメディアを利用したことがあると報告しており、91%の雇用者が採用プロセスの一環としてソーシャルメディアを利用しているというデータもあります。

SNSの利用度を考えると、今後も多くの求職者がSNSを利用して求人情報、企業ブランド、社風、仕事環境を深く調べていくことになるでしょう。

この投稿では、今注目されるSNS採用について徹底的に解説し、企業側がどのようにSNSを活用して優秀な人材を確保できるかをお伝えしていこうと思います。

それでは、始めましょう!

SNS採用とは

SNS採用とは、文字通り、SNSを活用して、企業にとって優秀な人材を発掘し、採用するプロセスを指します。

SankaではSNS採用を効率化・自動化するためのソリューションを提供しています。ご興味がある担当者さまは、ぜひご活用ください! SNS採用ソリューションを見る

幅広いように聞こえますが、SNS採用には求人情報の宣伝活動・広告運用、ターゲット人材の発掘・リスティング、候補者を対象にしたセミナー実施、採用候補者とのコミュニケーション、タレントプールの確保や運用などをが含まれます。

SNS採用の主な目的は、他の採用活動と変わらず、企業成長のために必要な人材をいち早く見つけ出し、惹きつけ、効率的に採用をしていくことです。

具体的な手法をお話しする前に、まずSNS採用のメリットについて見ていきましょう。

SNS採用のメリット

上述した数多くのタスクを、わざわざ手を動かしておこなうには理由が必要でしょう。以下では、SNS採用活動に取り込むメリットをご紹介していきます。

採用リーチの拡大

SNSを採用活動に組み込むことにより、採用担当者は一般的な求人広告サイトを超えて、より大きな人材プールにアクセスすることができます。

具体的な例を挙げて説明しましょう。Sankaでは求人情報を積極的に探している人材をアクティブ求職者、興味があれば話を聞いてみたいという人材をパッシブ求職者と呼んでいます。

後者のグループには、前者に比べて圧倒的に規模が大きいのは、感覚的にも理解ができるのではないでしょうか?

image

特にパッシブ求職者の特徴は「優秀層が多い」ことです。なぜなら、優秀であるがゆえに、すでに現在の企業から重宝されており、本人も特に転職の意志がないからです。

採用費用の削減(コスパ)

中途採用に企業がかける金額は一人当たり100万円以上にもなると言われています。参照

image

この金額は平均額なので、シニア層、エンジニア、マーケターなど、見つけにくい人材であればあるほど、金額が高くなることは言うまでもありません。

SNSは、求人サイトや人材紹介会社など従来の採用チャネルと比べ、圧倒的に手頃で手軽な手段です。

求人情報を掲載し、SNS上で候補者とつながるだけで、企業は人材へリーチすることが出来るのですから。

ターゲティング

SNSは採用担当者が特定の年齢、業界、スキルセットをターゲットにすることができ、求人情報を関連性の高いオーディエンスに届けることが可能です。

求人広告はどうしても広範囲へのリーチになってしまうので、その分応募者の質の管理が難しく、社風の理解が低かったり、「応募者の確保をしても手間が倍増する」といったことは珍しくありません。

SNS採用はターゲットを絞ったアプローチにより、より質の高い候補者を獲得し、採用プロセスでの時間を短縮することができます。

採用候補者の体験向上

SNS採用を活用することで、採用担当者は候補者とより個人的に関わることができ、自社の企業文化や価値観をアピールする機会を得ることができます。

候補者と直接的につながることで、その候補者から紹介をもらうことができるなど、副次的なメリットも生まれます。

人材ネットワークを候補者に身近なSNSで構築することで、候補者にポジティブな体験を与え、企業ブランドの向上にも繋がります。

SNS採用の始め方、効果的な戦略

SNS採用は最も効果的な採用戦略の一つと言えるでしょう。これまで見てきた通り、候補者との関係作り、タレントプールの構築、企業ブランド力の向上、SNSを活用することで、採用活動に新しい風を吹き込めます。

しかし一方で、SNS採用を展開するには、きちんとした計画や準備が必要です。経験がなければ、社内からのプレッシャーや稟議を通したりと、さまざまな面倒なこともあるでしょう。

興味はあるけど、行動に移せないと思っている読者の方も多いのではないでしょうか?ここでは、そんな読者のために、SNS採用活動を始めて成果を上げるための、簡単なステップをステップをいくつかご紹介します。

適切なプラットフォームを選択する

ターゲットとなる候補者の間で最も人気のあるSNSを見極め、そのチャンネルに力を入れましょう。いくつものSNSに広く薄く展開するよりも、Sankaではまずはひとつ、多くても二つのSNSにフォーカスすることをお勧めしています。

例えば、LinkedInはプロフェッショナルなネットワーキングやリクルーティングに最適なプラットフォームでありますが、日本では利用率が低いので、シニア層やホワイトカラー層に向いています。

一方でInstagram、Facebook、Twitterは若い層にターゲットにできたり、Githubではエンジニアにターゲットできたりと、採用しているタレントがどのSNSにいるかを理解する必要があります。

魅力的なコンテンツを作成・宣伝する

会社の価値観や文化、求人情報を紹介するコンテンツ戦略を練りましょう。コンテンツには、求人情報、社員インタビュー、業界ニュースなどが含まれます。

コンテンツは、視覚的に魅力的で(社風がわかりやすいように、写真を多数使う)、適度な情報量で、共有しやすいものであることが求められますが、何よりも「オリジナルである」ことが重要です。

求職者の立場になって考えてみましょう。求人情報には給与、労働条件などさまざまな情報が含まれますが、コンテンツの強みはそうした情報だけでは伝わらない「社員・人」「社風・文化」を伝えるに最適なツールです。

他者との違い、自社の強みを意識しながら求職者とのコミュニケーションを図りましょう。

また、作成した求人票を共有するときは、ハッシュタグやキーワードを使って、SNSで共有することで、投稿に一貫性を出すことができるだけではなく、その投稿をより広めることができます。

モニタリングと分析

最後にパフォーマンスの分析です。

SNS採用の活動を定期的に分析し、改善すべき点を特定し、戦略を最適化していきましょう。手作業で行うことは大変なので以下で紹介するツールの導入をお勧めしています。

例えばどれくらいプロフィールを見られているか、エンゲージメント率、採用ページへの訪問数、そして採用数などがKPIになります。

SNS採用のためのツール

SNS採用ツール

積極的にSNS採用活動を行っている場合、上述したタスクを効率的に運用していく必要があります。

幸いなことに、SNS採用活動を支援してくれるようなツールは多くあります。

これらのツールを使えば、時間を節約しながら、より多くの人にアプローチし、あなたの組織にぴったりな人材を見つけることができるでしょう。

ここでは、SNS採用を最適化するのに役立つツールのツールをいくつかご紹介します。

まずは私たちSanka です。

sanka

Sankaでは「Sanka for SNS採用」というサービスを提供しており、最新のAIを搭載したSNS採用ツールで、企業におけるSNSを活用した人材の発掘、人材へのアプローチなどを支援していします。

このサービスを使えば、Github, Linkedin, Twitterから、エンジニアやマーケターのプロフィールを探し出し、直接アプローチするためにメッセージを一斉配信するなどが可能です。

また、コスト面でも安心の【無料】で始めることが可能です。是非これを機会にお試しください。

Sanka以外にも、SNS採用を進めるにおいて便利なツールは多く存在します。

  1. Facebook: Facebookでは、Facebook Business Pageを持つ企業が利用できる、無料の求人情報掲載ツールを提供しています。 Facebookビジネスページに求人情報を掲載することができ、掲載した求人情報をブーストしてより多くの人に届けることができます。

  2. LinkedIn: LinkedIn Recruiterは、人材獲得担当者のために特別に設計されたプレミアムツールで、高度な検索機能、候補者追跡、InMailメッセージ機能を提供します。 このツールは、世界最大のプロフェッショナルネットワーク上で質の高い候補者を見つけ、エンゲージするのに役立ちます。

  3. Hootsuite: Hootsuiteは、複数のプラットフォームでコンテンツのスケジュール、公開、監視を可能にする、もう一つの人気のソーシャルメディア管理ツールです。 また、Hootsuiteは一連の分析ツールを提供しており、ソーシャルメディアでの採用活動の成功を測定し、それに応じて戦略を調整するのに役立ちます。

  4. Indeed: Indeedは、雇用主が求人情報を掲載し、プラットフォームの広範な履歴書データベースを検索できる求人アグリゲーターサイトです。 自動投稿やレジュメアラートなどの便利な機能を備えており、採用活動の効率化に役立ちます。

  5. SmartRecruiters: SmartRecruitersは、クラウドベースの人材獲得プラットフォームで、採用プロセスを効率化するためのさまざまなツールを提供しています。 その特徴は、求人広告の管理、履歴書のスクリーニング、候補者の追跡、高度なレポート作成などです。

  6. Glassdoor: Glassdoorは、求人情報掲示板を併設する企業評価・レビューサイトです。 求職者は、企業文化や給与・福利厚生の仕組みを知ることができ、有望な候補者の発掘・獲得プロセスを効率化することができます。

ケーススタディ

ソーシャルメディアは、様々な業界の企業にとって強力な採用ツールであることが証明されています。その利用が広まったことで、SNS採用は、リクルーターにとって欠かせないものとなりました。

SNS採用を活用して優秀な人材を確保することに成功した企業を、いくつか紹介します。

  1. Zapposは、SNSを活用し、Twitter、Instagram、Facebookなどのプラットフォームを使って、企業文化や価値観を紹介し、ユニークで魅力的な採用体験を実現しました。従業員のエピソードを紹介したり、ライブでQ&Aセッションを行ったり、オフィスの舞台裏を紹介したりすることで、ザッポスは、同社の文化に強くフィットする質の高い候補者を大量に集めました。

  2. ロレアルは、SNS、特にリンクトインを使って、競争の激しい化粧品業界の潜在的な候補者をターゲットにし、エンゲージしました。ロレアルは、企業文化や価値観、求人情報などの魅力的なコンテンツを共有することで、優秀な人材の獲得に成功し、業界内で選ばれる雇用主としての地位を確立しました。

  3. Hubspotはマーケティングソフトウェア会社で、ソーシャルメディアを活用して優秀な人材を確保することに成功しています。同社は、LinkedIn、Twitter、Facebookなどの様々なプラットフォームで強力なソーシャルメディアプレゼンスを確立しており、さらに自社のキャリア専用ソーシャルメディアアカウント「Hubspot Life」も持っています。潜在的な候補者と積極的に関わり、企業文化や価値観を共有し、求人情報を頻繁にソーシャルメディアに掲載しています。

  4. Adobeは、優秀な人材を見つけるためにソーシャルメディア・リクルーティングをうまく活用しているソフトウェア企業です。同社は、従業員中心の文化や多様性と包摂の取り組みをアピールすることに重点を置いたソーシャルメディア戦略を持っています。ソーシャルメディアに積極的に求人情報を掲載し、社員の声を共有し、自社の価値観に沿ったハッシュタグを使用することで、同じ志を持つ候補者を惹きつけているのです。

  5. GEは、SNS採用を活用して優秀な人材の獲得に成功した多国籍コングロマリットである。同社は、LinkedIn、Twitter、Facebookなど、さまざまなプラットフォームで積極的にソーシャルメディアを活用している。ソーシャルメディアを利用して、企業文化の紹介、従業員のサクセスストーリーの紹介、求人情報の共有などを行っています。また、GEはキャリア部門専用のソーシャルメディアアカウントを持ち、フォロワーや潜在的な候補者と積極的に交流しています。

  6. Airbnbは、ホームシェアリングとホスピタリティを提供する企業で、優秀な人材を見つけるためにソーシャルメディアを効果的に活用しています。同社はLinkedIn、Twitter、Facebookなど様々なプラットフォームで強力なソーシャルメディアプレゼンスを持っており、企業文化や価値観を積極的にアピールしています。また、ソーシャルメディアを活用した紹介プログラムのツールとしても活用しており、従業員が候補者を紹介する際にインセンティブを提供している。

  7. Hershey'sは、雇用者ブランドをアピールし、優秀な人材を惹きつけるために、ソーシャルメディア・プラットフォームを活用している。同社は、「People Who Make Hershey's Great」というマーケティングキャンペーンを立ち上げ、同社の従業員とその経験を紹介している。

終わりに

SNS採用は、企業が競争の激しい今日の雇用市場で優秀な人材を見つけ、引きつけるための強力で費用対効果の高い方法です。

適切なプラットフォームを活用し、魅力的なコンテンツを作成し、適切なツールを使用することで、企業は採用活動を大幅に改善し、チームのために最高の候補者を確保することができます。

応募者が足りなくて困っているのであれば、ソーシャルメディアを活用した採用プランを一度考えてみるのもいいかもしれません。

コミュニティマネージャー採用のための完全ガイド 応募者追跡システムで採用を合理化する チームビルディングに最適なビデオ オンボーディングと新入社員の組織化 ワークフロー 【事業成長のために】営業担当者の雇い方 スタートアップにおけるエンジニア採用を徹底解説 トップクラスの技術系採用ツールとサービスで採用に革命を起こす アートを極める: ウェブデザイナーを雇うための必須ガイド トップソーシャルメディア採用ツール: 必要な唯一のリスト 究極のレストラン採用ツール&サービスガイド 「仕事のための仕事」の真実(そしてそれを回避する方法) ホテル業界における最適な採用ツールとサービス 採用自動化ツールでよりスマートに採用 成功の鍵を開ける ソフトウェア開発者を効果的に雇用する方法 ツイッター採用: ツイッターを採用ツールとして活用する方法 【徹底解説】SNS採用とは?始め方と成功事例について HCM(ヒューマン・キャピタル・マネジメント)を徹底解説 採用プロセスを効率化するAI採用ツール9選 自動化で社員の生産性を高める: 専門家による7つのアドバイス 採用を成功させるEコマース採用ツールとサービスのトップ 最高の人材管理ソフトウェア: トップソリューションの包括的レビュー Facebook採用ツールを活用して優秀な人材を見つける方法 採用に最適なLinkedInツールとサービス インスタグラム採用: インスタグラムを採用ツールとして活用する方法 HRオートメーションとは何か、なぜ必要なのか

ECビジネスを運営する、
もっと良い方法があります。

市場調査、商品・注文管理、顧客サービスまで。
全てのデータと業務を一元化。
一つのサブスクで。無制限のアカウント。

無料ではじめる

お気軽にご連絡ください。

無料製品トライアル・デモ
導入・運用サポート
費用見積もり
コンサルティング
データの移管支援
ソフトウェア開発