Sanka Academy

スタートアップにおけるエンジニア採用を徹底解説

Pic

最終更新日: 2023年7月6日

この記事で学べる内容

はじめに

ITスタートアップの成功は、エンジニアチームの質にかかっていることが多くあります。

それはどのビジネスのコアでもある「商品」(ソフトウェアスタートアップの場合は文字通りソフトウェア)を、開発者が担うからです。消費者に好かれる商品を開発・発展させる上で、適切なエンジニアを採用することは重要であることは自明でしょう。

一方、今日の採用競争の激しい人材市場で成果を収めるには、大手企業や他のスタートアップと比べても目立つように施策が求められます。

この記事では、スタートアップの創業者、役員、採用担当の方に向けて、採用効率を最大化できるよう、エンジニア採用のポイントやノウハウをご紹介します。

エンジニアを採用する際に考慮すべきポイント

エンジニア採用の際に、考慮すべき重要なポイントがいくつかあります。

予算、必要なスキルセット、採用するエンジニアの規模、といった基本的な情報はもちろん、その他の押さえておくべき点を、以下にリストしておきます。

スキルセットと専門知識

エンジニアの役割に必要なスキルセットと専門知識のレベルを正確に特定することが、まず重要です。

技術的な能力、プログラミング言語、ソフトウェアの開発方法などをまず体系的に文字に落とし込みましょう。その中で必要な人材像が、少なくとも技術的な観点から見えてきます。

企業文化との適合と価値観

企業文化との適合性(カルチャーフィット)と価値観は、ある意味でスキルよりも重要なポイントです。これは少人数のスタートアップの場合、一人が全体に及ぼす影響が大きいからです。

理想を言えば、採用するエンジニアは企業文化と価値観に完全に合致していなければなりません。あなたのスタートアップのビジョンを共有し、価値観を共有できる人材でなければなりません。

多様性とインクルージョン

新しいエンジニアを採用するによく起こすミスとして、現在のチームと全く同じ目線を持つメンバーだけを採用することがあります。

こうした採用が続くと、新鮮なインサイトがチームに加わることがなく、企業がやがて成長しなくなります。価値観の合致は必要ですが、意見をバランスよく取り入れられるような体制を採用段階で作りましょう。

エンジニアを採用するためのプロセス

技術的ニーズの特定

採用プロセスを開始する前に、採用目標と技術的ニーズを明確にすることが不可欠です。

必要なエンジニアの人数を決め、自社に最適なスキルと経験を見極めましょう。

1. 仕事内容と求人広告の作成

必要な技術スキルや企業内容をまとめたら、必要情報をまとめた、求人票・求人広告を作成します。

ターゲットとなる求職者の心に響く言葉を取り入れて、広告を際立たせましょう。

2. 候補者のダイレクトソーシングに、SNSやその他サービスを活用する

LinkedIn、Indeed、Glassdoorのような採用プラットフォームはもちろん、Facebook、Instagram、Twitter、GithubのようなSNSは潜在的な候補者を見つけるのに非常に役立ちます。

(詳しくはSNS採用の投稿をご覧ください。)

人材のリスト、タレントプールの作成、ダイレクトメッセージを通じた候補者とネットワークなど、採用プロセスでは欠かすことのできないメリットを享受できます。

また、Sankaのようなサービスを利用すれば、プロセスを自動化し、より効率的に候補者を見つけることができます。

3. スクリーニングと絞り込み

候補者を管理可能なサイズに絞り込むために、履歴書のスクリーニングを行います。

過去の職務経験、学歴、職務に関連するスキルを考慮して、必要なサイズまで絞り込みましょう。

4. 面接の実行

候補者のスキル、知識、性格、カルチャーフィットなどを評価するために、技術面接やコンピテンシーベース面接を実施します。

このプロセスで、あなたのスタートアップに最も適した候補者を、数人まで絞り込むことができます。

5. 技術テストや課題の実施

エンジニア採用の場合、候補者の能力を評価するために、面接に加え、技術テストや課題提出をおすすめします。このプロセスで候補者のプログラミング能力、問題解決能力、分析能力などを詳細に確認することができるので、「面談で話していた人材ではなかった」と言うような失敗を事前に防ぐことができます。

6. 候補者のバックグラウンド・リファレンスチェック

最終的なオファーを出す前に、リファレンス・チェックとバックグラウンド・チェックを必ず行いましょう。簡易的なものでも、大きな採用エラーを防ぐことにつながります。

過去の雇用主や同僚から、仕事場での態度やパフォーマンスを聞き出すことで、悪質な採用を避けることができます。

7. オファーと報酬パッケージの交渉

理想的な候補者が決まったら、給与、福利厚生、持分、その他の関連事項を盛り込んだオファーレターを作成します。

交渉に備え、報酬パッケージについて、どこまで柔軟に対応できるかを、事前に考えておきましょう。

8. 新入社員のオンボーディングとチームへの統合

候補者がオファーに対して許諾してくれたら、ひとまずは採用の成功です。おめでとうございます!

ただし、本当の勝負はここからです。

効果的な社員のオンボーディング・プログラムは、採用したエンジニアが新しい職務にスムーズに適応するのに役立ちます。

初月、3ヶ月、6ヶ月でチェックポイントを置いて、期待されるパフォーマンスを設定しましょう。また同時にメンター・マネジャーの任命やバディ(同僚)システムやチームビルディング活動を通じて、企業に溶け込める支援を惜しみなくしましょう。

エンジニアを採用するための手法やツール

合理的かつ効率的な採用プロセス

合理的で効率的な採用プロセスを導入することで、時間を節約し、コストを最小限に抑え、候補者の選考を改善することができます。

Sankaは、このプロセスを合理化し、あなたの生活をより簡単にするために設計された自動化ツールです。

Sankaは、独自のアルゴリズムで候補者を特定し、採用プロセスを簡素化し、ビジネスの時間とコストを節約します。

候補者との透明性のあるコミュニケーション

候補者との透明性の高いコミュニケーションを維持することで、人間関係を構築し、候補者の経験を容易にすることができます。

ポジティブな候補者体験

ポジティブな候補者体験を提供することは、候補者が企業との交流を続けるかどうかの決断につながります。

応募者へのタイムリーな回答、丁寧なコミュニケーション、採用プロセス全体の組織的な流れを確保しましょう。

オンボーディングとインテグレーションへの投資

エンジニアを採用したら、チームにスムーズに溶け込めるよう、しっかりとしたオンボーディングプログラムに投資しましょう。

メンターを用意し、期待されるパフォーマンスを明確に設定し、企業文化やプロセスを紹介しましょう。

採用プロセスの継続的改善

フィードバックやデータに基づいて、採用プロセスを定期的に評価し、改善しましょう。

それぞれの採用経験から学び、将来の採用をより効果的かつ効率的にしましょう。

終わりに

技術スキル、カルチャーフィット、過去の経歴などを重視した包括的な採用計画を策定することで、スタートアップに一流の人材を惹きつけることができます。

合理化された採用プロセス、透明性の高いコミュニケーション、ポジティブな候補者体験も同様に重要です。

スタートアップのためにエンジニアを採用するのは大変な作業かもしれない。しかし、適切な準備をすれば、技術力を高めるスキルを持つだけでなく、スタートアップのビジョンや文化を共有できるチームを迎え入れることができます。

この記事で書かれた情報が、あなたのスタートアップにおけるエンジニア採用に役立つことを願っています。

コミュニティマネージャー採用のための完全ガイド 応募者追跡システムで採用を合理化する チームビルディングに最適なビデオ オンボーディングと新入社員の組織化 ワークフロー 【事業成長のために】営業担当者の雇い方 スタートアップにおけるエンジニア採用を徹底解説 トップクラスの技術系採用ツールとサービスで採用に革命を起こす アートを極める: ウェブデザイナーを雇うための必須ガイド トップソーシャルメディア採用ツール: 必要な唯一のリスト 究極のレストラン採用ツール&サービスガイド 「仕事のための仕事」の真実(そしてそれを回避する方法) ホテル業界における最適な採用ツールとサービス 採用自動化ツールでよりスマートに採用 成功の鍵を開ける ソフトウェア開発者を効果的に雇用する方法 ツイッター採用: ツイッターを採用ツールとして活用する方法 【徹底解説】SNS採用とは?始め方と成功事例について HCM(ヒューマン・キャピタル・マネジメント)を徹底解説 採用プロセスを効率化するAI採用ツール9選 自動化で社員の生産性を高める: 専門家による7つのアドバイス 採用を成功させるEコマース採用ツールとサービスのトップ 最高の人材管理ソフトウェア: トップソリューションの包括的レビュー Facebook採用ツールを活用して優秀な人材を見つける方法 採用に最適なLinkedInツールとサービス インスタグラム採用: インスタグラムを採用ツールとして活用する方法 HRオートメーションとは何か、なぜ必要なのか

ECビジネスを運営する、
もっと良い方法があります。

マーケティングから顧客サービスまで。
全てのデータと業務を一元化。
一つのサブスクで。無制限のアカウント。

無料ではじめる

お気軽にご連絡ください。

無料製品トライアル・デモ
導入・運用サポート
費用見積もり
要件定義、ツール選定支援
データの移管支援
開発・コンサルティング