Sankaアカデミー

FinOpsの理解:財務運用の初心者ガイド

Pic

最終更新日: 2024年2月2日

はじめに

あなたは組織の支出を最適化し、イノベーションを進化させる方法を考えたことがありますか?

現代のビジネスの常に進化する風景では、効率、価値、および節約を促進する革新的な手法が絶えず開発されています。

そのようなアプローチの一つが、クラウド金融管理において重要であり、転換点となるプロセスである「FinOps(Financial Operations)」です。

クラウドコンピューティングの台頭に伴い、この状況での財務運用の管理はこれまで以上に重要になっています。

この記事では、FinOpsの基本に深く入り込み、初心者に対して新興のビジネスオペレーション戦略を理解し、このプロセスをどのようにSankaと組み合わせるかを解説します。

FinOpsの定義

FinOpsは、ファイナンス(Finance)とオペレーション(Operations)を組み合わせた言葉で、クラウドコンピューティングの資金専門家のような存在です。財務の知識と運用スキルを組み合わせることが重要です。

FinOpsには、クラウドコストを効果的に管理し、ビジネス価値を引き出すための3つの主要な機能があります。

  1. Inform(通知): この柱は透明性に重点を置いています。各チームに対して、彼らの支出、その要因、および彼らが推進しているビジネスへの影響について通知することが重要です。
  2. Optimize(最適化): これはクラウドの使用状況を継続的に評価するものです。最大の価値を生むために賢明で情報に裏打ちされた資源割り当てのアプローチが必要です。
  3. Operate(運用): この機能は、ビジネスを前進させるために適切なリソースを活用することに焦点を当てています。効率的な実行を確保し、企業が内外の変化に迅速に適応できるよう支援します。

目標はどうでしょうか? FinOpsの目標は、ビジネスがクラウドコストをプロのように処理し、効率的にリソースを管理し、ビジネスの目標と調和して支出を継続することです。

McKinseyによれば、FinOpsの手法を採用する企業はクラウド関連の費用を30%削減することがよくあるとされています。

以下は、FinOpsの利用メリットの主要な5つのポイントと、それがビジネス目標にどのように役立つかです。

#1 コストの明確な可視化とガバナンスの向上

FinOpsの中心には、クラウドコストのすべての部分に対する明確な可視化があります。

この可視化のレベルは、単に支出を把握するだけでなく、クラウド内の財務ランドスケープの各領域に対する理解を創造することです。

例えば、クラウドを完全に採用しているテクノロジー企業を考えてみてください。企業はクラウドの請求書が月々変動していることを把握していますが、原因を特定できません。

FinOpsの手法が導入されると、企業は各サービスについて詳細な情報を得て、支出を特定のプロジェクトやチームに帰属させることができます。これにより、非効率を特定し、コスト削減の機会を見つけることができます。

#2 責任と所有権の強化

FinOpsの分散所有の原則は、コストの管理方法を革新します。

従来、ITコストは中央で管理され、支出者(開発チーム)と支払者(財務)との間に不一致が生じることがよくありました。

FinOpsの環境では、開発マネージャーは自分たちの支出の影響を認識します。

例えば、異なるデータベースオプションを選択し、コスト効果があり高い可用性のニーズをサポートするものを選択できます。

#3 コストの最適化

FinOpsの哲学の中心には、クラウド支出の積極的な管理と最適化があります。

これは単なるコスト

削減を超えており、クラウド支出をビジネス全体の大枠に合わせる戦略的な取り組みです。

これは、コストを単に管理するのではなく、最適な効率を得るために積極的に微調整するダイナミックなプロセスと考えてください。

小売業者は、FinOpsを活用してクラウドの使用と支出をセールスキャンペーンに合わせ、必要に応じてリソースをスケーリングアップまたはダウンさせ、財政的に無理なく対応することができます。

#4 ビジネスのアジリティ

コストをビジネスの価値に結びつけることで、FinOpsは組織により高いアジリティを提供します。

財務の決定が迅速に行われ、ビジネスは市場状況に効果的に対応できます。

メディアストリーミングサービスがFinOpsを利用して大ヒットシリーズのリリースを処理する場合を想像してみてください。サービスは視聴者の急増に対応するためにリソースを正確にスケーリングアップし、その後のリリース後にスケーリングダウンし、不必要な支出を回避します。

#5 持続可能な競争優位性

最後に、FinOpsを採用する企業は持続可能な競争優位性を得ることができます。

クラウド支出のリアルタイムな分析が迅速な戦略的な決定を可能にし、新しい市場への参入や競争や顧客の要求への対応などが可能です。

FinOpsの六つの原則

フレームワークが成功裡に採用されるためには、強力な原則に基づいている必要があります。

FinOpsも例外ではありません。これは、組織がクラウド金融管理の向上に向けて舵を取るのを可能にする6つの基本原則に基づいています。

それぞれの原則を詳しく見ていきましょう。

1. チームの協力

FinOpsの基本の一つは、チームの協力です。成功するクラウドコスト管理は一人ではなく、チーム全体の作業です。

FinOpsは、ファイナンス、オペレーション、ビジネスの各チーム間での継続的な協力と連携の必要性を強調しています。

これらの異なる領域のグループは、計画、モニタリング、およびクラウドコストの最適化の継続的なサイクルで協力し合い、従来の分断を超えて包括的な意思決定の文化を促進します。

2. 責任

FinOpsモデルでは、コストの責任は財務やオペレーションなどの特定の部門に限定されません。代わりに、クラウドリソースを使用するすべてのチームで共有されます。

この所有感は、コストへの意識を植え付け、チームがクラウドリソースの使用方法に注意を払うよう促します。

これは責任感を醸成し、個々の行動が組織の全体的な財務健全性にどのように影響するかを知っている文化を促進します。

3. 中央のコントロール

FinOpsモデルでは分散型の意思決定がありますが、中央のコントロールは財務上の決定が組織の戦略的な目標と一致していることを確認します。

中核となるFinOpsチームは、財務、オペレーション、およびビジネスの専門家から構成され、企業の目標に合致し、それを維持する支出のためのフレームワークを設定します。

中央のコントロールは、異なるチーム間でより調整されたアプローチを可能にし、機敏性とコスト管理のバランスを保ちます。

4. アクセシブルなレポート

透明性はFinOpsの基本原則です。すべてのチームはリアルタイムで包括的なクラウドコストと使用レポートにアクセスできるべきです。

これらのレポートは理解しやすく、どの役職のスタッフでも行動できる具体的な洞察を含むべきです。

これにより、チームメンバーは自分たちの活動がコストに与える影響と、組織への貢献の価値を理解するのに役立ちます。

5. ビジネス駆動の意思決定

クラウドリソースとコストに関する意思決定は、それらがビジネス価値に与える影響に基づいているべきです。

コストを最小化すべきものと見なす代わりに、それらはビジネスアウトカムを提供するための投資と見なすべきです。

ビジネスチームはこれらの意思決定に関与し、支出から得られる価値が常に中心にあることを確認します。

6. 可変コストモデル

FinOpsは可変コストモデルを使用しています。従来のITインフラの固定コストとは異なり、クラウドは使用する分だけ支払うというダイナミックかつスケーラブルなモデルです。

この機敏性により、ビジ

ネスはリアルタイムのビジネスニーズや機会に合わせて支出をミラーリングし、効率と持続可能な成長の余地を作り出せます。

SankaがFinOpsの旅で果たす役割

それでは、Sanka - あなたのFinOpsの旅の仲間です。

Sankaはストア管理、広告、支払い、ソーシャルメディアをシームレスに統合し、Sales、Commerce、Marketing、およびCustomer Serviceに特化したソリューションを提供しています。

このeコマース管理プラットフォームは、頑強な分析とマーケティングオートメーションだけでなく、注文管理ソフトウェア、CRM、コンタクトセンターの統合などの機能も提供しています。

Sankaのツールと自動化されたソリューションのスイートを使用することで、SankaはFinOps戦略の実施を簡素化し、効率と生産性を促進するためのシームレスな予算管理計画を確実にします。

この自動化されたプロセスを統合することで、予算の制約に悩むことなくビジネスのエキサイティングな要素に焦点を当てることができます。

今すぐ無料トライアルを開始してください!

Sankaのeコマースビジネスにおける利点を発見してください。今すぐ無料トライアルを開始して、オンラインプレゼンスを革新するフルインテグレーションされたFinOpsプラットフォームソリューションの力を体験してください。

質問や詳細な情報が必要な場合は、当社のチームにお問い合わせいただき、カスタマイズされた相談を受けてください。

結論

今こそ、ビジネスがFinOpsを理解し、利用することが非常に重要です。

技術の急速な進歩とクラウドコンピューティングへのシフトに伴い、重要なクラウド支出を処理する複雑さを避けることは、資金とリソースの浪費につながる可能性があります。

FinOpsは、クラウド関連の費用を30%削減する可能性があるクラウドコストの管理のための手段です。

これは強力なデュオと考えてください:FinOpsは財務と運用のノウハウをもたらし、Sankaはツールと自動化を提供します。共に、より効率的で革新的かつ成功した未来への切符です。

ビジネスを向上させる準備はできていますか?さあ、Sankaと一緒にFinOpsに飛び込みましょう!

無料ではじめる

お気軽にご連絡ください。

無料製品トライアル・デモ
導入・運用サポート
費用見積もり
コンサルティング
データの移管支援
ソフトウェア開発