Sankaアカデミー

【完全ガイド】コミュニティ運用を徹底解説

Pic

最終更新日: 2023年8月2日

活発なコミュニティの構築は、企業にとって最も効果的な成長戦略の一つです。

しかし最適なコミュニティ・マネジメント(コミュニティ運営)の手法は、未だに経営トップから現場に至るまで、正確に理解されずにいます。なぜでしょうか。

いくつか理由がありますが、最たる理由はコミュニティのあり方が、過去数年で大きく変化したからだと、私たちは考えています。

コミュニティ自体は何千年も存在していて、その定義に大きな変化はありません。しかし、ここ数年のスマートフォン普及によるコミュニケーション革命や、リモートワークによる働き方の大変革により、コミュニティはよりデジタルに、そしてより身近で多様になりました。

コミュニティ・マネジメントも同様に、この大きな時代の変化の中で手法が見直され、毎日のように新しい手法や事例が試行錯誤されています。

このガイドは、私たちSankaが過去数年にわたり行ってきた、何千時間にも及ぶ研究とクライアントワークから得たインサイトの集大成です。

コミュニティマネジメントに関するすべてのトピックをカバーしていますので、記事としては長くなりましたが、多くを学べる楽しい旅になることを願っています。

コミュニティ・マネジメントとは

community management fundamentals

「コミュニティ・マネジメント」とは、多種多様なメディア(ソーシャルメディア、ニュースレター、イベントなど)を活かして、顧客、見込み客、ファン、パートナー、インフルエンサーなどからなるコミュニティを構築し、事業成長を促す実践的な手法を指します。

より噛み砕いて説明するなら、ソーシャルメディアの管理を効率化して、事業成長に貢献するようなものだと、とりあえずは考えて頂ければと思います。

通常のSNS運営と比較して、コミュニティ運営は大きく二つのメリットをもちます。

まずはコミュニティ運営では、基本的にソーシャルメディアをまたいだ、統一されたプロフィールでメンバーとのコミュニケーションを取ることが前提となります。

こうすることで、大事な顧客やインフルエンサーからの問い合わせを優先対応できたり、二度手間になるコミュニケーションを省くことができます。また、分析も今までSNSごとに切っていたものを、メンバーごとに分析を行うことができるので、より正確なレポーティングが可能です。

さらに、コミュニティのデータを企業のシステム(データベース、CRMなど)と統合することで、SNSデータと顧客データをマッピングできます。

これにより、コミュニティを運営する企業は、ただ単にSNSを運営するのではなく、自社ブランドをフォローしてるユーザーの LTVを測って運営に対するROIを算出するなど、施策による事業インパクトを明確にしています。

コミュニティ管理のメリットやSNS運営との違いについては、以下の章でより詳しくお話ししたいと思います。

今ではスタートアップからグローバルブランドまで、あらゆる業態や規模の企業がコミュニティ・マネジメントを採用されています。

しかし多くの経営陣やマーケターやは、コミュニティの構築・運営を最も困難なタスクの1つと認識しています。

なぜなら、今日のコミュニティ活動はオンライン、オフライン問わず様々な場所やプラットフォームで行われており、顧客の要求や行動パターンも急速に進化しているからです。

しかし、実行がいかに困難とはいえ、冒頭で話した通り、コミュニティは何千年も前から存在しており、コミュニティ運営の基本は、何年も前から変わっていません。

コミュニティ運営の基礎、そして最終的なゴールは、コミュニティ・メンバー(ファン、顧客、フォロワー、見込み客、パートナー、その他のステークホルダー)にとって、「価値ある体験」を届けることです。

「価値ある体験」は様々な形で生み出すことができます。例えば、同じ志を持つ人たちが集まるSNSグループや、業界のトレンドについて学び合うZoomセッションなどから始めてみてもいいでしょう。

コミュニティ・マネジメントは、すべての組織が実行できるものはありません。上述した通りコミュニティに関するニーズは常に変化しており、価値ある体験を構築するには長期的な人的投資が求められます。

しかし同時に、コミュニティの構築は、大きなブランドやグローバル企業だけのものでもありません。どんな組織でもコミュニティを中心とした事業成長を実現することが可能です。

以下の章でコミュニティ・マネジメントの実践的な方法を学んでいきますが、その前に、まず、基本的なコンセプトや用語を学びましょう。

基本用語とコンセプト

コミュニティ・チャネル

コミュニティ・チャネルは、コミュニティメンバーが集まってコミュニケーションをとる場所です。プロジェクトを進めたり、アイデアを共有したり、コラボレーションでしたりと、コミュニケーションの内容に制限はありません。

コミュニティ マネージャーとしての最も重要な仕事の 1 つは、自分のコミュニティに最適なチャネルを特定することです。メンバーはどのソーシャル メディアを最も使用しているか?どのくらいの頻度でコミュニケーションをとっているか?など、コミュニティを作る前に、これらの質問に答える必要があります。

コミュニティの傾向をよく理解したら、チャネルを確保し、初期メンバーの招待を開始できます。人気のチャネルをいくつかご紹介します。

  • ソーシャルメディア: Facebook, Twitter, Instagram, Tiktokなど
  • チャット: Discord, Slack, Telegramなど
  • フォーラム: Discourse, WordPressなど
  • ニュースレター: Mailchimp, Substackなど
  • オフライン: イベント会場、オフィスなど

コミュニティ チャネルが稼働しはじめたら、メンバーのエンゲージメントを維持することが重要になってきます。

コミュニティの活動を定期的にチェックするなどして、メンバーが何を必要としているかを理解しコミュニケーションの方法をチューニングする必要があります。

コミュニティ・メンバー

コミュニティメンバーは、コミュニティを構成する人々のことを指します。

近年オンラインでのコミュニケーションが多様化しており、メンバーがコミュニティと交流する方法も多岐に渡ります。

アカウントをフォローするなどのカジュアルな関係から、プロジェクトへの積極的に貢献するまで、様々な形を想定する必要があります。

そこでコミュニティ運営ではメンバーシップをデザインし、メンバーの管理を容易にするのですが、メンバーシップに関しての説明は以下の章で説明していきたいと思います。

【違いとメリット】コミュニティ運営 vs ソーシャルメディア運営

コミュニティの運営とソーシャルメディアの運営はしばしば同じ意味で使われ、実際に似たような特徴もありますが、この二つの手法は、全く異なる意味をもちます。

どちらのアプローチにも独自の長所と短所がありますが、私たちはコミュニティの運営はSNSの運営と比べて、はるかに大きな事業インパクトをもたらすと考えています。

別の言い方をすれば、私たちSankaは、コミュニティ運営をSNS運営の進化系と認識しています。

これは、今日最も成功している企業が、最も強力なコミュニティを持つ企業であるという事実によっても証明されているでしょう。

この章では、コミュニティとSNS運営のの違いと、前者がどのようなメリットを持つのかについてお話ししたいと思います。

コミュニケーションの場所

ソーシャルメディアとコミュニティの違いは、コミュニケーションが行われる場所に現れます。

ソーシャルメディアの運営は、名前が示すように、Twitter や Facebook などのソーシャルメディアを活用してオーディエンスにリーチし、購買活動に影響を与えたり顧客サポートを実施することに重点を置きます。

一方コミュニティの運営は、特定のオンラインプラットフォームや方法論に制限はなく、SNSだけではなく、モバイルアプリ、SaaS、ウェブサイト、ニュースレター、オフラインなどプラットフォームに制限されません。

極端な話コミュニティの構築に(もちろん便利ではありますが)SNSは必須ではありませんし、オフラインの施策だけでも十分に良質なコミュニティを運営することは可能です。

関係構築の対象

もう 1 つの大きな違いは、目的です。ソーシャル メディアの管理は、各SNS上でオーディエンスとの関係を構築することを目的としています。

一方、コミュニティ運営の目的は、企業とメンバーとの関係だけではなく、メンバー間同士の関係を構築を支援することに重きをおきます。

ここでいう「メンバー」は顧客、ファン、従業員、投資家、インフルエンサーなど幅広い層の人々を含み、コミュニティの中で企業に関するコミュニケーションが理想的な形で、かつ自発的に行われることがゴールと言えるでしょう。

まとめると、1. コミュニケーションの場所 そして2. 関係構築の対象が、コミュニティ運営の場合、SNSと比べてより範囲が広いと覚えていただければと思います。

次にコミュニティ運営のメリットについて見ていきましょう。

ソーシャルメディア運営の効率化

まずはソーシャルメディア運営効率から見ていきます。

SNS運用をしたことがある方なら理解いただけるかもしれませんが、ソーシャルメディア上で行われるメッセージやコメントのやり取り、レポーティングは、ある程度の規模感から非常に煩雑なものとなります。

また、近年ソーシャルが多様化しており、ショートビデオ、写真、テキストなどメディアのフォーマットも分化が進んでいます。

コミュニティ運営では、複数のSNSアカウントを一つの「企業コミュニティ」として管理し、分析、メンバー管理、コメント対応、コンテンツ投稿までを一元管理、効率化します。

アカウントを1箇所にまとめることで、管理コストが極端に減るだけではなく、より高い質のコミュニケーションを行うことができます。

SNSコミュニティのROIを可視化、最大化

トラッキングが発達した今のデジタルマーケティングでは、SNS広告や投稿に付随したリンクからの集客データはすでにトラッキングが可能です。

ただしSNS上でのエンゲージメントと顧客価値がどのように連動しているかは、いまだにブラックボックスの状態です。

最先端のコミュニティ運営では、コミュニティメンバーのデータと企業データ(CRM、データベース)を統合し、LTVなど指標を算出します。

SankaではSNSでエンゲージメントがあったユーザーと顧客データをマッピングし、どのようなコミュニティ活動が売上に直結するかを可視化する支援を行なっています。

コミュニティ運営の相性がいい部署と目的

コミュニティ・マネジメントは昨今注目を集めている分野であり、それには十分すぎる理由があります。

うまく管理されたコミュニティは、熱狂的な顧客ベースを作り出し、競合他社に対する強力な差別化要因を生み出すでしょう。

そこで、この章ではコミュニティ・マネジメントと相性がいい企業の部署とそのゴールを紹介していきたいと思います。

数多くある領域のうち、以下の内容を事例とともに話を展開しようと思います。

  • 製品・サービス開発
  • 営業・カスタマーサクセス
  • マーケティング・広報
  • サポート

部署:製品・サービス開発

目的:製品・サービスに関する深いインサイトの獲得

Appleの熱狂的なコミュニティメンバー(ユーザー、顧客、レビュワーなど関わり方は多様であるが)は、Appleに事業ロードマップを定義するための、優れた学習機会を与えてくれます。

Appleは世界中にあるGenius Barで、こうしたメンバーからのフィードバックを顧客属性と共に吸い上げ、次のiPhone開発に繋げるアイデアを収集しています。

製品やサービスの開発において、顧客の意見は必須です。プロダクトコミュニティを作ることで、フィードバック回収期間を短くし、改善や新商品発表のサイクルを短縮することができます。

部署:営業・カスタマーサクセス

目的:顧客のエンゲージメントとロイヤリティを向上

店舗決済のグローバルリーダーSquareは顧客コミュニティと積極的に関わることで、コミュニティメンバーのエンゲージメントを高め、メンバーが提供するサービスや製品などに関心を持ち、ブランドに好意を持つように動いています。

このコミュニティはSeller Communityと呼ばれ、イベントやオンラインフォーラムを通して、顧客同士が問題を解決することで、顧客満足度やリテンションに繋がっています。

ロイヤリティが高い顧客は結果LTVが高まり、企業の利益に直結するような施策になります。

部署:マーケティング・広報

目的:オピニオン・リーダーシップとブランドの強化

コミュニティ・マネジメントは、企業のポジティブなイメージ作りにも役立ちます。

最近では世界的なブランド、パタゴニアの創業者イヴォン・シュイナード氏が、同企業の所有権を、トラストと非営利団体に譲渡したことが話題になりました。

この動きはパタゴニアのコミュニティだけではなく、環境問題に興味を持つ数多くのコミュニティから好意的に受け入れられ、認知活動やブランディングに直結しています。

パタゴニアのような規模ではなくとも、社会が抱えるイシューに対する解決案をコミュニティやそこに属するインフルエンサーに提示することにより、その業界のオピニオンリーダーと見なされるでしょう。

部署:サポート

目的:サポートコストの削減

SEOのツールを提供するAhrefsではツイッターやFacebook Groupsを活用したコミュニティ運営を行なっています。

このコミュニティでは、同企業のツールだけではなく、SEOの始め方やトラブルシューティングなど、幅広く語られています。

これはサポートコミュニティと言われる手法の一つで、顧客と顧客の関係を構築・改善し、カスタマーサポートの効率を根本的に改善し、サポート提供のコストと時間を削減することができます。

この記事では、上記のコミュニティ・マネジメントの利点についてより詳しく取り上げています。ご興味があれば、ぜひご覧ください。

AMEモデル - コミュニティ運営のプロセス

これまでの内容で、コミュニティ・マネジメントが企業にとって素晴らしい結果をもたらすことは、ご理解いただけたと思います。

しかし、コミュニティの運営には、恒常的なメンテナンスや活動が求められます。

コミュニティはデータのように固定されたものではありません。メンバーやそのニーズ、コミュニケーションに最適なチャネルは常に変化しています。

つまり、現在コミュニティを活性化するために使っている戦略は、コミュニティの変化に合わせて常に調整する必要があるのです。

他のビジネス・プラクティスと同じように、コミュニティ・マネジメントも戦略的にアプローチすることで、その効果を発揮します。

Sankaでは、コミュニティ・マネジメントを企業の経営戦略レベルで活用できるよう、AMEモデル アナリティクス、メンバーシップ, エンゲージメント というプロセスを開発し、クライアントに提供しています。

以下では、AMEモデルの各役割について、簡単に説明していきたいと思います。

アナリティクス

まず、コミュニティ・アナリティクスでは、コミュニティの成長、ニーズ、不満、感情を詳しく測定し、コミュニティに対する理解を深めます。

コミュニティの声に耳を傾け、メンバーが直面している問題をよりよく理解するためにアンケートをとったり、インタビューをすることで知見をためていくことが重要です。

また、企業でコミュニティを運営する場合は、他部署へのレポートなど、コミュニティの数値・KPIの把握や出力が必要となります。

メンバーシップ

コミュニティ運営の肝は、コミュニティ・メンバーシップの価値を定め、それをメンバーに提供することです。(そうでなければ、コミュニティの一員であることに何の意味があるのでしょうか)。

コミュニティのメンバー限定でイベントを開催するような気軽なものでも、コンサートのVIPチケットを提供するような特別なものでもいいでしょう。

重要なことは、コミュニティの一員にとって、自分の役割、義務や責任、そしてメリットが明確になるように、コミュニティをデザインすることです。

エンゲージメント

コミュニティ・マネージャーとして、あなたの一番の仕事は、コミュニティのエンゲージメントを維持することです。

エンゲージメントとは運営者とメンバー、そしてメンバー同士の関係性を指し、うまく運営されているコミュニティは、エンゲージメントの管理が非常にきめ細かにされています。

コミュニティ・エンゲージメントを維持するための2つの原則は、1)一貫したコミュニティ活動を行うこと、そして2)コミュニティの声に耳を傾け、常にレスポンスを取ることです。

もし、あなたが新しい製品やサービスを発表するときだけに、コミュニティにアプローチしているのであれば、コミュニティはあなたの活動に興味を持たなくなるでしょう。

コミュニティは、企業のためにあるのではなく、メンバーのためにあることを忘れないでください。

AMEプロセスを上手く回して検証していく中で、コミュニティの価値を高め、企業成長に貢献することが出来ます。

コミュニティを軸に事業成長を進めることは CLG(コミュニティ・レッド・グロース) と呼ばれ、世界中で注目を集めてます。詳細はリンクの記事を参照してください。

さて、プロセスについて学んだので、次に具体的な試作例を見ていきましょう。

コミュニティ運営のための実践的なアドバイス

私たちは、これまで多くのクライアントのコミュニティの構築と運営を支援してきました。

その中で、コミュニティ運営を成功に導く実践的なノウハウを蓄積してきました。この章ではそれらの一部を紹介していこうと思います。

  1. コンテンツを活用する: マーケティングの世界では「Content is King」とよく言われますが、同じことがコミュニティ運営にも言えるでしょう。ブログで進捗状況をコミュニティメンバーに共有したり、コミュニティイベントの写真やビデオを撮るなど、コンテンツを軸にコミュニティの活性化を狙うことができます。
  2. メンバーシップを魅力的にする: コミュニティのメンバーになる特典やメリットを明確にすることは非常に重要です。当然のように聞こえるかもしれませんが、数少ないコミュニティしかメンバーシップのデザインを正しく行えていないのが現状です。
  3. メンバーの問題を解決する:コミュニティメンバーは常に(顕在的、潜在的な)問題を抱えています。これは、運営者にとっては大きなチャンスとなります。エンゲージメントを高める効果的な方法の一つは、メンバーの問題を聞き出して、解決してあげることです。
  4. コミュニケーションの頻度に気をつける:すべてのコミュニティ・チャンネルをアクティブになるよう管理する必要はありますが、誰もスパムを求めていません。理想は運営者が管理するよりも、メンバーがコミュニティを自走できるようにすることです。
  5. 悪いニュースも共有する: 「良い知らせだけ」というのは、多くの場合、赤信号です。メンバーに対して透明であることは、コミュニティ運営を成功させるための重要な要素です。失敗を隠すのではなく、失敗を認め、そこから学びましょう。 コミュニティのメンバーは賢いので、どうせ見抜きます。
  6. 質問する: コミュニティメンバーのエンゲージメントを高めるためには、質問をするのが一番です。質問をすることは会話を始めるのに最適な方法であり、コミュニティについて興味を持ってもらうための糸口となります。
  7. 分析する: これも当たり前の話ですが、ソーシャルメディアやその他のコミュニティ・チャンネルの変化や利用度をに目を配り、どのようなコンテンツが求められているのかを理解するることが重要です。(詳しくは コミュニティ・アナリティクス を参照)
  8. 繰り返し行う作業を自動化する: コミュニティに関わるオペレーションを自動化することで、コミュニティのチャネルを毎日アクティブに保つことができるようになります。

おわりに

この記事が、コミュニティ・マネジメントの理解と実行のお役に立てば幸いです。

コミュニティ・マネジメントが正しく行われれば、企業はリーチを拡大し、商品を改善し、コストをカットし、さらには売上を伸ばすことができるでしょう。しかし何度も話した通り、実際にコミュニティを上手く運営できる企業は多くありません。

次のステップとしては、コミュニティの構築をはじめてみることをおすすめめします。

なぜなら、実際に「コミュニティをやってみる」ことが、コミュニティ・マネジメントを習得するための最速の方法だからです。

コミュニティに関して課題を抱えている時は、いつでもご連絡ください - Sankaはコミュニティをサポートするためにあるのですから。

ITコスト削減を極める: 定義、重要性、戦略 DX戦略ガイドフレームワークとKPI DX事例完全ガイド全業種・業務・事業規模からピックアップ 中小企業におけるDX 「儲かるビジネス」をデジタルで実現 AIチャットボット完全ガイド ニュースレターの自動化 コンテンツマーケティング成功の鍵 「コミュニティ・エンジニアリング」とは?徹底解説 SNS戦略完全ガイド:立ち上げから運用まで 【超便利!】Twitter自動化活用術 成功の最大化 複合型スタートアップの究極ガイド SaaSのローカライズ徹底解説:成功に導く7つの戦略 CLG - コミュニティ・レッド・グロース完全攻略ガイド BOMとは?製造プロセスを合理化する鍵 効果的な標準業務手順書(SOP)を作成するための究極のガイド Discord運用完全ガイド エンタープライズ・リソース・プランニングによる業務効率の最大化 生成AIマーケティング 【完全ガイド】コミュニティ運用を徹底解説 ITAMが重要な理由 IT資産を効果的に管理するためのガイド 従業員の再教育 企業のためのハウツー チームの勤怠を監視する勤怠管理ツール・トップ11 YouTubeアフィリエイトマーケティング: アフィリエイトとは何か? 知っておきたいプロジェクト管理ツール/ソフトウェア12選 サービス(SaaS)管理ツールトップ10 仕事を効率化する業務管理ソフトトップ12 ベストCRMツール11選: 包括的な概要 メールキャンペーンを強化するメールマーケティングツール トップ13 2023年のIT資産管理ツール・トップ10 SNSの自動化を徹底解剖:企業にもたらす5つの主なメリット 最高のアジア・マーケティング・エージェンシー: 業界をリードする SNS投稿自動化の最新戦略と成功事例 SNSボットの活用法:ビジネス成長を加速させる方法 利益を上げる: ERP中小企業向けソリューションの説明 日本における広告の極意: 主な戦略とヒント 必要不可欠!5つのFacebook自動化をご紹介 インスタグラム自動化 - 効率的なブランディング手法を紹介 日本における消費者行動を理解する: 主要な洞察 Eコマース翻訳を極める: グローバルな売上を今すぐアップさせる 日本でのSEOをマスターする: ヒントとコツでビジネスを活性化させる 効率的なコミュニケーションを実現するDiscordのスケジュール投稿 SEO Asiaのポテンシャルを解き放つ: 成功のための戦略 ビジネスを成長させるマーケティングオートメーションツール8選 CRMとデジタル・エクスペリエンス(DX): 顧客関係デジタル化への道 ROASの達人:広告費を最大限に活用する方法 [データで解説] コミュニティ運用に関する4つのメリット クラウドベースのCRM クラウドの力を顧客関係に活かす SaaS管理プラットフォーム: オペレーションを簡素化し、時間を節約する方法 【インスタ分析ツール】Instagramは分析ツール導入で効率アップ!チェックすべき指標も解説 コミュニティ・メンバーシップ完全ガイド アジアにおけるECサイト市場:展望と急成長の要因 ソーシャルメディアにおけるコンバージョン率を向上させる11の方法 効果的なEコマース管理プロセスの作り方 オンボーディングと新入社員の組織化 ワークフロー 【SNSの自動化ツール5選】ソーシャルメディアを効率的に運営 SNSでカスタマーサービスを展開するために: 成功のための戦略とベストプラクティス 【コミュニティとは】メンバーとその繋がりについて ファッションブランドのSNSベストプラクティス カスタマーサービスを強化する: ヘルプデスクソフトウェアのトップ11 企業SNSのコンテンツ制作をスムーズに!企画から投稿まで解説 ソーシャルリスニングとは?手法から成功事例まで徹底解説 意思決定の技術 ビジネス選択の総合ガイド GoogleアナリティクスでSNSのトラフィックを分析するための手法を公開 インスタグラムでインフルエンサーマーケティングを極める: 包括的ガイド コードを書いてGitHubにプッシュするワークフロー ローカライゼーション自動化入門: 多言語展開を考えてる企業へのガイドブック はじめてのSEO自動化 - 検索上位により早く、効率的にランクする SNS運用の完全ガイド WordPressでホームページを作ろう: 総合ガイド 統合の力: iPaaSツール・ベスト11 eラーニングツール: トップ・ソリューションの包括的ガイド アフィリエイト・マーケティング入門 営業プロセスをエスカレートさせるセールスフォースオートメーションツール10選 かんばんとは?かんばんの方法論と原則を理解する クラウドコスト管理ツールベスト10: 決定版リスト あなたのチームに最適な社員研修ソフトウェア・ソリューション10選 アジアでビジネスを成長させるための8つのマーケティング戦略 ビジネスに最適な販売分析ソフトウェア・ツール10選 ワークフロー管理ツールトップ10: 機能、長所と短所 ソーシャルメディアリスニングソフトウェアトップ10: 機能、長所と短所 インフルエンサーマーケティングツール10選とその必要性 自動化ツールのROI: ローコストでハイリターン? デジタルトランスフォーメーション・プラットフォームのトップリスト 究極の顧客データ・プラットフォーム・リスト 人気のオンラインコミュニティ事例7選 セールスオーダープロセスのワークフローをマスターする: 包括的ガイド マーケターが知っておくべきソーシャルメディア・マーケティング・ツール トップ10 【マーケティングに便利】 Instagram の「ハイライト」機能を解説 グーグルカレンダーで休暇申請を管理する方法 【Twitterスレッド徹底解説】投稿方法から自動化まで LinkedInオートメーションの力を引き出し、あなたのプロフィールを変える エモーションAIの台頭:知っておきたいこと ワークフローマッピングでビジネスを最適化する究極のガイド 製造業のデジタルトランスフォーメーションで未来を切り開く ワークフロー効率化の青写真: 働き方を最適化するステップ・バイ・ステップのプロセス デジタルトランスフォーメーションの失敗と教訓 内部監査をマスターする 包括的ガイド 総合ガイド コマーシャル・フィルムの企画と制作方法 文書承認管理の極意 効果的なNFTマーケティングキャンペーンの実施方法: ベストプラクティスとケーススタディ 企業におけるデジタルトランスフォーメーションKPIの考察 QuickBooksで経費精算プロセスをマスター: 総合ガイド AIマーケティング:徹底解説ガイド カート放棄ワークフローにおける効果的なメールマーケティング戦略 ワークフローテンプレートでプロセスを効率化: 8つの例とステップバイステップガイド 国際マーケティングを極める: グローバルな成功のための戦略 コミュニティ・マネジメント・プロセスの ステップバイステップガイド Google広告の作成と設定に関する総合ガイド ソフトウェア開発の理想的なワークフローを構築する: ステップ・バイ・ステップ・ガイド Zoomワークフローを使ったウェビナーの管理: 包括的なガイド 自動化の力: ソーシャルメディア自動公開ツールがビジネスにもたらすもの 営業戦略を強化するソーシャル・セリング・ツールのトップ エンゲージされたオーディエンスを構築するための最適なコミュニティ管理ツール インスタグラム広告キャンペーン作成総合ガイド ブランドコミュニティを作成する究極のガイド Facebook 広告の作成と設定に関する簡易ガイド ソフトウェアとアプリケーションのバグを追跡するための決定版ガイド メールチンプを使いこなす: マーケティングメール送信の総合ガイド 日本のデジタルマーケティングを極める: ヒントと戦略 アジアでデジタルマーケティングを極める: 必須戦略とヒント Instgramを使いこなす: 効果的なマーケティング・キャンペーンを公開する方法 製造業の生産ワークフローを追跡・管理するための包括的ガイド Web3マーケティングのトップ・インフルエンサー DX人材とは。最適なを採用と育成手法を合わせて解説 マーケティングにおけるCRMの活用 顧客との関係強化と業績向上 CRM、MA、SFA:その違いと重要性を理解する ヘルスケアにおけるデジタルトランスフォーメーション:患者ケアと業務効率の向上 仕事においてデジタルエクスペリエンスを受け入れる 未来への歩み: 銀行業界におけるデジタルトランスフォーメーション ワークフローの自動化とは? LinkedInアナリティクスでビジネスの可能性を最大限に引き出す ソーシャルメディアROI、LTV、コミュニティ管理を通じて投資を正当化する方法 影響力のあるビジネスリーダーの人工知能に関する名言トップ10 営業のためのデジタルトランスフォーメーション(DX):ビジネス成功のための革新を受け入れる デジタルジャーニー:旅行業界の変革 変革の先駆け:地方自治体におけるデジタルトランスフォーメーション 不動産におけるデジタルトランスフォーメーション:機会と課題の明らかにする HRの未来: 人事のデジタルトランスフォーメーションの力を解き放つ ソーシャルメディアマーケティング自動化の効果と成功の秘訣 ブロックチェーン・コミュニティ:その定義と構築すべき4つの理由 クラウド移行を深く掘り下げる: ビジネスの未来を受け入れる セールス・イネーブルメントが重要な理由 営業チームの成約率を高める方法 【必読】上手に運営されているブランドコミュニティの10の事例 日本で成功するブランディングの秘訣を解き明かす AIマーケティング戦略:効果的なプランを開発する方法 日本におけるソーシャル・メディアを探る: トレンドとビジネスチャンス インフルエンサーマーケティングを極める 成功のための実証済みの戦略 初診患者の受け入れと治療を管理するための包括的ガイド Eコマースリベートキャンペーンプロセスのマッピング: ステップバイステップガイド 企業のSNS運用とは?メリットや成果を出すコツを解説! 【Twitterの分析をマスターする】 ツイートデータを理解し活用するための究極のガイド Web3マーケティングについて知りたかったことすべて ワークフローの最適化 より少ない作業でより多くを達成する方法 定義、自動化、最適化: メールマーケティングワークフローの包括的ガイド スタートアップ企業としてアジア市場に進出する理由と方法 顧客関係管理(CRM)の包括的な理解のためのブログの導入と結論を書く 最高の人材管理ソフトウェア: トップソリューションの包括的レビュー 職場の効率を上げる: 従業員生産性追跡ソフトウェア・トップ10 カルチュラルマーケティング戦略における文化の違い インフルエンス・エンジニアリング徹底解説。エモーションAIとの関連性も 【SNS x PR完全ガイド】PRや広報においてSNS活用は必須?具体的な活用方法も解説 ワークフロー総合ガイド: 業務最適化の鍵 Notionでプロジェクトとタスク管理をマスターする: 詳細ガイド アジアのトップSEO業者: ビジネスの成長を後押し 【サーバーを正確に把握】最新Discord分析ツール5選 Canvaを使いこなす: プレゼンテーション作成プロセスの簡素化 保険業界におけるデジタルトランスフォーメーション - 業界の展望に革命をもたらす デジタルトランスフォーメーションにおける小売業界 越境ECをマスターする:成功するグローバルEコマースビジネスの構築方法 AIマーケティングツール:デジタル広告の未来を革命する サプライチェーンマネジメントとロジスティクスにおけるデジタルトランスフォーメーションの展開 未来を受け入れる:会計におけるデジタルトランスフォーメーション(DX) YouTube自動化総合ガイド: チャンネルの成長を効率化するパワーを解き放て ワークフロー管理をマスターするためのビギナーズガイド マーケティングにおけるAI:フォーチュン500社の深層探求 ワークフロー図とは?プロセスを効率化する究極のガイド PLMとは?製品ライフサイクルマネジメントを徹底解説 ワークフロー計画とは何か? ワークフロー分析の決定版 AIマーケティングの進化と影響 コミュニティ・グロース:コミュニティサイズの成長と最適化について ワークフロー承認: 効率アップのための包括的ガイド コミュニティ運用 vs SNS運用:違いと戦略の立て方 sudoswapのような盛況なDeFi×NFTコミュニティの作り方 製品データ管理について知っておくべきすべてのこと SNSエンゲージメント完全ガイド

ECビジネスを運営する、
もっと良い方法があります。

市場調査、商品・注文管理、顧客サービスまで。
全てのデータと業務を一元化。
一つのサブスクで。無制限のアカウント。

無料ではじめる

お気軽にご連絡ください。

無料製品トライアル・デモ
導入・運用サポート
費用見積もり
コンサルティング
データの移管支援
ソフトウェア開発