Sankaアカデミー

電子商取引データの力を解放する:分析ツールガイド

Pic

最終更新日: 2024年2月6日

はじめに

電子商取引の速い世界では、データが情報に基づく意思決定とビジネスの成功の原動力となります。

電子商取引データ分析ツールは、毎日生成される膨大な情報の中から意味を見出すのに重要な役割を果たします。

顧客がクリックしたり、購入したり、カートを放置したりするたびに、顧客はユーザーエクスペリエンスの向上、製品の改善、さらなる売り上げ増加の鍵となる情報を生み出します。

このブログ投稿では、電子商取引データ分析に深入りし、オンラインマーケットプレイスでの成功のためにデータ分析を活用する方法についての洞察を提供します。

電子商取引データ分析の理解

その核心において、電子商取引データ分析とは、価値ある情報を発見し、結論を導き、意思決定を支援するためにデータを検査、変換、モデリングするプロセスです。

これは、オンラインストアが生成するデータを系統的に分析し、貴重な洞察を抽出し、ビジネス戦略を通知することを含みます。

これらの洞察は、顧客の行動や嗜好から在庫管理や売上トレンドまで、さまざまな側面をカバーしています。

電子商取引データ分析の主な目標は、行動可能な情報をビジネスに提供することです。

データを理解し解釈することで、電子商取引企業は、意思決定を行い、プロセスを最適化し、全体的な顧客エクスペリエンスを向上させることができます。

電子商取引データの種類

電子商取引データは、さまざまな種類と膨大な量が継続的に生成されるため、圧倒的なものに思えるかもしれません。

しかし、正しく理解して活用すれば、このデータは洞察の宝庫となる可能性があります。

電子商取引データ分析のフルポテンシャルを発揮するためには、ビジネスが収集できる電子商取引データの種類を把握することが重要です。

1. トランザクションデータ

トランザクションデータには、顧客の購入に関する情報が含まれます。

顧客の個人情報からトランザクションの詳細まで、購入の経過に関するすべての情報がこのカテゴリーに該当します。

主なパラメータは次のとおりです:

  • 顧客名
  • 注文日
  • 購入したアイテム
  • 支払い方法
  • 購入金額
  • 購入時刻

これらの詳細は正確な売上履歴の維持と顧客の購入パターンの理解にとって貴重です。

たとえば、特定の期間に高性能なアイテムを追跡することで、製品の販売トレンドが明らかになる場合があります。

このデータは、販売の予測や在庫管理戦略に役立ちます。

2. 行動データ

おそらく最も強力なタイプの電子商取引データである行動データは、顧客がオンラインストアとどのようにやり取りするかを示します。

このデータタイプは、顧客のウェブサイトのナビゲーション、各ページで費やす時間、検索クエリ、クリックされた製品、カートに追加された製品などに洞察を提供します。

主なパラメータは次のとおりです:

  • クリック率
  • 変換率
  • 離脱率
  • 顧客のジャーニー
  • カート離脱率

データが、顧客がよくカートを離れるページが配送情報ページであることを示す場合、それは配送料が高すぎるか、プロセスが複雑すぎることを示しています。

3. 顧客プロファイルデータ

顧客プロファイルデータは、人口統計データ、地理的位置、好み、ライフスタイル情報などから個々の顧客の包括的なビューを構築します。

主なパラメータは次のとおりです:

  • 年齢
  • 性別
  • 職業
  • 地理的な場所
  • 好み

このデータは、ビジネスが

顧客を理解し、個別化されたマーケティング、改善された製品の推薦、向上した顧客サービスを行うのに役立ちます。

たとえば、データが多くの顧客がフィットネス愛好家であることを示す場合、アクティブウェアやスポーツアクセサリーのラインを導入することで、より多くの売り上げを生み出すことができます。

4. ソーシャルメディアデータ

Facebook、Instagram、LinkedIn、Twitterなどのソーシャルメディアプラットフォームに数百万人もの人々がいるため、ソーシャルメディアデータの分析は、ブランド認知度、顧客の好み、潜在的な市場機会に関する貴重な洞察を明らかにすることができます。

主なパラメータは次のとおりです:

  • いいね、シェア、コメント、リアクション
  • ハッシュタグの使用
  • フォロワーのデモグラフィックス

顧客がソーシャルメディア上でブランドについて話す際に、ハッシュタグ #GreatCustomerService をよく使用する場合、これはマーケティングメッセージで利用できる強みを示しています。

5. フィードバック&レビューデータ

フィードバックとレビューデータは、顧客満足度や製品のパフォーマンスの第一人者の視点を提供します。

ポジティブな評価は一般的にはよく受け入れられた製品やサービスを意味し、一方でネガティブなレビューは改善すべき点を示します。

主なパラメータは次のとおりです:

  • 顧客満足率
  • 製品の評価
  • サービスに対するフィードバック

製品レビューが包装に関する反復的な苦情を示す場合、これは貴社の包装プロセスを改善する必要があることを直接示しています。

6. 競合他社データ

競争の激しい電子商取引の風景では、競合他社の戦略、価格、顧客の認識を理解することが、ビジネス上の決定を通知し、独自の販売提案を定義するのに役立ちます。

主なパラメータは次のとおりです:

  • 製品の種類
  • 価格設定
  • 配送および返品ポリシー
  • 顧客の感情

競合他社分析が、彼らがあなたの製品と類似の製品を大幅に安い価格で提供していることを示す場合、価格設定を見直したり、製品の優れた機能を強調したりすることが考えられます。

電子商取引データ分析の重要性

電子商取引にデータ分析を適用することで、生データを複数のアクション可能な洞察に変えることができます。以下にその重要性を示します:

  1. 顧客エクスペリエンス: データ分析を用いることで、顧客エクスペリエンスを個別化することができ、エンゲージメントとコンバージョンの可能性を高めることができます。たとえば、データ分析によって顧客がよくスポーツシューズを購入していることがわかれば、ターゲットされたスポーツシューズのプロモーションで彼らの買い物体験を個別化することができます。
  2. 予測: データ分析を用いて販売トレンドを予測することで、在庫管理を改善することができます。過去3年間で11月にウィンターブーツの販売が急増した場合、11月に向けてより多くのブーツを準備することができます。
  3. マーケティングキャンペーンの最適化: データ分析を用いることで、どのマーケティングチャネルが最も効果的かを明らかにし、広告戦略を洗練させることができます。データによって、Instagramの広告がGoogle Adsよりも多くのトラフィックを生み出していることが示される場合、マーケティング予算の再配分が生じる可能性があります。
  4. 製品提供の改善: データ分析を用いることで、ベストセラーの製品とあまり購入されない製品を把握し、将来のコレクションの購入に関する意思決定を導きます。
  5. 競争力のある価格設定: 競合他社の価格データを分析し、自社の売上データと組み合わせることで、顧客に魅力的であり、かつ利益を上げる価格を設定するのに役立ちます。
  6. 在庫最適化: 効率的な在庫管理は電子商取引の成功に不可欠です。データ分析ツールは、企業が在庫レベルを追跡し、需要を予

測し、在庫過剰や在庫切れを回避するのに役立ちます。これにより、効率的で費用対効果の高いサプライチェーンが実現されます。

電子商取引分析の成功のためのヒント

1. 明確な目標を設定する

データ分析に飛び込む前に、分析が対処する必要がある特定のビジネス目標を定義することが重要です。これは、顧客の定着率を改善したり、カートの放棄率を減らしたり、マーケティングキャンペーンを最適化したりすることから、チェックアウトプロセスを合理化することまで様々です。

例: コンバージョン率を改善することが主な目標である場合、分析は主に顧客のエンゲージメントと購買意思決定に影響を与える要因を特定することに焦点を当てます。

2. メトリクスをカスタマイズする

2つの電子商取引事業は同じではありません。したがって、1つにとって重要なメトリクスは、別の1つにとってはそうでないかもしれません。選択したメトリクスがビジネス目標に直接貢献するようにし、ビジネス目標に合わせて分析メトリクスを選択します。

例: 顧客の忠誠度を高めることがビジネス目標である場合、関連するメトリクスにはリピート顧客率、顧客生涯価値、ネットプロモータースコアなどが含まれる場合があります。

3. 適切なツールを使用する

適切な分析ツールの選択は、データの効率的な管理と解釈にとって重要です。

Google Analyticsは人気があり、ウェブサイトのトラフィック、顧客の行動、離脱率などの分析に幅広い機能を提供します。

SEMRushやHotjarなどの専門ツールは、SEO分析やユーザーの行動とフィードバックに関するもので、ツールボックスへの貴重な追加です。

電子商取引データ分析のためのお勧めツール

  • Google Analytics: 広く使用されている強力なツールで、Google Analyticsはウェブサイトのトラフィック、ユーザーの行動、コンバージョンメトリクスなどに関する包括的な洞察を提供します。あらゆる規模の企業に適した多目的なツールです。
  • Hotjar: ユーザーの行動に焦点を当てたHotjarは、ヒートマップ、セッション録画、アンケートなどを提供し、ビジネスがウェブサイトとどのように相互作用しているかを理解するのに役立ちます。この情報は、ユーザーエクスペリエンスを最適化するために貴重です。
  • Sanka: 電子商取引に特化したSankaのデータ分析プラットフォームは、予測分析、リアルタイムレポート、電子商取引システムとのシームレスな統合などの高度な機能を提供します。具体的な洞察を抽出するための包括的なソリューションを探している企業に最適な選択肢です。

4. データの品質を優先する

正確な分析は、収集されたデータの品質に大きく依存します。重複したエントリーを防ぎ、定期的にデータベースをクリーニングすることで、より正確な洞察を得ることができます。

顧客の人口統計情報から分析を行う場合、顧客の好みや行動に関する結論を出す前に、データが最新であることを確認してください。

5. データをセグメント化する

データのセグメント化とは、特定の基準に基づいてデータを異なるグループに分割するプロセスを指します。

データをセグメント化することで、特定の顧客グループ、製品カテゴリ、またはマーケティングチャネルについて詳しく調査することができ、分析の粒度を高めることができます。

顧客を購入頻度に基づいて分割することで、リピート購入のパターンを特定し、リピートビジネスを促進するための戦略に影響を与えることができます。

6. チャネル間でデータを統合する

今日のオムニチャネルの電子商取引環境では、顧客はウェブサイト、ソーシャルメディア、メール、さらには物理店舗を通じてビジネスとやり取りすることができます。

これらのチャネル間でデータを統合することで、顧客とその購入の旅路について包括的なビューを提供することができます。

顧客はInstagramの投稿を通じてブランドを発見し、ウェブサイトを探索し、後にメールのオファーを通じて購入するかもしれません。

断片化した分析はこの旅路や同様のコンバージョンパスを最適化する機会を見逃す可能性があります。

7. 洞察を活用する

データ分析は単なる学問的な演習ではありません。究極の目標は、意思決定を支援し、ビジネスの改善を推進するための実用的な洞察を得ることです。分析の結果に基づいて変更を実施し、その影響を密接にモニタリングしてください。

8. 学び続けて進化する

電子商取引の世界はダイナミックであり、データ分析へのアプローチも同様です。

業界のトレンドや新興テクノロジーツール、進化する消費者の行動に対応するために、継続的な学習と適応が必要です。

結論

電子商取引の競争が激化する中、顧客を理解し、彼らのショッピングの旅をカスタマイズすることが今まで以上に重要です。

幸いなことに、電子商取引データ分析のおかげで、これは以前よりも容易になっています。

データを収集する量は重要ですが、真に重要なのは、それをどのように分析し活用するかです。

Google Analytics、Hotjar、Sankaのプラットフォームなど、ビジネスがデータの可能性を最大限に引き出すための強力なツールがあります。

SankaのようなSaaS企業は、電子商取引のサポートに特化しているため、顧客がデータに基づいた決定を行い、常に進化する電子商取引の風景で先を行くのを支援する戦略的な動きとなります。

企業がオンラインマーケットの複雑さを乗り越えるにつれて、データ分析を受け入れることは単なるトレンドではなく、電子商取引の世界で繁栄し、優れた成果を得るための必要不可欠なものとなっています。

無料ではじめる

お気軽にご連絡ください。

無料製品トライアル・デモ
導入・運用サポート
費用見積もり
コンサルティング
データの移管支援
ソフトウェア開発