Sankaアカデミー

電子商取引の理解: 総合ガイド

Pic

最終更新日: 2024年1月24日

はじめに

世界は着実にあらゆる側面でデジタル化に移行しており、ビジネスエコシステムも例外ではありません。

その結果、電子商取引、または電子商業は、世界中でビジネスが行われる方法を大きく変えています。

Statistaによると、2021年に小売電子商取引売上高は世界中で約5.2兆米ドルに達しました。この数字は今後数年で56%成長し、2026年までに約8.1兆ドルに達すると予測されています。

これは、電子商取引が今日のデジタル時代において持つ巨大な成長と潜在力を示しています。

もし電子商取引が初めてであるか、または現代のトレードのこの主要な側面をより深く理解したい場合、この包括的なガイドは有益な洞察を提供します。

電子商取引とは何か?

電子商取引(eCommerce)は、インターネットを使用して商品やサービスを売買することを指します。

これにはこれらの取引を実行するためのお金やデータの転送も含まれます。

電子商取引は通常、オンラインで物理的な製品を販売することを指すことが多いですが、インターネットを介して行われるあらゆる種類の商取引を描写することもできます。

この基本的な定義の先に、電子商取引にはインターネットバンキング、オンラインオークション、チケット販売など、さまざまなオンライン活動が含まれます。

電子商取引の最も特徴的な機能の1つは、地理的な障壁を取り扱いなくし、ビジネスが世界市場に24時間アクセスできるようにすることです。

異なる電子商取引モデルの種類

  1. ビジネス対ビジネス(B2B): その名の通り、B2B電子商取引は2つのビジネス間で行われる取引を指します。 これはしばしば卸売業者が商品を大量に小売業者に販売することを含みます。
  2. ビジネス対消費者(B2C): このモデルでは、企業は直接消費者に販売します。 これは最も一般的に理解されている電子商取引の形態であり、AmazonやeBayなどの企業によって描かれています。
  3. 消費者対消費者(C2C): このモデルでは、消費者は他の消費者と取引を行います。 eBayやCraigslistなどのプラットフォームがそのような取引を促進しています。
  4. 消費者対ビジネス(C2B): このモデルは従来のB2Cモデルを逆転させ、消費者が自分の商品やサービスを企業に販売できるようにします。 例にはフリーランスのサービス、製品レビュー、またはKickstarterのようなクラウドファンディングプラットフォームがあります。

電子商取引はどのように機能するのか?

任意の電子商取引ビジネスの成功は、さまざまな連動するプロセスとシステムに依存しています。 典型的なワークフローを示す概要を以下に示します:

#1 顧客の引き付け

ビジネスは効果的に製品/サービスをマーケティングし、ウェブサイトやオンラインマーケットプレイスにトラフィックを駆動する必要があります。

検索エンジン最適化(SEO)、ソーシャルメディアマーケティング、およびメールキャンペーンなどのデジタルマーケティング戦略が重要な役割を果たします。

#2 製品/サービスの提示

顧客があなたの電子商取引のウェブサイトやオンラインマーケットプレイスを訪れると、製品やサービスを魅力的に表示する必要があります。 オンラインカタログには高品質の画像、詳細な説明、および顧客レビューが含まれるべきです。

Appleがその製品を技術仕様と明確な高解像度の画像とともにウェブサイトに表示している方法を考えてみてください。 これにより製品の差別化が可能です。

#3 注文

の受付

顧客が製品/サービスをショッピングカートに追加し、チェックアウトに進むと、ウェブサイトは直感的なプロセスを提供する必要があります。

透明な価格設定、透明な配送、ゲストチェックアウト、および複数の支払い方法が不可欠です。

オンラインアパレルリテーラーASOSは使いやすいチェックアウトプロセスを提供しています。 これにより顧客は複数の住所を保存したり、ストアクレジットを使用したり、さまざまな配送オプションと支払いオプションを選択したりできます。

#4 安全な支払処理

顧客がチェックアウトプロセスを完了すると、安全な支払いゲートウェイが支払い情報を安全に暗号化および処理します。

人気のある支払いゲートウェイの例としては、PayPalがあります。 これはトランザクションを安全に処理するだけでなく、バイヤー保護も提供して顧客の信頼を醸成します。

#5 注文の履行

注文が確定し支払いが完了したら、電子商取引プラットフォームは該当する倉庫やフルフィルメントセンターに出荷の準備をするよう通知する必要があります。

在庫管理システムとの統合は在庫レベルを追跡し、過剰販売を防ぐために重要です。

例えば、人気のある電子商取引プラットフォームであるShopifyは、統合されたフルフィルメントソリューションを提供し、商品の可用性を追跡し注文を効率的に管理することができます。

#6 配送と納品

注文が梱包および発送されたら、それは配送業者(例:FedEx、UPS、またはDHL)を使用して顧客に輸送されます。

顧客に予想される配達時間や追跡番号、透明な料金を提供することで、総合的なショッピング体験が向上します。

手作りの商品のオンラインマーケットプレイスであるEtsyは、販売者がさまざまな配送業者から選択し、顧客が注文を追跡できる機能を提供しています。

#7 顧客サポートとリテンション

優れた顧客サポートを提供し、返品、返金、または交換をプロフェッショナルに処理することは、電子商取引の成功にとって重要です。

購入後の効果的なコミュニケーション、個別のオファー、そしてロイヤリティプログラムは、ビジネスが満足のいく顧客を維持するのに役立ちます。

優れた顧客サービスで知られるオンラインの靴小売業者であるZapposを例に挙げることができます。 無駄のない返品から24時間対応のライブチャットサポートまで、Zapposは常に顧客を最優先にしています。

eCommerceの利点と欠点

過去10年間のeCommerceの急激な拡大は否定できませんが、すべてのビジネスモデルと同様に、その利点と欠点が存在します。

オンライン市場で存在感を示そうとする企業にとって、両方を理解することは重要です。

eCommerceの利点

  1. 広範な顧客層の到達: eCommerceは地理的な障壁を取り払い、ビジネスが国内市場や国際市場に手軽にアクセスできるようにします。 これにより大幅に拡大した顧客基盤は、より多くの潜在的な販売をもたらし、それにより収益が増加します。
  2. 24/7の稼働: eCommerceビジネスは常に稼働しており、顧客はいつでもどこからでも購入できます。 この24時間対応のサービスは、顧客満足度の向上とより高い販売の可能性につながります。
  3. 運営コストの低減: 物理店舗の必要がないため、家賃、公共料金、追加のスタッフなど、eCommerceビジネスを維持するためのコストは著しく低いです。 この要因はビジネスが利益率を向上させるのに役立ちます。
  4. 価格と製品の簡単な比較: 顧客はオンラインで複数の製品の価格、特徴、およびレビューを簡単に比較できるため、情報を元にした購買の決定の可能性が高まります。 この透明性はまた、ビジネスが競争力のある価格と品質の製品を提供することを奨励します。
  5. パーソナライズされたエクスペリエンス: eCommerceプラットフォームは、ターゲットマーケティング、パーソナライズされた推奨、および特製の取引やオファーを通じて、ユーザーエクスペリエンスをカスタマイズすることを可能にします。

eCommerceの欠点

  1. 顧客信頼: 製品や販売スタッフとの物理的なやり取りがない場合、信頼を築くことは大きな課題です。 オンラインセキュリティとプライバシーに関する問題も、顧客の購買意欲に影響を与える可能性があります。
  2. 技術への依存: eCommerceの成功は完全にインターネット接続と電力供給に依存しています。 技術的な問題、ダウンタイム、またはウェブサイトの遅延は、販売と顧客満足度に大きな影響を与える可能性があります。
  3. 競争: eCommerceビジネスを設立する手軽さにより、ほぼすべての製品カテゴリーに多くの競合他社が存在する飽和市場となっています。 そのような混雑した市場でブランドを際立たせることは難しいことがあります。
  4. 個人的な対話の不足: ショッピングはしばしば体験と見なされ、製品に触れたり、販売スタッフから直接助けを得たり、場合によってはソーシャルアクティビティとして楽しむことができます。 eCommerceにはこの個人的な対話がなく、これは特定の製品カテゴリに影響を与える可能性があります。
  5. 返品と払い戻しの複雑さ: eCommerceでの返品と払い戻しの処理は複雑なプロセスとなり得ます。 誤った、損傷した、または不満足な製品を受け取った顧客からの不満は、アイテムを返品する手間と相まって複雑になります。

成功するeCommerceビジネスの主要要素

eCommerceの重要性を理解したので、その主要な構成要素に深入りしてみましょう:

#1 ウェブサイトデザイン

ウェルデザインされた使いやすいウェブサイトは、どんなeCommerceビジネスにとっても重要です。 デザインはブランドイメージと調和し、ナビゲーションが容易でシームレスなチェックアウトプロセスを提供する必要があります。

異なるデバイスに適応するレスポンシブデザインも、成長するモバイルコマース (mCommerce) トレンドに対応するために不可欠です。

#2 製品カタログ

徹底的

で整理された製品カタログは、顧客に製品に関する詳細情報を提供するために不可欠です。

高品質な画像、具体的な製品説明、および顧客のレビューは、製品の可視性を向上させ、購入の意思決定に影響を与えることができます。

#3 ショッピングカートとチェックアウトプロセス

簡略化されたショッピングカートとチェックアウトプロセスは、ショッピングカートの放棄を大幅に減少させることができます。

ゲストチェックアウトのオプション、複数の支払い方法、透明な配送情報を提供することで、顧客のショッピング体験が向上します。

#4 安全な支払いゲートウェイ

eCommerceでのセキュリティは最優先事項です。 顧客情報を安全に処理する安全な支払いゲートウェイを確保することは、信頼を築き、顧客を維持するために不可欠です。

#5 顧客サービス

eCommerceでの優れた顧客サービスは、迅速なコミュニケーションチャネル、簡単な返品と交換、購入後のサポートを含みます。

Amazonの創設者であるJeff Bezosによれば、"最高の顧客サービスは、顧客があなたに電話をかける必要がない、あなたと話す必要がない。それはただ動作する。" eCommerceは基本的に物事を 'ただ動作する' ことを目指す試みであり、ショッピングを便利で迅速かつユーザーフレンドリーにします。

結論

eCommerceは私たちの日常生活の欠かせない部分となり、世界中のビジネスにとって重要な収益チャネルとなっています。

eCommerceの包括的な理解、そのワークフロー、利点、欠点、歴史、および市場のポテンシャルについてまとめたこのガイドは、eCommerceの領域を把握するためのすべての必要な指針を提供することを目指しています。

デジタルの世界は機会でいっぱいですが、競争は激しいです。 eCommerceビジネスが目立つためには、顧客エクスペリエンス、信頼性のある品質の製品またはサービス、堅実なサイト機能を考慮した慎重な戦略が必要です。

急速に進化するeCommerceの景観では、新興技術、トレンド、および顧客の好みを組み込む柔軟性を持つことが持続的な成功につながる可能性があります。

無料ではじめる

お気軽にご連絡ください。

無料製品トライアル・デモ
導入・運用サポート
費用見積もり
コンサルティング
データの移管支援
ソフトウェア開発