Sankaアカデミー

DPAの要点: 主な特徴、事例、成功のための戦略

Pic

最終更新日: 2023年8月13日

この記事から得られるもの

序章

起業家やビジネスリーダーであれば、ビジネスプロセスを最適化し、効率化を推進することが成功の鍵であることをご存じだろう。

今日のデジタル社会でこれを実現する最も強力な方法のひとつが、プロセスの自動化です。

定型的なプロセスを自動化することで、時間を節約し、人的ミスを減らし、貴重なリソースをより価値の高い業務に割り当てることができます。

プロセス・オートメーションは、ソフトウェアとアルゴリズムを使って、データ入力、計算、ワークフロー管理などの反復作業を処理します。

給与計算から顧客サービス、ワークフローの承認まで、毎日行っているプロセスの多くは、一部または全部を自動化することができます。

プロセスの自動化により、最適化され、監視され、時間の経過とともに継続的に改善される標準化されたワークフローを作成することができます。

デジタル プロセス オートメーション (DPA) とは、ビジネス プロセスやワークフローを自動化するためのテクノロジーの使用を指します。

DPAは、ソフトウェアやシステムを通じて、手作業による反復作業を削減することを目的としています。DPAは、ロボティック・プロセス・オートメーション、ビジネス・プロセス・マネジメント、人工知能などのツールを活用します。

DPAのメリットを活用するために、組織はロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)ソフトウェア、ビジネスプロセス管理(BPM)プラットフォーム、人工知能(AI)システムなどのツールを活用することができる。

これらのテクノロジーを統合することで、エンドツーエンドのプロセスを自動化し、ワークフローを変革することができる。

デジタル・プロセス・オートメーション(DPA)とは

デジタル・プロセス・オートメーション(DPA)とは、ビジネス・プロセスやワークフローを自動化するためのテクノロジーの活用を指す。

DPAは、ソフトウェアやシステムを通じて、手作業による反復作業を削減することを目的としている。ロボットによるプロセス自動化、ビジネスプロセス管理、人工知能などのツールを活用する。

DPAのメリットを活用するために、組織はロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)ソフトウェア、ビジネスプロセス管理(BPM)プラットフォーム、人工知能(AI)システムなどのツールを活用することができる。

これらのテクノロジーを統合することで、エンドツーエンドのプロセスを自動化し、ワークフローを変革することができる。

デジタル・プロセス・オートメーション(DPA)のメリット

デジタル・プロセス・オートメーション(DPA)によるデジタル・プロセスの自動化は、企業や組織にいくつかのメリットをもたらします:

コスト削減

DPAは手作業を最小限に抑え、業務効率を最適化することでコスト削減に貢献します。

反復的なタスクやワークフローを自動化することで、人的リソースが平凡な作業を行う必要がなくなり、より価値の高い活動に集中できるようになります。

その結果、生産性が向上し、長期的なコスト削減につながります。

正確性の向上

手作業によるプロセスはヒューマンエラーが発生しやすいものです。DPAは主観的な人間の判断を排除することで、一貫性のある正確なプロセスの実行を保証します。

自動化されたシステムは、事前に定義されたルールや手順 に従って細心の注意を払うため、品質が向上し、ミスや見落としが少なくなります。

コンプライアンスの強化

規制コンプライアンスはほとんどの組織にとって重要です。DPA は主要なコンプライアンス要件を満たすプロセスの標準化と制御を可能にします。

ワークフローは、関連する規制やガバナンスの枠組みに従って、ポリシー、手順、統制に体系的に従うように設計できます。

これにより、コンプライアンス・リスクが軽減され、透明性が確保されます。

スケーラビリティ

組織が成長するにつれて、手作業によるプロセスはそれに応じて拡張するのに苦労することがよくあります。

DPAは、増大するワークロードと複雑なプロセスを管理する拡張性のあるソリューションを提供します。

デジタルシステムには、大量のタスクや例外処理を24時間365日安定的に処理する能力があります。

このため、組織は業務を中断することなく迅速に拡張することができます。

俊敏性

市場環境の変化により、組織は迅速な対応と適応が求められます。

DPAは柔軟でカスタマイズ可能なワークフローを通じてプロセスの俊敏性を促進します。

効率性の向上や新たな需要に対応するため、プロセスを迅速に再設計・最適化できます。

また、新たなデジタル・プロセスを迅速に導入し、進化するビジネス要件に対応することも可能です。この俊敏性は、競争上の優位性をもたらします。

デジタル・プロセス・オートメーション(DPA)の仕組み

DPAは複数のソースからのデータを継続的に分析し、意味のあるパターンや洞察を検出することで機能する。

DPAは機械学習とデータマイニングの技術を使用し、人間が手作業で分析することがほぼ不可能な膨大な量のデータから、関係性や異常性を発見します。

機械学習はどのようにDPAを実現するのか?

機械学習アルゴリズムはDPAの機能の中核をなす。このアルゴリズムにより、システムは明示的にプログラムされることなく、経験から自動的に学習し、改善することができる。

機械学習モデルは膨大な量のデータに対してトレーニングされ、複雑なパターンを検出し、明示的にプログラムされることなく予測や意思決定を行う。

ここでは、デジタル・プロセス・オートメーション(DPA)のプロセスマッピングを簡略化して説明する:

誰がなぜDPAを使うのか?

DPAは様々な組織や個人に利用されていますが、その主な理由は以下の通りです:

  • 効率性と生産性
  • コスト削減
  • データの品質と正確性
  • 拡張性
  • 競争上の優位性

**デジタル・プロセス・オートメーション(DPA)を使用している様々な企業や業界と、それをどのように活用しているかを一覧にした表です。

効果的なDPAツールの必須機能

効果的なデジタルプロセス自動化(DPA)ツールは、自動化を成功させるために、特定の主要な機能を備えている必要があります。

ユーザーフレンドリーなインターフェース

DPA ツールには、直感的でユーザーフレンドリーなインターフェイスが必要であり、技術系ユーザーも非技術系ユーザーも簡単にオートメーションを構築、展開、管理することができます。

インターフェイスは、シンプルなドラッグ&ドロップ機能を使用し、コーディングはほとんど必要なく、ユーザーが使い始められるようにテンプレートやサンプルが組み込まれている必要があります。

統合機能

さまざまなシステムやアプリケーションとのシームレスな統合は、異種のテクノロジーを接続し、エンドツーエンドのプロセスを自動化するために不可欠です。

REST API、Webhook、Zapier統合などの堅牢な統合オプションにより、DPAツールはCRMシステム、プロジェクト管理ソフトウェア、電子メールクライアント、データベースプラットフォームなどと統合できます。

モニタリングと分析

オートメーションがデプロイされたら、DPAツールはモニタリング、分析、レポーティングを提供し、オートメーションがどのように実行されているかを可視化する必要があります。

自動化の実行時間、エラー、完了、スループットなどの主要な指標を追跡して、潜在的な問題を監視し、自動化を最適化する必要があります。アナリティクスとレポートは、ハイレベルな概要ときめ細かい詳細の両方を提供する必要がある。

セキュリティとガバナンス

企業で使用する場合、DPA ツールには役割ベースのアクセス、IP ホワイトリスト、2 要素認証、監査ロギングなど、包括的なセキュリティ、アクセス制御、ガバナンス機能が必要です。

これらの管理機能により、許可されたユーザーのみがオートメーショ ンにアクセスおよび変更できるようになり、ツールの使用方法に関する透明性が確保されます。

スケーラビリティ

自動化件数や使用件数が長期的に増加するにつれて、DPA ツールには、負荷の増加や複雑さに対応できる適切な拡張性が求められます。

ツ ー ル は 、パ フ ォ ー マ ン ス の 問 題 や 停 滞 を 回 避 す る た め に 、ス ケ ー ラ ブ ル な ア ー キ テ ク チ ャ と イ ン フ ラ ス ト ラ ク チ ャ に 基 づ く べ き で す 。

また、スケーラビリティがあることで、組織は小規模に開始し、時間の経過とともに自動化の取り組みを拡大することができます。

DPAソフトウェアの評価: 考慮すべき主な基準

DPA ソ フ ト ウ ェ アのオプシ ョ ン を評価す る 際には、 い く つかの基準を考慮 し て、 ニーズに最適な ソ リ ュ ーシ ョ ン を決定す る 必要があ り ます。

機能性と特徴

機能性と利用可能な機能は、 そのソ フトウェアが自社の DPA イニシアチブにどの程度有用であるかに大きく影響します。

考慮すべき主な要素は以下のとおりです:

  • 対応する DPA プロセスの種類(イベントドリブン、スケジュールベース、手動など)
  • ERP、CRM、マーケティングオートメーションなどの他システムとの統合機能
  • DPAのパフォーマンス、成果、改善の機会を洞察するための分析とレポーティング
  • DPAワークフローを合理化するためにソフトウェアが提供する自動化、意思決定、最適化のレベル
  • 貴社独自の要件に合わせてソフトウェアをカスタマイズするための柔軟性とカスタマイズオプション
  • モバイル、ソーシャル、ウェブ、コールセンターなど、顧客との対話に利用可能なチャネル

使いやすさ

高い導入率を達成するためには、DPA ソフトウェアが管理者とエンドユーザーの双方にとって直感的で使いやすいものでなければなりません。

全体的なユーザーエクスペリエンス、インターフェイスの複雑さ、オンボーディングとトレーニングリソース、必要な技術スキルのレベルを評価する。

導入、学習、および継続的な運用が簡単なソフトウェアは、混乱を最小限に抑え、 価値を最大化する。

スケーラビリティ

組織の現在と将来のニーズの両方を考慮する。ソフトウエアは、データ量の増加、プロセスの範囲と複雑性の拡大、顧客とインタラクションの増加に伴い、DPAプログラムとともに拡張・成長できるものでなければなりません。

予想される最高使用水準におけるソリューションの容量、応答性、安定性を評価する。

サポートとサービス

継続的なサポートとプロフェッショナルサービスは、ソフトウェア導入の成功において重要な役割を果たします。

オンライン・リソース、コンタクト・オプション(電話、電子メール、チャット)、サービス・レベル・アグリーメント、可用性(24時間365日対営業時間)など、利用可能なサポート・オプションを検討する。

また、コンサルティング、トレーニング、マネージドサービスなどの追加サービスについても検討しましょう。強力なサポートとサービスは、投資を最大限に活用するのに役立ちます。

Sanka: オールインワンDPAプラットフォーム

Sankaは、組織全体のビジネスプロセスを簡単に構築、展開、管理できるオールインワンのデジタル処理自動化プラットフォームです。

手作業を減らし、業務を合理化します。

Sankaを使えば、繰り返しの手作業を自動化し、業務効率を最適化することができます。

ドラッグ&ドロップのプロセスビルダーにより、コーディングなしで自動化されたワークフローを作成できます。

生産性向上のための一般的なアプリと統合し、システム間でデータを自動的に同期できます。

拡張性と柔軟性

単純な承認を自動化する必要がある場合でも、部門をまたがる複雑なプロセスを編成する必要がある場合でも、Sankaなら大丈夫です。

Sankaは、大量のスループットを処理するエンタープライズグレードのスケーラビリティを提供します。また、このプラットフォームは、ニーズの変化に対応できる柔軟性も備えています。

現在のワークフローを中断することなく、既存のプロセスを簡単に変更したり、新しいプロセスを構築したりすることができます。

可視性とコントロールの強化

Sankaは、すべての自動化プロセスを一元的に管理し、可視化します。

プロセス、パフォーマンスメトリクス、リアルタイムレポートなどに関する洞察を得ることができます。

役割ベースのアクセス制御とアクセス許可により、適切な人が適切な情報にアクセスできるようにします。

信頼性と安全性

Sankaは、ミッションクリティカルなソリューションを提供してきた実績のある、堅牢でエンタープライズ対応のプラットフォームです。

高可用性、スケーラビリティ、フォールトトレランスを内蔵しています。お客様のデータとプロセスは、エンタープライズレベルのセキュリティとコンプライアンス対策によって保護されています。

Sankaは、業務を合理化し、時間とコストを節約し、エラーを最小限に抑え、生産性を向上させる、パワフルで使いやすいDPAプラットフォームです。 デジタルオートメーションでビジネスプロセスを合理化するために、Sankaをご利用ください!

DPAソリューションの導入: 成功へのステップ

DPA ソリューションの導入には慎重な計画と実行が必要です。成功させるためには、以下の重要なステップに従ってください:

結論

DPAは、どのような企業にとっても、事業の将来性を確保するた めに実施すべき強力なプロセスである。

顧客とそのニーズ、そしてそれらのニーズが今後10年間でどのように進化するかを時間をかけて理解することで、イノベーションを推進し、トレンドを先取りするための重要な洞察を得ることができます。

Sankaをエンドツーエンドの自動化プラットフォームとして活用することで、ビジネスプロセスを簡素化し、手作業によるミスを減らし、コストを削減し、業務を拡大することをご検討ください。

Sankaを利用することで、可視化と制御が可能になり、従業員に力を与え、素晴らしい顧客体験を提供することができます。

DPAとSankaの力で、ビジネスを次のレベルに引き上げましょう。

未来はデジタルであり、未来は今です。今すぐビジネスを合理化しましょう。

ECビジネスを運営する、
もっと良い方法があります。

市場調査、商品・注文管理、顧客サービスまで。
全てのデータと業務を一元化。
一つのサブスクで。無制限のアカウント。

無料ではじめる

お気軽にご連絡ください。

無料製品トライアル・デモ
導入・運用サポート
費用見積もり
コンサルティング
データの移管支援
ソフトウェア開発