Sankaアカデミー

クラウドを管理するためのトップ9のFinOpsツール

Pic

最終更新日: 2024年2月3日

はじめに

企業がますます業務をクラウドに移行する中で、クラウドコストの管理と最適化は重要な側面となっています。

ここでFinOpsツールが活躍します。これらのツールはクラウド支出の可視化を提供し、リソース利用のトラッキングを助け、予算策定と予測をサポートします。

あなたはクラウドコストの舵を取り、効率を飛躍的に向上させる準備ができていますか?

くつろいで、FinOpsの世界に飛び込み、クラウド支出の管理方法を革新できるトップ9のツールをご紹介しましょう。

そして、Sankaにも注目してください ─ すべてを統合した自動化管理システムです!

1. AWS Cost Explorer: あなたの財務のGPS

クラウドファイナンス管理ソリューションの先頭に立つAWS Cost Explorerは、AWS環境内の費用をシームレスにナビゲートします。

信頼できるFinOpsの助言者として、Cost ExplorerはユーザーにAWSの費用と利用状況を時間の経過にわたり分析し、管理する力を与えます。

ユーザーフレンドリーなインターフェースを提供し、コストを簡単に可視化、理解、管理できます。

主な特徴

  • 簡単なアクセスと制御: AWS Cost Explorerは直接AWS Toolkit for JetBrainsに統合されます。これにより、接続の管理、AWSリージョンの切り替え、アカウント内のLambda関数やCloudFormationスタックの制御が可能です。
  • カスタマイズ可能な表示: AWS Explorerを自分のニーズに合わせて調整できます。ツールウィンドウを好みに合わせて調整、移動、リサイズ、または削除することができます。
  • コスト管理: AWS Cost ExplorerはAWSのさまざまなサービスおよびタイムラインごとの費用を細かく分析します。これにより、予算立案と予測に役立つ貴重な洞察を得ることができます。

利点

  • AWSエコシステムとのシームレスな統合
  • ユーザーフレンドリーなインターフェース
  • 頑強な予測機能

欠点

  • AWS以外のサービスへのサポートが限られている

2. Azure Cost Management + Billing: あなたのAzureの味方

MicrosoftのAzure Cost Management and Billingは、クラウドコストの管理と最適化という複雑なタスクをシンプルにするトップティアのツールです。

そのユーザーフレンドリーなインターフェースは、すべてのサイズのビジネスに対応し、クラウド支出に対する洞察と制御を向上させます。

Azureの航海をしている場合、このツールが心強い仲間です。費用を明確にし、クラウドの使用を最大限に活用します。

主な特徴

  • コスト分析: これにより、ユーザーはクラウドの支出を包括的に分析し、細かく割り当て、精度を持って最適化することができます。
  • コスト最適化: Azure Cost Managementは未使用のリソースを特定し、コストを節約し効率を向上させる方法をユーザーに案内します。
  • 請求アラート: この機能は、支出が定義された予算を超えるとユーザーにアラートを送信し、財務の制御と透明性を確保します。

利点

  • 包括的なAzureコスト管理
  • 効果的な予算立案とアラート機能
  • 他のMicrosoftサービスとの統合

欠点

  • 初心者向けの学習コスト

[3. Google Cloud's Cost Management Tools: スマ

ートな節約、スマートなビジネス](https://cloud.google.com/cost-management?hl=en)

クラウドコンピューティングの時代において、コスト管理は極めて重要です。Google CloudのCost Managementツールは、複雑なクラウドファイナンスデータを実行可能な洞察に変えるスマートなビジネスのガイドとして機能します。これは戦略的な意思決定と投資利回りの最大化にとって重要です。

これは費用の傾向と予測に包括的な洞察を提供します。これにより、企業はコスト効率とビジネスの俊敏性を確保するための堅実なガバナンスポリシーを通じてコストを制御し、最適化の提案を受けることができます。

主な特徴

  • リソースの階層構造とアクセスコントロール: クラウドリソースを詳細に管理し、細かい権限を使用して効果的にコストを割り当てます。
  • レポート、ダッシュボード、予算、アラート: これらのツールは支出の視覚的な表現を提供し、予算の閾値に対するアラートを送信して、予算内に収まるようにします。
  • 推奨: 効率と節約を向上させるためのカスタマイズされた提案を受け取ります。
  • 請求のエクスポート: 希望するツールを使用してデータのエクスポートを自動化し、深い費用分析を行います。

利点

  • Google Cloudのインフラストラクチャとの統合が直感的かつ調和のとれた体験を提供します。
  • 賢明な最適化の提案は、コストを削減し効率を向上させるのに役立ちます。
  • 自動化されたアクションにより、予期せぬコストに対する保護が提供されます。

欠点

  • Google Cloud Platform専用に設計されており、マルチクラウド環境に対応していない。
  • 利用可能な機能の深さは、新規ユーザーには学習コストがかかる可能性があります。

4. CloudHealth by VMware: 効率の合理化

CloudHealthを使用してクラウドの健康状態を確認しましょう。かつてVMwareのCloudHealthとして知られていたプラットフォームは、Tanzu Intelligence Servicesの傘下でVMware Tanzu CloudHealthとして新生しました。

CloudHealthはインテリジェントな洞察を提供し、コストを最適化し、ガバナンスを施行し、Cloud Centers of Excellence(CCoE)を設立するのに役立ちます。

これはマルチクラウド環境に対する洞察を提供し、全体での効率を最適化します。

主な特徴

  • 財務管理レポート: 組織が予算を設定し維持することで、費用をコストセンターごとに割り当てることができます。
  • オペレーションの合理化: ユーザーはクラウド操作の自動化のためのカスタムポリシーを作成でき、意思決定を迅速化しリスクを削減します。
  • セキュリティとコンプライアンスの強化: リソースの関係と構成を理解することで、脆弱性を視覚化し、調査し、軽減するツールを提供します。

利点

  • さまざまなクラウドサービスを包括的に管理するための単一プラットフォームとして機能します。
  • 特定のビジネスニーズに合わせたポリシーやレポートを可能にします。
  • マルチクラウド財務管理プラットフォームのリーダーとして認識されています。

欠点

  • 強力ではあるが、多くの機能があるため、マスターするには時間がかかるかもしれません。
  • 最初はVMware環境向けに調整されていたが、他のサポートを拡充したため、既存のVMwareエコシステムに入れ込んでいるユーザーに有利かもしれません。

第5. Apptio Cloudability: クラウドコスト、シンプルに

Apptio Cloudabilityはクラウドコストから複雑さを排除します。

Apptio Cloudabilityはクラウド支出の統一された財務ビューを提供し、予算の実施を支援し、ITファイナンスチーム、ビジネスリーダー、およびDevOps向けに調整可能な予測を提供します。

これにより、正確なクラウド支出の割り当てと最適化に基づいた戦略的な意思決定が可能となります。

主な特徴

  • 財務計画: 予測と戦略的な意思決定をサポートします。
  • コスト割り当て: 容器を含む包括的なコスト割り当てツールで正確なチャージバックを確保します。
  • ライトサイジングと最適化: 主要なクラウドサービス全体でのコスト削減の機会と非効率を特定します。

利点

  • 細かい割り当て: すべてのコストを割り当てて、完全な透明性を促進します。
  • 戦略的な洞察: 投資の意思決定に対するコストをビジネスの価値に関連付けます。
  • 専門のサービス: 特定のニーズに対応するためのカスタマイズされたアプローチのためのプロフェッショナルサービスが利用可能です。

欠点

  • 複雑性: 適切なトレーニングを受けていない新規ユーザーには圧倒的かもしれません。
  • 特定の焦点: クラウド支出の詳細なトラッキングと帰属に焦点を当てた組織に最適です。

第6. Densify: スマートなクラウド最適化

クラウドで柔軟でスマートなコスト管理を求める企業に対して、Densifyは実用的なソリューションを提供しています。

Densifyは「ベストゲス」のアプローチを置き去りにし、クラウドでのコスト最適化に機械学習を導入し、より正確でコスト効果の高いアプローチを提供します。

それはアプリケーションリソースの異なる要求に対応し、ワークロードを理解して堅牢なインフラの決定を行います。

主な特徴

  • ライトサイジング: ワークロードに最適なサイズのリソースを提案します。
  • 自動コスト異常検出: Densifyはコストの急上昇を特定しアラートを通知します。
  • ストレージ最適化: 使用パターンに基づいて最もコスト効果の高いストレージオプションを推奨します。
  • 未使用リソースの特定: IPアドレスなどのコストを節約するために削除できるアイドルリソースを指摘します。

利点

  • ディープラーニング: マシンラーニングは、リソースの動作を理解することでより正確なコスト予測と管理を提供します。
  • 自動最適化: 人為的なエラーを減少し、コスト削減を自動化することで効率を向上させます。
  • マルチクラウド: AWS、Azure、Google Cloudをサポートし、柔軟性を提供します。

欠点

  • 学習カーブ: 初めは複雑に見えるかもしれません。ユーザーはツールを効果的に使用する方法を理解するためにある程度の時間がかかるかもしれません。
  • 限定的な統合: 主要なクラウドプラットフォームをサポートしていますが、一部のユーザーは好みのクラウドプロバイダーがサポートされていないと感じるかもしれません。

第7. Trek10 Cloud Cost Estimator: あなたのクラウド冒険を計画する

クラウドの旅行を計画中ですか? Trek10のCloud Cost Estimatorは、コストの予測を支援し、スムーズで予算に優しい冒険を確実にします。

組織の財務クラウドの旅行を管理する際、信頼性のあるFinOpsツールが不可欠です。

Trek10は、費用の見積もりと最適化のためのソリューションを提供します。コンサルティングおよびサービス企業として、彼らは主に複雑なクラウドインフラの課題を解決することに重点を置いてAWSクラウドの導入を容易にすることに焦点を当てています。

**主な特

徴**

  • 専門家の分析: Trek10のAWSの専門知識は、詳細なクラウドコスト分析を提供するとされています。
  • セキュリティの焦点: セキュリティ評価は、セキュアなクラウド投資を強調する財務構造を示唆しています。
  • AWSの専門化: AWSサービスへのフォーカスされたスキルセットは、より正確なAWSコストの見積もりにつながる可能性があります。

利点

  • 集中的なAWS経験: AWSに対する深いダイブサービスは、AWSリソースの質的なコスト見積もりを示唆しています。
  • セキュリティ駆動: 無料のIBMセキュリティ評価と共に、セキュリティは費用の評価において金融漏洩が発生しないようにするための重要な要素です。
  • 包括的なサポート: AWS関連のさまざまなサービススペクトルは、強力なコスト管理戦略を提供できる能力を示唆しています。

欠点

  • 限られた情報: コスト見積もりツールに関する直接の情報がないため、利点、機能、制限が不明確です。
  • AWS専用: AWSに重点を置いているため、他のクラウドプロバイダーに対する機能が制限されているかもしれません。
  • 想定される見積もりツール: Trek10は直接特定の見積もりツールを宣伝していないため、サービスは単独の製品ではなく、むしろ大規模なコンサルティングエンゲージメントの一環となる可能性があります。

第8. CloudCheckr: 総合的なクラウド管理

Spot by NetAppのポートフォリオの一部として、CloudCheckrはエンタープライズおよびマネージドサービスプロバイダー(MSP)向けに効果的にクラウドリソースを管理し、コストを削減し、最適化します。

これはあなたのオールインワンクラウド管理ツールです。セキュリティからコンプライアンスまで、これはウェルオーガナイズでコスト効果の高いクラウド環境を維持するためのあなたの信頼できるパートナーです。

このツールは、深い可視性と分析を提供し、数百のベストプラクティスチェックと組み合わせて、運用効率、コスト削減、およびガバナンスとセキュリティの基準の遵守を確保します。

主な特徴

  • 実行可能な可視性: クラウド支出とリソース使用の詳細な洞察。
  • コスト最適化: コストを削減するための適切なサイジングおよびリバランスの機会を特定します。
  • リソース効率: 浪費を最小限に抑えるための消費トレンドのトラッキング。
  • チャージバック/ショーバック: クラウドコストを関連する事業部門やプロジェクトに正確に割り当てます。
  • セキュリティとコンプライアンス: 脆弱性の自動識別と是正。

利点

  • 包括的な管理: クラウド管理のさまざまな側面をカバーする広範な機能を提供します。
  • コスト削減: クラウド支出を大幅に削減できるアクティブなコスト最適化機能。
  • セキュリティの保証: 継続的なセキュリティチェックにより、コンプライアンスの維持と脅威からの保護をサポートします。

欠点

  • 新規ユーザー向けの複雑性: 機能の範囲により、初心者には圧倒的かもしれません。
  • 潜在的に圧倒的なデータ: 提供されるインサイトの膨大な量は、専門的な分析を必要とする場合があります。

第9. Sanka: あなたのFinOpsジャーニーを高める

Sanka

[Sanka

](https://sanka.io/) - コスト削減、時間の節約、収益の成長。すべて1つのプラットフォームで!

ツールと自動化されたソリューションのスイートを備えたSankaは、ビジネスの効率と生産性を向上させるFinOps戦略を簡素化します。

Sankaは10年のEコマースコンサルティング経験を通じて開発され、セールス、コマース、およびカスタマーサービスから収益作業を効率的に統合します。

Eコマース管理のためのエンドツーエンドのソリューションとして、Sankaはストア、広告、支払い、およびソーシャルの側面を統合して運用を効率化します。

これだけでなく、Sankaを使用すると、クラウド管理ビジネスアプリケーションですべてのお気に入りのツールを使用し、それらをすべて1つのスペースで管理できます。これで、最も効果的な方法で作業できます。

主な特徴

  • 統合エコシステム: 効率的な操作のためにストア、広告、支払い、およびソーシャルプラットフォームを統合します。
  • Eコマースコンサルティング: ビジネスをEコマースに導くためのコンサルティングサービスを提供します。
  • オンボーディングサポート: 移行サービス、オンボーディングチーム、および専任のサポートチームによる24/7の問題解決を提供します。

利点

  • 包括的なツール: すべてのEコマースツールを統合し、コストを節約します。
  • 効率向上: プロセスを自動化し、戦略的なタスクに貴重な時間を確保します。
  • 強力なサポート: シームレスな移行と運用を確保するために無料の移行サービスと24/7のサポートを提供します。

欠点

  • Eコマース特有: 主にEコマースビジネスに焦点を当てており、他の産業への応用が制限されています。
  • 価格の透明性が低い: ウェブサイト上の詳細な価格情報がないため、具体的な情報については直接連絡が必要です。

結論

FinOpsのダイナミックな世界では、これらのツールが効果的なコスト管理の道を開いています。

FinOpsツールを選択する際には、ツールの機能を特定のビジネスニーズと既存のクラウドセットアップと一致させることが重要です。

コストの可視性、予算、または最適化であれば、これらのツールはFinOpsの旅路を大幅に向上させ、クラウドの最適なコスト管理とクラウド投資のプラスのリターンにつながります。

Sankaがあなたのそばにいると、効率と生産性は単なる言葉以上のものになります。

それでは、クラウド管理を革新する準備はできていますか? これらのツールを採用し、SankaがあなたのFinOpsの旅路を加速させることを受け入れますか? 今すぐSankaにサインアップしてください!

無料ではじめる

お気軽にご連絡ください。

無料製品トライアル・デモ
導入・運用サポート
費用見積もり
コンサルティング
データの移管支援
ソフトウェア開発