Sankaアカデミー

電子商取引の向上:マルチチャンネル電子商取引ツールの影響

Pic

最終更新日: 2024年2月6日

はじめに

電子商取引のダイナミックな世界では、適応性が重要であり、マルチチャンネル戦略を取り入れることが、顧客層を広げ、販売機会を最大限に活用したい企業にとってゲームチェンジャーとなっています。

マルチチャンネル電子商取引ツールは、これらの拡大を促進する触媒として機能し、企業がさまざまなオンラインプラットフォーム上で顧客と接続するシームレスな方法を提供します。

このブログ記事では、マルチチャンネル電子商取引ツールの世界、その重要性、およびSankaなど、今日利用可能ないくつかの人気のあるプラットフォームについて詳しく説明します。Sankaは、複雑な統合の手間をかけずにマルチチャンネルアプローチを最適化することを求める電子商取引クライアントに特化したSaaSソリューションのリーダーであり、この拡大するエコシステムに足を踏み入れる事業主に対して初心者向けのガイドを提供しています。

マルチチャンネル電子商取引の理解

マルチチャンネル電子商取引とは、マーケットプレイス、ソーシャルメディア、スタンドアロンのウェブサイトなど、複数のオンラインプラットフォームで商品やサービスを販売することを指します。

その目的は、顧客がいる場所に出店し、さまざまなチャネルで一貫した便利なショッピング体験を提供することです。

マルチチャンネル電子商取引の主な目標は、多様な顧客層にアクセスし、販売機会を最大化することです。

製品が利用可能なチャネルを多様化することで、企業はより広範な視聴者にアプローチし、変化する消費者の嗜好に適応することができます。

マルチチャンネル電子商取引の主な利点

  • 可視性の向上: 複数のチャネルを利用することで、ブランドの可視性が向上し、特定のプラットフォームで買い物をする顧客に到達できます。この増加した露出は、ブランド認知度と顧客獲得の増加につながる可能性があります。
  • 収益ストリームの多様化: 単一の販売チャネルに依存することはリスクがあります。マルチチャンネル電子商取引により、収益ストリームを多様化し、単一のプラットフォームへの依存を減らし、市場の変動の影響を緩和することができます。
  • 顧客体験の向上: さまざまなチャネルで一貫したシームレスな体験を提供することは、顧客満足度の向上に寄与します。顧客は自分の好みに合ったプラットフォームを選択することができ、企業は統一されたブランドイメージを維持することができます。
  • トレンドへの適応: 消費者行動は変化し、トレンドが生まれます。マルチチャンネル電子商取引は、変動する市場の動向に適応し、人気のある新しいチャネルを試してみる柔軟性を企業に提供します。
  • ブランドの構築: さまざまなチャネルでの一貫した存在は、企業がブランドアイデンティティを強化し、顧客の信頼とロイヤルティを構築するのに役立ちます。

マルチチャンネル電子商取引ツールの理解

マルチチャンネル電子商取引ツールとは、さまざまな販売プラットフォームでのオンラインビジネスの効率的な管理を推進するソフトウェアソリューションです。

これらのツールは、在庫管理、注文処理、顧客サービス、分析、マーケティングなどに統合されたソリューションを提供し、企業が異なるチャネルで一貫した競争力を持続させるのを支援します。

以下は、これらのツールが提供する主な機能の概要です:

  1. 在庫管理: これらのツールは、すべての販売プラットフォーム間で在庫を同期し

、リアルタイムで在庫の更新を行います。これにより、在庫レベルを管理し、オーバーセルを回避し、顧客満足度を向上させることができます。 2. 注文管理と処理: マルチチャンネルツールは、複数のチャネルからの注文を1つのインターフェースに統合し、効率的な処理と追跡を可能にします。さらに、さまざまな配送業者と統合して、ラベルの印刷、出荷、追跡を自動化します。 3. 製品情報管理(PIM): これらのツールは、製品情報を中央で変更および更新し、すべての販売チャネルで変更を反映させます。これにより、正確で一貫した製品情報が提供され、顧客のショッピング体験が向上します。 4. 顧客サービス: ツールは、すべてのチャネルからの顧客クエリを1つのインターフェースに統合し、応答時間を短縮し、顧客満足度を向上させます。 5. 報告と分析: すべてのチャネルでの売上、顧客の行動、マーケティングメトリクスの包括的なデータ収集と分析により、事業成長を促進するための具体的な洞察が提供されます。

ビジネスに適したマルチチャンネル電子商取引ツールの選び方

マルチチャンネル電子商取引の重要性が高まる中、これらのツールが提供する内容を包括的に理解したうえで、次の大きな問題が浮かび上がります。それは、どのマルチチャンネル電子商取引ツールがビジネスに適しているか、ということですか。

以下は考慮すべき重要な要因です。

自分のニーズを理解する

さまざまなツールに飛び込む前に、マルチチャンネル電子商取引ツールにビジネスが実際に求めているものを定義します。

在庫管理の向上、統一された製品リスト管理、統一された顧客サービス処理、または改善された分析を目指していますか?必要な主要機能が、適切なツールの選択を導きます。

統合能力

マルチチャンネルツールの本質は、運営するさまざまな販売チャネルとシームレスに統合する能力にあります。

AmazonやeBayなどの人気のあるマーケットプレイス、FacebookやInstagramなどのソーシャルメディアプラットフォーム、または独自の電子商取引ウェブサイトであれ、ツールがこれらの統合をサポートしていることを確認してください。

また、既存のテックスタック(顧客関係管理(CRM)システムや電子メールマーケティングソフトウェアなど)との互換性も考慮してください。

使いやすさ

複雑なシステムは、節約したい時間を消費してしまう可能性があります。チームが迅速に学習できる清潔で直感的なインターフェースを持つツールを選択してください。

多くのプロバイダーがトライアル期間を提供しています。ツールの使いやすさと機能性を評価するために、それを有効に活用してください。

スケーラビリティ

ビジネスの現状だけでなく、将来どこに向かっているかも考慮してください。

商品数が増え、注文数が増加し、市場が拡大するにつれて、選択したツールはその成長に対応できる必要があります。

段階的な価格設定プランや、必要に応じて追加機能を解除できるようなプラットフォームを探してください。

組み込みアナリティクス

適切なツールは、情報に基づいた意思決定を支援するためのデータ駆動の洞察を提供する必要があります。

顧客の行動、売上のトレンド、マーケティングキャンペーンの結果など、包括的なアナリティクスが必要です。

生データだけでなく、在庫の予測や顧客セグメンテーションなど、実行可能な洞察が必要です。

カスタマーサポート

専任のレスポンシブなカスタマーサポートチームは、大きな違いを生み出すことができます。

技術的な支援が必要な状況や、特定の機能に関するクエリがある状況は避けられません。

プロバイダーのカスタマーサービスに関するユーザーレビューを調べ、提供されているコミュニケーション手段(メール、ライブチャット、電話)や、自己ヘルプのための豊富なリソース(ガイド、チュートリアル、ウェビナーなど)を検討してください。

価格設定

最後に、プラットフォームの価格体系を考慮してください。予算に合致していることを確認してくださいが、同時に、コストをツールがビジネスにもたらす機能、利点、競争上の優位性と対比させることを忘れないでください。

これらのツールが提供する内容を理解し、最適なツールを選択する方法を理解したところで、いくつかの人気のあるマルチチャンネル電子商取引プラットフォームを見てみましょう。

マルチチャンネル電子商取引のための推奨ツール

1. Sanka

マルチチャンネル電子商取引向けに特別に設計されたSankaのプラットフォームは、中央集権型の在庫管理、注文追跡、人気のある販売チャネルとのシームレ

スな統合を提供しています。

マルチチャンネル戦略について包括的なソリューションを求めるビジネスにとって理想的な選択肢です。

2. Shopify

多目的で使いやすいプラットフォーム、Shopifyは、ビジネスがオンラインストアをシームレスに作成および管理できるようにします。

さまざまな販売チャネルとの統合を提供し、ビジネスがリーチを拡大するのを容易にします。

3. BigCommerce

拡張性が高いBigCommerceは、成長中のビジネスに最適なソリューションです。

AmazonやeBayなどのマーケットプレイスでの販売と独自のストアの管理を行いながら、堅牢なマルチチャンネル機能を提供します。

4. Sellbrite

Sellbriteは、中小企業に人気のある選択肢です。

Amazon、eBay、Etsyなどのさまざまなマーケットプレイスや、Shopify、WooCommerceなどの電子商取引プラットフォームとのシームレスな統合を提供します。

Sellbriteは在庫管理と注文管理で優れており、使いやすいインターフェースと優れたカスタマーサポートでも評価されています。

5. ChannelAdvisor

ChannelAdvisorは、多機能な電子商取引プラットフォームで、大規模なビジネスに最適です。

さまざまなオンラインマーケットプレイス、デジタルマーケティングチャネル、配送業者と統合します。

ChannelAdvisorは、最適化されたリスティングからアルゴリズムによる価格設定、予測分析まで、電子商取引プロセスのさまざまな側面を自動化するのに優れています。

結論

オンライン小売業者としての活動を始めたばかりであるか、事業を拡大しようとしている場合でも、マルチチャンネル電子商取引ツールは、旅をより効率的かつ報酬的にすることができます。

マルチチャンネル販売は、プラットフォーム間の一貫性と同期、正確な在庫管理、一流の顧客体験の提供が継続されるときに最も良い結果をもたらします。

Shopify、BigCommerce、そしてSankaのようなプラットフォームは、複数のチャンネルを管理する複雑さを簡素化するための強力なツールを提供します。

SankaのようなSaaS企業は、電子商取引のサポートを専門としており、顧客が売上潜在性を最大限に引き出すのを支援するためのカスタマイズされたマルチチャンネルソリューションは、クライアントを支援する上で重要な要素となります。

ビジネスがオンライン商取引の変動するダイナミクスに適応し続けるにつれて、マルチチャンネル電子商取引を受け入れることは、単なる選択肢ではなく、新たな機会を開拓し、競争の激しいデジタルマーケットで成長を持続するための道筋です。

ECビジネスを運営する、
もっと良い方法があります。

市場調査、商品・注文管理、顧客サービスまで。
全てのデータと業務を一元化。
一つのサブスクで。無制限のアカウント。

無料ではじめる

お気軽にご連絡ください。

無料製品トライアル・デモ
導入・運用サポート
費用見積もり
コンサルティング
データの移管支援
ソフトウェア開発