Sankaアカデミー

FinOps KPIのマスタリング: Sankaによるデータ駆動型財務の成功ガイド

Pic

最終更新日: 2024年2月1日

はじめに

広大なオンラインの世界で、クラウドサービスに賢明に費やすことは、ビジネスが繁栄するために不可欠です。

FinOpsの世界へようこそ―これはあなたのクラウド管理に財務コントロールをもたらすだけでなく、著しい節約と効率をもたらす強力なアプローチです。

本記事では、FinOps Key Performance Indicators(KPIs)の追跡と実装の定義と利点を探っていきます。

FinOps KPIsの定義

Key Performance Indicators(KPIs)は、財務、オペレーション、テクノロジーの戦略的な収束を表すFinOpsの世界で重要です。

クラウドコンピューティングの文脈では、FinOps KPIsは組織のパフォーマンスを定量的に測定する重要なメトリクスであり、特にクラウドコストの管理と最適化に関してです。

FinOps KPIsの厳密さは、これらがクラウドサービスの独特で弾力的な性質を考慮して、財政の健康状態の明確で具体的なスナップショットを提供できる能力に由来しています。

例を通じてFinOps KPIsを説明

例えば、企業「Creathink」が日常業務でクラウドサービスを広範に活用しているとしましょう。こういった企業がFinOps KPIsをどのように利用できるかを見ていきましょう:

  • クラウド支出効率: Creathinkは、クラウドサービスに対する支出の割合を出力に対して追跡するKPIsを設定します。もしプロジェクトが$100,000のクラウドサービスにかかり、それが$500,000の収益につながった場合、そのKPIは効率の良い指標を示します。
  • 取引ごとのコスト: このKPIは、Creathinkがプラットフォームで完了した各取引にかかるクラウドサービスのコストを特定するのに役立ちます。例えば、彼らが$5で価格設定されたサービスの取引ごとに$1を支出していることが判明した場合、それは相当な余裕がありますが、さらなるコスト削減の余地があるか調査できます。
  • 未割り当てリソースの割合: Creathinkはアイドルまたは未使用のリソースを追跡することで、提供されたクラウドストレージの15%が使用されていないことを発見するかもしれません。このKPIは不要なコストを削減し、リソースの割り当てを最適化するのに役立ちます。

FinOps KPIsは、複雑なクラウド請求データを洞察に変え、説明責任のある協力的なコスト管理を奨励します。

組織内のさまざまなチームが、開発者からファイナンスの専門家まで、これらのKPIを理解していると、クラウドの支出が常にそのアウトプットで正当化され、会社の財務目標と密接に一致していることを確認できます。

FinOps KPIsを追跡および実装する利点

#1 財務的な明確さ: お金の使い道を確認

FinOpsはクラウドコストの明確なビューを提供し、使われたすべてのドルを理解し、制御できるようにします。

FinOps Foundationによる「State of FinOps 2022」レポートによれば、FinOpsを採用する企業はクラウド関連のコストを30%削減することがよくあります。

お金がどこに行っているかを正確に知っているとき、あなたの収益に与える影響は想像を絶するでしょう!

#2 運用効率: クラウドリソースを最適化

FinOps KPIsを追跡して、クラウドリソースの利用を最適化します。

これにより、使いすぎや使いすぎを防ぐだけでな

く、大量のお金も節約できます。

業界の専門家によれば、FinOpsに焦点を当てた企業は、クラウドオペレーションをよりスリムでコスト効果の高いものにすることで、運用効率が最大40%向上すると報告されています。

#3 戦略的な意思決定: ビジネスをデータで強化

適時で適切なデータがなければ、予測は単なる推測に過ぎません。

FinOpsは主要なパフォーマンス指標を追跡することで、情報を提供し、情報に基づいた意思決定を可能にします。

FinOps KPIsのトラッキングと測定、クラウド支出対総収益、クラウド支出の予測の正確さ、および顧客ごとのクラウドコストなどのKPIsは、将来の予算立案と予測の正確性を著しく向上させることができます。

これらは予測を磨くためのフィードバックループとして機能し、予想と実際の支出の間のギャップを減少させ、クラウド関連の意思決定プロセスにかかる時間の20%削減が報告されています。

リアルタイムの洞察に裏打ちされた迅速で戦略的な選択によって、ビジネスが得る競争上の優位性を想像してみてください。

#4 説明責任と協力の促進

FinOps KPIsは財務またはIT部門だけの問題ではありません。これはみんなの仕事です。

これらのメトリクスは、異なる職能チームがクラウドの使用と支出に関する知識を共有し、情報に基づいた決定を行うのに役立ちます。

たとえば、開発者はクラウドコストへの影響を考慮に入れてアーキテクチャやコーディングの決定をするかもしれませんし、プロダクトマネージャーはコストの効率性に基づいて機能を優先順位付けするかもしれません。

#5 ビジネスアウトカムとのクラウド支出の調整

FinOps KPIsを追跡することで、クラウド支出をビジネス目標と調整できます。

製品またはサービスごとのクラウドコストの割合や、顧客ごとのクラウドコストを測定することで、ビジネスがクラウド投資の収益性を理解できます。

この調整により、支出が常にビジネス価値に比例し、収益性と顧客満足度が向上します。

#6 組織の俊敏性の向上

クラウドの速い世界では、俊敏性は重要な競争上の優位性です。 FinOps KPIsを理解し実装することで、ビジネスは迅速に変化するニーズに対応できます。需要が増加する対応策としてスケーリングアップしたり、景気後退時にコストコントロール策を実施したりできます。

FinOps KPIsの理解と実装による俊敏性は、このダイナミックなデジタルランドスケープで繁栄するか、ただ生き残るかの違いとなり得ます。

ビジネスのためのトップ7のFinOps KPI

1. コスト効率比率: 支出からの最大の価値を引き出す

ビジネスがクラウド支出を具体的な価値にどれだけ効率的に変換しているかを測定します。最適化されたコスト効率比率は、使われたすべてのドルから最大限の価値を得ていることを確認します。

2. リソース利用率: 無駄と非効率を避ける

クラウドリソースがどれだけ効果的に利用されているかを評価します。このKPIは無駄を避け、リソースがビジネスニーズに合ったものであることを確認します。

3. ダウンタイム割合: 信頼性と稼働時間を確保

クラウドサービスの信頼性を追跡して、中断なく運用を維持します。低いダウンタイム割合は、より信頼性があり利用可能なクラウドインフラを示します。

4. ストレージ利用: データ管理を最適化

クラウドストレージの使用効果を評価し、不要なコストを避け、データ管理を最適化します。

5. インスタンスの適切なサイズ: 効率のために仮想マシンを調整

仮想マシンのサイズとパフォーマンスを評価し調整し、適切な効率を得ます。これにより、過小利用と過剰供給の両方を防ぎます。

6. データ転送コスト: インタークラウド通信費用を管理

異なるクラウドサービス間のデータ転送コストに注意を払います。ここでの効率的な管理は、インタークラウド通信においてかなりの節約につながる可能性があります。

7. 環境タギング: プロジェクトまたは部門別に支出を整理

経費をプロジェクトや部門に基づいて分類するためのタギングシステムを導入します。これにより、コストの追跡と制御が効果的に行えます。

これらのFinOps KPIsを実装することで、大幅な節約が生じることがあります。通常、クラウド関連の意思決定の管理にかかる時間がほぼ半分に削減されます。

SankaがあなたのFinOpsの旅を加速する方法

さて、Sankaのサポートを得てこのFinOpsの旅を効率化してみてください。

「Sanka」は、FinOps戦略の実装を簡素化し、ビジネスの効率と生産性を促進します。

この動的なデュオは、効果的な予算管理に役立つだけでなく、予算の制約から解放されてビジネスの中核要素に焦点を当てることができます。

ビジネスを革新するこの機会をお見逃しなく。今すぐ無料トライアルを始めて、SankaがあなたのFinOps戦略をどれほど強化できるかを確認してください:無料トライアルにサインアップ!

結論

FinOpsの導入、そしてさらに重要なのは、FinOps KPIsの追跡と実装は、クラウド経済の複雑な舞台を航行するための組織にとって不可欠なツールキットを提供します。

FinOpsによって、ビジネスはより明確に物事を見、より効果的に動作し、よりスマートな決定をします。FinOps KPIsをあなたの役立つガイドと考えてください。

Sankaを加えると、効率と生産性はアイデアだけでなく、ビジネスにとって現実になります。

クラウド管理を素晴らしいものにする準備はできていますか? FinOpsとSankaを利用してビジネスをより良く、節約し、成功させる準備はできていますか?

あなたのFinOpsの旅は呼んでいます―次の一手は何ですか?

無料ではじめる

お気軽にご連絡ください。

無料製品トライアル・デモ
導入・運用サポート
費用見積もり
コンサルティング
データの移管支援
ソフトウェア開発