Sankaアカデミー

オンラインビジネスを構築するための最高の電子商取引プラットフォーム8選

Pic

最終更新日: 2024年3月13日

序文

私たちが生きる活気あるデジタル時代において、電子商取引プラットフォームは、あらゆるオンライン小売業の基盤として立っています。

これらの強力なツールは、製品を仮想の棚に持ち込むだけでなく、それらを世界中の顧客に魅力的で効率的に展示し、マーケティングし、販売することを保証します。

今日利用可能な多種多様な電子商取引ソリューションから、最適なプラットフォームを選択することは、特に強力なオンラインプレゼンスを確立したり、デジタルの足跡を拡大したりする起業家やビジネスにとっては、困難に思えるかもしれません。

各電子商取引プラットフォームが、それぞれ独自の特徴、利点、課題を提供していることを理解することが重要です。

使いやすいインターフェースから堅実な分析、広範なアプリエコシステムから強力な顧客関係管理ツールまで、あなたのビジネスに最適なプラットフォームは、技術的な専門知識、予算、長期的な電子商取引戦略を含む、あなたの特定の要件と一致するでしょう。

混乱を解消し、この重要な決定をナビゲートするのを手助けするために、市場で最高の8つの電子商取引プラットフォームの包括的なリストを編集しました。

Shopifyの多機能性やSankaの拡大データ駆動型機能など、それぞれのプラットフォームには特別な魅力があります。では、どのビルディングツールがあなたのオンラインの夢を収益につなげることができるかを見ていきましょう。

1. Sanka

Sankaは包括的な電子商取引データプラットフォームとして位置づけられており、高度に競争的なオンラインマーケットで成功を収めたいデータ駆動型の電子商取引マネージャーにとっては貴重な資産です。

オールインワンのソリューションとして、SankaはマーケットリサーチからCRM、注文管理までのサービスを提供し、電子商取引ツールを統合し、プロセスを自動化し、ROIを向上させるよう設計されています。

貴重な時間を節約し、収益と利益の成長に集中できるという約束を持つSankaは、多くの人々にとって、電子商取引データの参加と戦略での先駆者と見なされています。

主な特徴

  • マーケットリサーチ: トレンド、競合他社、顧客フィードバックを分析して製品やマーケティングを最適化します。
  • ウェブサイト分析: トラフィック、変換率、収益源に関する洞察を提供し、迅速かつ効率的な対応を行います。
  • CRM: ユーザーエクスペリエンスを向上させるための個人と企業の包括的な顧客データを管理します。
  • 注文管理: 電子商取引プラットフォームと店舗間で注文を同期させ、ピーク時の効率を確保します。

メリット

  • 自動化: タスクを自動化し、手作業を削減して効率を向上させます。
  • 包括的なサポート: 移行サービスやサポートチームを提供し、スムーズな移行と継続的なサポートを確保します。
  • コスト効果: 月額300ドルの一律料金はROIがプ

ラスになることを意図しており、複数の有料ツールや管理スタッフを必要としません。

デメリット

  • 複雑性: 電子商取引データプラットフォームに不慣れな初心者にとっては圧倒的かもしれません。
  • 言語サポートの制限: 主に英語と日本語話者向けにサービスを提供しており、非話者ユーザーのアクセスが制限される可能性があります。

Sankaは、成功のためにデータを活用しようとする電子商取引ビジネスの包括的なパートナーと位置付けられており、必要なツールを単一の、潜在的にコスト効果の高いプラットフォームにバンドルしています。

2. Shopify

Shopifyはおそらく最も認知度の高い電子商取引プラットフォームの1つであり、使いやすいインターフェースと堅実なカスタマイズ機能を提供しています。

オンラインストアの作成と管理プロセスを簡素化することで、リーディングな電子商取引プラットフォームとして目立っています。

あらゆる規模のビジネスに適しており、オンラインおよび対面での販売の両方を行うための包括的なツールセットを提供しています。

そのシンプルさ、強力な機能、スケーラビリティのバランスが、世界中の起業家にとって選択肢となっています。

主な特徴

  • 使いやすいデザイン: 直感的なセットアップと管理プロセス。
  • 多様な販売チャネル: ウェブ、モバイル、ソーシャルメディア、実店舗など、複数のプラットフォームでの販売を容易にします。
  • 幅広いアプリマーケット: ストア機能を拡張するための幅広いプラグインを提供します。
  • 信頼性のあるホスティング: 高速な読み込み時間を確保し、ドメイン登録オプションを含みます。

メリット

  • 使いやすさ: 技術的なスキルが限られているユーザーに最適です。
  • 汎用性: カスタマイズ可能なテーマや拡張機能がさまざまなビジネスニーズに対応します。
  • サポート: 複数のチャンネルを通じた24/7のカスタマーサポート。

デメリット

  • コスト: 月額費用に加えて取引手数料がかかる場合があり、追加の有料アプリがあると特に費用がかかります。
  • カスタマイズの制限: カスタマイズ可能ですが、深いカスタマイズにはShopify独自のコーディング言語であるLiquidの理解が必要です。

3. Magento(Adobe Commerce)

Adobeが所有するMagentoは、高度なカスタマイズ性と拡張性を提供するオープンソースのプラットフォームです。

中規模から大規模な企業に好まれ、複雑で拡張性のあるオンラインストアを作成するための強力なツールを提供します。

オープンソースのプラットフォームとして、Magentoは特定のニーズに合わせてオンラインプレゼンスを広範囲にカスタマイズできるため、他に類を見ない柔軟性を提供します。

主な特徴

  • カスタマイズ: 幅広いカスタマイズオプションと拡張機能の広範なマーケットプレイスへのアクセス。
  • 拡張性: 大量の商品やトラフィックを処理する能力。
  • コミュニティ: 強力なグローバルな開発者やパートナーのコミュニティの恩恵を受ける。

メリット

  • 柔軟性: ユーザーエクスペリエンスとバックエンド機能に対する高度な制御。
  • SEO対応: ストアの可視性を最適化するための堅実なSEO機能。
  • 大規模なコミュニティ: トラブルシューティングや開発のための広範な専門家ネットワークからのサポート。

デメリット

  • 複雑さ: 急な学習曲線が求められ、開発者のスキルが必要なことがあります。
  • ホスティング要件: 費用がかかるかもしれない大規模なホスティングソリューションが必要です。
  • 時間のかかる: セットアップ、カスタマイズ、メンテナンスにはかなりの時間が必要です。

4. BigCommerce

BigCommerceは、ビジネスがオンラインストアを簡単に構築し、革新し、成長させるために設計された包括的な電子商取引プラットフォームです。

ビルトインの機能と追加の必要性が少ないことで知られており、余分な費用が少なく済みます。

さまざまなビジネス規模に適しており、ビルトインのツール、カスタマイズ可能なテーマ、人気のあるサードパーティアプリやサービスとのシームレスな統合を提供しています。

主な特徴

  • ストア管理: 商品リスト、注文、顧客、配送の管理プロセスを簡素化します。
  • マーケティングとSEO: ビルトインのSEOツールと人気のあるマーケティングサービスとの統合。
  • 支払いとセキュリティ: 幅広い支払いゲートウェイをサポートし、高いセキュリティ基準を確保します。

メリット

  • 使いやすさ: オンラインストアを設定して管理するための技術スキルが最小限に抑えられます。
  • ビルトイン機能: 追加のサードパーティアプリが必要ないため、豊富なビルトイン機能があります。
  • サポート: さまざまなチャンネルを通じて24時間体制のサポートがあります。

デメリット

  • 価格設定: ティアード型の価格設定により、売上高が高い企業にとっては費用がかかる場合があります。
  • テーマのカスタマイズ: 深いカスタマイズにはHTMLとCSSの知識が必要です。

5. WooCommerce

WooCommerceは、WordPress向けに作られたオープンソースの電子商取引プラットフォームです。

WooCommerceは、WordPressとシームレスに統合されるよう設計された柔軟でオープンソースのeコマースプラグインです。WordPressのウェブサイトを完全に機能するeコマースストアに変換することができます。

インストールとカスタマイズが容易であり、そのネイティブ機能を拡張する広大なマーケットプレイスで知られています。

主な特徴

  • カスタマイズ: テーマやプラグインを通じて豊富なオプションを提供します。
  • コンテンツの統合: eコマースをブログやポートフォリオと組み合わせたいビジネスに最適です。
  • コミュニティとサポート: ガイドやフォーラムなどのリソースに加え、強力なコミュニティのサポートがあります。

メリット

  • コスト効果: インストールは無料であり、多数の無料のテーマやプラグインがあります。
  • 柔軟性: Web開発スキルを持つユーザーにとって高度にカスタマイズ可能です。
  • WordPressとの統合: WordPressプラットフォームに精通しているユーザーに最適です。

デメリット

  • 拡張性: スケーラブルではありますが、高トラフィックのストアには大規模なホスティングリソースが必要です。
  • 複雑さ: カスタマイズと高度な機能の追加には技術的な専門知識が必要です。
  • メンテナンス: セルフホスティングなので、プラグインやテーマの定期的な更新とメンテナンスが必要です。

6. Wix

Wixは、シンプルさで知られるオールインワンの電子商取引プラットフォームで、中小企業や個人事業主に最適です。

ドラッグアンドドロップの機能で知られるWixは、技術的な専門知識に関係なく、美しく機能的なオンラインストアを作成できます。

ビジネスの成長を支援する包括的なスイートを提供し、シンプルさとユーザーエクスペリエンスに焦点を当てて、マーケティングと販売ツールを統合しています。

主な特徴

  • カスタマイズ可能なテンプレート: さまざまな業界に合わせた900以上のカスタマイズ可能なウェブサイトテンプレートを提供します。
  • オールインワンソリューション: ウェブサイト構築、eコマース、ビジネス管理ツールを組み合わせます。
  • SEOとマーケティング: ビジネスを効果的にプロモーションするための統合されたSEOツールとマーケティングソリューション。

メリット

  • 使いやすさ: ユーザーフレンドリーなインターフェイスで、eコマースサイトの作成と管理を簡素化します。
  • 多様性: オンラインストア、サービスビジネス、レストランなど、さまざまなビジネスタイプをサポートします。
  • ビルトインツール: スケジューリングソフトウェア、ブログ機能、強力なeコマースソリューションを直接提供します。

デメリット

  • パフォーマンス: 専用のeコマースプラットフォームと比較して、サイトの読み込みが遅くなる場合があり、ユーザーエクスペリエンスに影響します。
  • SEOの制限: 改善されていますが、WixのSEOオプションは過去に専門のプラットフォームよりも弱いと見なされていました。

7. Squarespace

スクエアスペースは、ビジュアルに魅力的なテンプレートで知られています。デザインが優先事項である場合、スクエアスペースは美しくデザインされたオンラインストアを提供できます。

中小企業から、強力なオンラインプレゼンスを確立したい大規模な運営まで、さまざまなビジネスに対応するよう設計されています。

スクエアスペースは、オンラインでの販売をサポートするだけでなく、ブランディングやマーケティングの強固な基盤も提供する、エレガントで使いやすいプラットフォームを求める企業や起業家にとって目立っています。

使いやすさと美しいテンプレートが特長であり、費用やカスタマイズオプションについては考慮が必要です。

主な特徴

  • デザイナー向けウェブサイトテンプレート: ブランドに合わせてカスタマイズ可能な業界をリードするテンプレートを提供します。
  • 電子商取引機能: オンラインストアの設定、予約のスケジュール設定、製品やサービスの販売、顧客への請求が可能です。
  • マーケティングツール: SEOツール、Eメールマーケティング、ソーシャルメディアの統合など、オーディエンスの成長と顧客とのエンゲージメントをサポートします。

メリット

  • 使いやすさ: ウェブサイト構築を誰にでもアクセス可能にする直感的なドラッグアンドドロップインターフェイス。
  • オールインワンプラットフォーム: ウェブサイトの作成、電子商取引、マーケティングツールを1つのパッケージに組み合わせて提供します。
  • デザイン志向: 幅広いプロフェッショナルと個人のユースケースに対応する美しいテンプレートデザイン。

デメリット

  • 費用: 無料トライアルを提供していますが、継続利用にはサブスクリプションが必要であり、中小企業にとっては高価になる可能性があります。
  • カスタマイズの制限: カスタマイズオプションがオープンソースのプラットフォームと比較して制限されていると感じるユーザーもいます。

8. PrestaShop

PrestaShopは、高度なカスタマイズオプション、拡張性、強力なコミュニティサポートを提供する堅牢な電子商取引プラットフォームです。

カスタマイズ機能の高さで有名なPrestaShopは、包括的なツールスイートを備え、オンラインビジネスを制御、拡大、強化するためのオンライン小売業者をサポートします。

主な特徴

  • カスタマイズ: ブランドエクスペリエンスに合わせた数千のモジュールやテーマが利用可能です。
  • 拡張性: 数百万の収益を上げるビジネスから成長中のビジネスまでサポートします。
  • コミュニティとサポート: 100万人以上のメンバーを持つ強力なコミュニティ、専門のサポートチーム、広大なリソースを提供します。

メリット

  • 所有権: 小売業者はオンラインストアとそのすべてのデータの完全な所有権を取得します。
  • 統合: PrestaShopはさまざまな支払いや配送方法と統合されており、ショッピング体験を向上させます。
  • 多言語対応: 複数の言語と通貨をサポートし、グローバルストアを構築するプロセスを簡素化します。

デメリット

  • 技術的専門知識: 効果的なカスタマイズと使用には、プログラミング言語の知識が必要です。
  • メンテナンスとセキュリティ: セルフホスティングであり、セキュリティとメンテナンスのために

定期的な更新が必要です。 - パフォーマンス: トラフィックが多い場合は、大規模なホスティングリソースが必要になり、サイトの速度に影響を与える可能性があります。

結論

適切な電子商取引プラットフォームを選択するのは、特定のビジネスのニーズ、リソース、目標に依存します。

ShopifyやWixは初心者向けの使いやすいオプションとして機能しますが、MagentoやSalesforce Commerce Cloudはスケーリングの準備ができたビジネスに対応しています。

BigCommerceのようなプラットフォームは、豊富な組み込み機能を提供し、WooCommerceはWordPressベースの運用と完璧に統合されています。Squarespaceのテンプレートはデザイン重視のビジネスに最適です。

ただし、データに基づいた独自の機能を求める場合は、Sankaが最適な選択肢かもしれません。

マーケットリサーチ、分析、CRM、注文管理ソリューションなどを提供するSankaは、オペレーションを効率化し、利益を増加させるために設計されたプラットフォームとして輝いています。

どのプラットフォームを選択するにしても、最適な電子商取引プラットフォームは、ビジネスモデルと目標にシームレスに適合し、顧客の最初のクリックから商品の配送までのプロセスを最適化するものです。

無料ではじめる

お気軽にご連絡ください。

無料製品トライアル・デモ
導入・運用サポート
費用見積もり
コンサルティング
データの移管支援
ソフトウェア開発