Sankaアカデミー

iPaaSとは?サービスとしての統合プラットフォーム入門

Pic

最終更新日: 2023年6月19日

この記事で得られるもの

  • iPaaSをより深く理解する
  • iPaaSがあなたのビジネスをより効率的にする方法を知ることができます。

はじめに

iPaaSは、企業が複数のソフトウェアアプリケーションを迅速かつ容易に接続できるようにするクラウドベースのプラットフォームです。

手作業によるコーディングが不要になるため、ITチームは他の業務に集中することができます。

さらに、従来のソリューションよりも柔軟性と拡張性に優れています。

この記事では、iPaaSとは何か、なぜこれほどまでに注目されているのか、そして利用可能な最高のツールは何かについて紹介します。

また、以下のような質問にもお答えします: iPaaSを利用する主なメリットは何ですか?統合プロジェクトはどのように始めればよいのか?どのようなツールを使えばいいのか?

iPaaS (Integration Platform as a Service)とは何ですか?

iPaaS(Integration Platform as a Service)は、企業が異種ソフトウェアシステムの統合を効果的に管理するためのクラウドベースソリューションである。

iPaaSは、複数のアプリケーションやシステムのデータを接続し、一元管理するための信頼性の高いプラットフォームを提供し、ビジネスプロセスの合理化と日常業務の自動化を可能にします。

iPaaSを利用することで、企業は以下のことが可能になります:

  • 一貫したデータ統合によるプロセスの効率化
  • アプリケーションを統合する際の手作業を削減
  • ユーザーがどこからでもデータにアクセスできるようにする
  • 開発サイクルを短縮し、市場投入までの時間を短縮する。
  • 同じデータへのアクセスを提供することで、異なるチーム間のコラボレーションを向上させます。

つまり、iPaaSは、社内のインフラを構築することなく、すべての統合ニーズを引き受けることができます。

これには、何百ものアプリケーションやサービスを数分で統合すること、データの流れをリアルタイムで監視すること、単一のインターフェースでAPIを管理することなどが含まれます。

すべてをクラウド上で処理できるiPaaSが、効率的な運用管理方法を求める多くの企業の注目を集めているのもうなずけます。

なぜiPaaSが注目されているのか

iPaaSの需要は高まっています。あらゆる規模の企業が、使用しているデータやアプリを最大限に活用する方法を模索しているからです。

より多くの企業がプロセスをクラウドベースのソリューションに移行するにつれて、それらのプロセスを接続し、アプリのデータがそれらの間で効率的に流れることを保証する信頼できる方法も必要となります。

そこで、iPaaSの出番です。iPaaSは、すべてのアプリとデータをクラウド上で迅速かつ安全に統合することができ、コストのかかるIT投資や手作業による統合作業の必要性を排除します。

また、複雑さを軽減し、コストを削減し、ビジネスの成長や変化にも対応できるスケーラビリティを提供します。

さらに、iPaaSはIT部門を効率化し、手作業によるコーディングのようなありふれた作業から時間を解放して、より重要なプロジェクトやイニシアチブに集中できるようにします。

つまり、iPaaSを利用することで、変化するテクノロジーのトレンドに対応し、新しいチャンスをより早く手に入れることができるのです。

iPaaS を使用する主な利点

iPaaS(Integration Platform as a Service)は、組織のデジタル変革の管理を支援する能力を持っているため、あらゆる規模や業種の企業の間で人気が高まっています。

iPaaSの利用には、いくつかの重要な利点があります。

スケーラビリティ

iPaaSの優れた点は、拡張性が高いことです。つまり、企業はiPaaSを使用して、必要に応じて新しい機能や性能を追加することができます。

これにより、企業は刻々と変化する技術トレンドに対応しながら、将来のニーズにも柔軟に対応できるプラットフォームを提供することができます。

費用対効果

iPaaSは、従来の統合方法と比較してコストが低いだけでなく、ビジネスにおけるコスト効率も向上します。

一部の作業を自動化することで、組織は人件費を削減し、効率を高めることができます。

さらに、iPaaSを利用することで、手作業によるコーディングやハードウェアへの投資が不要になるため、予算を最大限に活用したい企業にとって、費用対効果の高い選択肢となります。

コネクティビティ

iPaaSを利用する大きなメリットの1つは、アプリケーションやシステム間のシームレスな接続性を提供する能力です。

統合されたプラットフォームを使用することで、企業はすべてのデータに一か所から安全にアクセスすることができます。

これにより、各部門の業績を把握しやすくなり、システム間でデータを最新に保つことができるようになります。

iPaaS の使用例: 企業によるiPaaSの活用事例

今日、あらゆる規模の企業が、統合と自動化のニーズに対するソリューションとしてiPaaSを利用しています。

そのメリットは広く認知されており、iPaaSのユースケースはあらゆる産業で現れています。

ここでは、企業がiPaaSの恩恵を受ける最も人気のある方法をいくつか紹介します:

データインジェスチョン

外部ソースからデータを取り込む場合、多くの企業がプロセスを合理化するためにiPaaSに頼っています。

CSVファイルであれ、複雑なトランザクションシステムであれ、iPaaSは自動化された取り込みワークフローでプロセス全体を簡素化します。

これにより、手作業によるコーディングが不要になり、迅速かつ安全にデータを転送することができます。

データマッピング

企業のデータを整理するのは簡単なことではありません。特に、複数のソースからデータを取得している場合はなおさらです。

iPaaSプラットフォームを使えば、1行のコードも書かずに、異なるシステム間の自動データマッピングを作成することができます。

フィールドをドラッグ&ドロップで配置するだけで、データが意味のあるものに変換されるのを見ることができます。

ビジネスプロセスの最適化

iPaaSは、ビジネスプロセス全体を自動化するために使用することもでき、効率性を向上させ、コストのかかる手作業にかかる時間を短縮することができます。

また、異なる部署やアプリケーションを接続することで、チーム間のコミュニケーションを効率化し、チーム間のコラボレーションを促進することも可能です。

iPaaS の主要なベンダーと検討すべきツール

です。

iPaaSソリューションの準備ができたら、多くのプラットフォームやツールから選択することができ、それぞれがユニークなものを提供しています。ここでは、検討すべき主要なiPaaSツールのいくつかを紹介します:

Sanka

Sankaは、革新的で強力なiPaaSプラットフォームであり、企業がアプリケーションやデータを接続、統合、合理化する方法に革命を起こします。

洗練されたユーザーフレンドリーなインターフェースで、Sankaは、オンプレミスかクラウドベースかを問わず、様々なシステム間のシームレスな統合を可能にする包括的なツールや機能のセットを提供します。

このプラットフォームは中央のハブとして機能し、異種アプリケーション、データベース、API、サービス間のギャップを簡単につなぎ、企業はワークフローの自動化、リアルタイムのデータ共有、業務効率の最適化を行うことができます。

複雑なコーディングや豊富な開発リソースを必要とせず、一般的なアプリケーションやサービスを簡単に統合できるよう、幅広いコネクターやアダプターがあらかじめ用意されています。

拡張性、セキュリティ、信頼性を備えたSankaは、様々な規模の企業が真の可能性と成長を引き出すための力を与えてくれます。

Dell Boomi(デル ブーミ

Dell Boomi はクラウドベースの統合プラットフォームで、企業がオンプレミスで複数のクラウドにまたがるアプリケーション、データソース、システムを迅速かつ容易に接続できるよう支援します。

また、Boomiは直感的なドラッグ&ドロップのユーザーインターフェイスを提供しており、技術者でないユーザーでも強力な統合を迅速に作成することが可能です。

Jitterbit

Jitterbitは、エンタープライズレベルの統合プラットフォームで、レガシーシステムと最新のクラウドソリューションを、従来の方法と比較してわずかな時間でシームレスに統合できるように設計されています。

さらに、Jitterbitは、ユーザーがコードを書くことなく迅速に統合を構築できるように、幅広い必須構成済みのコンポーネントとコネクタを提供しています。

SnapLogic(スナップロジック

SnapLogicは、オンプレミスのデータソース、アプリケーション、SalesforceやSAPなどのプラットフォーム間の統合を迅速に構築することができるクラウドベースの統合プラットフォームです。

また、SnapLogicは豊富なビルトインコネクタのライブラリを提供しており、これまで以上に簡単に、異種システムを少ない労力で接続することができます。

これらの主要ベンダーとその提供する機能を検討することで、ニーズに合った最適なiPaaSソリューションがきっと見つかるはずです。

iPaaSを始めるにあたって: 成功のためのチェックリスト

です。

iPaaSを始めるにあたって、長くて複雑なプロセスになる必要はありません。

適切な計画を立てれば、iPaaSを既存のシステムに素早く統合することも可能です。ここでは、プロジェクトを軌道に乗せるためのステップを紹介します:

  • Understand Your Requirements: まず、ビジネスのゴールと目標を確認します。

どのようなデータをどのように管理する必要があるのか、また、これらの要件をiPaaSソリューションでどのように実現するのがベストなのか、自問してください。

  • 統合を成功させるために、どのように構築し、維持するかを概説する、十分に考え抜かれた計画を策定してください。

責任、予算、スケジュールなどを事前に定義しておくことが、成功の鍵になります。

  • 技術的な能力と費用対効果の両面から、特定の要件を満たす適切なツールを探し回る。

Apache Camelのようなオープンソースのソリューションでも、MuleSoftのエンタープライズグレードのAnypoint Platformでも、適切なツールを手元に置くことが成功のために不可欠です。

  • ベストプラクティスを実施する:** 認証から暗号化まで、統合プロセス全体でセキュリティ管理が行われていることを確認し、データの完全性を保護する。

また、パフォーマンスと信頼性を最大限に高めるために、アップデートとメンテナンスを定期的に行うことも重要です。

これらのステップに従うことで、iPaaSプラットフォーム上で効果的な統合を構築するためのより良い基盤ができ、目的を達成し、将来にわたってビジネスを成功に導くことができます。

結論

結論として、iPaaS(Integration Platform as a Service)は、アプリケーション、データ、およびデバイスを接続するための革新的なクラウドベースのプラットフォームであり、ユーザーはシステムをより良く統合することができます。

iPaaSを活用することで、組織は従来の統合方法よりも低コストで、より俊敏に統合を開発、展開、管理することができます。

これは、あらゆる規模の企業にとって貴重なツールであり、データ転送の合理化、手作業による統合作業の軽減、運用パフォーマンスの向上を可能にします。

iPaaSがますます普及し、相互接続が進むにつれて、その価値はますます拡大していくことでしょう。

ECビジネスを運営する、
もっと良い方法があります。

市場調査、商品・注文管理、顧客サービスまで。
全てのデータと業務を一元化。
一つのサブスクで。無制限のアカウント。

無料ではじめる

お気軽にご連絡ください。

無料製品トライアル・デモ
導入・運用サポート
費用見積もり
コンサルティング
データの移管支援
ソフトウェア開発