Sankaアカデミー

【成功するEC運営に】EC向け顧客管理ツール10選

Pic

最終更新日: 2024年1月23日

はじめに

急速に進化し、激しく競争が激しいEコマースの世界では、頑健なCRM(顧客関係管理)システムは単なる贅沢品ではなく、必需品です。

CRMソフトウェアは既存および潜在的な顧客とのやり取りを管理することで、お客様との関係を向上させ、プロセスを効率化し、収益性を向上させ、ビジネスの成長を促進できます。

ビジネスは多様であり、それに伴いニーズも異なります。したがって、Eコマースのニーズに正確に合致する適切なCRMツールを選択することが重要です。

このブログでは、詳細な議論を交えながら、各ツールについて詳しく説明し、ビジネスに最適なツールを選択するための情報を提供します。

電子商取引CRMツールの理解

CRM(Customer Relationship Management)は、企業が顧客を獲得し、維持し、堅固な関係を構築するために使用する戦略、技術、ツール、およびテクノロジーをすべて指します。

電子商取引の領域では、洗練された専用のCRMツールへのニーズがより顕著になります。

電子商取引CRMツールは、オンラインビジネス向けに特別に設計されたソフトウェアで、顧客データを収集、整理、管理するためのものです。

これらは、購入履歴、製品の好み、買い物の習慣など、顧客の行動に関するデータを収集するのに重要な役割を果たします。

CRMツールの真に力強い点は、プロセスを自動化できる能力です。CRMツールは、購買行動に基づいて顧客に個別の電子メールを送信するなど、マーケティングオペレーションを自動化できます。

電子商取引CRMツールの利点

高速なデジタルワールドでは、顧客体験を個別化することが成功の鍵です。電子商取引CRM(顧客関係管理)ツールは、これを実現するために重要な役割を果たします。

ここに、そのようなツールを利用する利点のいくつかがあります:

1. 中央集権化されたデータ管理: CRMツールは、すべての顧客データをまとめて収集、整理、表示します。

2. 顧客参加の向上: CRMツールは、顧客の行動と嗜好を追跡し、個別のマーケティングキャンペーンの作成を支援します。

3. マーケティングタスクの自動化: CRMツールは、フォローアップメールやプロモーションオファーの送信など、繰り返しのタスクを自動化できるため、時間を節約し、効率を向上させます。

4. より良い顧客サポート: 顧客の履歴を完全に把握することで、CRMツールは迅速で個別化された顧客サポートを可能にし、顧客満足度を向上させます。

5. 販売の増加: マーケティング戦略を最適化し、ターゲットされたコミュニケーションを確保することで、CRMツールは販売促進に役立ちます。

6. 強化された継続率: CRMツールは、顧客ライフサイクルを追跡し、離反の兆候を特定するのに役立ちます。

電子商取引のトップ10 CRMツール

1. Sanka

概要

Sankaは、オンラインストアの成長を促進するために構築されたオールインワンのEコマース管理プラットフォームです。

CRMツールとして機能するだけでなく、カスタマーマネジメント、マーケティング、バックオフィス、ヘルプセンターなど、さまざまなニーズを網羅する包括的なソリューションとして機能します。

主な特徴

  • 完全なEコマースソリューション: Sankaは、CRM、注文管理、在庫、倉庫および配送管理、マーケティング、カスタマーサービスなど、Eコマース全体を網羅するアプリスイートを提供しています。
  • 自動化されたワークフロー: Sankaを使用すると、日常業務の自動化がシームレスに行えます。自動化された運用により、効率が向上し、手動作業への依存が減少します。
  • 24/7のオンボーディングサポート: Sankaは専用のオンボーディングチーム、現在のツールからの移行サポート、トラブルシューティング用の成功チーム、必要に応じた専門のコンサルティングサービスを提供しています。
  • 破格の価格設定: Sankaは、18のアプリへのアクセスを提供する月額$300の一律料金を設定しています。Sankaの価格モデルには、制限なしのユーザー数、制限なしの統合、設定料金はなしという要素が含まれています。

メリット

  • 包括的なソリューション: SankaはCRMツールだけでなく、完全なEコマース管理プラットフォームを提供し、複数のツールが不要になり、運用に一体性をもたらします。
  • 手頃な価格モデル: 一律の料金で、複数のアプリ、制限なしのユーザー数、制限なしの統合が利用できます。さらに、設定料金はないため、高い投資対効果が期待できます。
  • 24時間対応のサポート: Sankaは24時間対応の専用サポートを提供し、円滑な運用を維持するために迅速に問題を解決できます。

デメリット

  • 広範な機能範囲: 幅広い機能はプラスですが、いくつかのユーザーは、特にシンプルなニーズを持つ中小企業の場合、最初はそれを圧倒的と感じるかもしれません。
  • スケーラビリティ: ビジネスの成長に応じて、Sankaの提供する高度な機能や統合の必要性を感じる場合があります。

2. Salesforce

概要

Salesforceは、CRMの部屋で800ポンドのゴリラとして賞賛されることがよくあります。このソフトウェアには、さまざまなビジネスニーズに合わせて設計された無数のツールと構成があります。

EコマースビジネスにとってSalesforceは、お客様ごとに詳細な360度のビューを提供し、パーソナライズされた顧客の旅をサポートします。

主な特徴

  • 集約された顧客データ: Salesforceは効果的に営業、サービス、マーケティングなど、あらゆる分野でデータをまとめ、Eコマースビジネスにおいて顧客の完全な理解を提供します。
  • コラボレーション機能: Salesforce Chatter

を使用すると、会社内のユーザーが効率的に協力して顧客の問題を解決できます。 - Einstein AI: SalesforceのAIモデルは、ビジネスが顧客の意向や行動を予測するのに役立ちます。

メリット

Salesforceの包括的な機能と広範なエコシステムは、非常に大きな利点を提供します。それは非常にスケーラブルであり、すべてのサイズのビジネスに適しています。

デメリット

Salesforceの幅広い機能は初心者にとっては非常に圧倒的であり、システムの全ての利点を活かすには通常、プロフェッショナルまたはSalesforceの専門家が必要です。価格も高めに設定されていることがあります。

3. HubSpot

概要

HubSpot CRMは、その使いやすいインターフェースと堅牢なツールセットで知られており、中小企業に最適です。

HubSpotは、インバウンドマーケティング、セールストラッキング、コンテンツ管理など、重要なビジネス機能を1つのプラットフォームで完璧に組み合わせています。

主な特徴

  • コンタクト管理と統合: HubSpotはコンタクトを効率的に管理し、Gmail、G Suite、およびさまざまなOutlookのバージョンとシームレスに統合します。
  • パイプライン管理: HubSpotのディールツールは、パイプラインを視覚化し、販売活動をより効果的に組織化するのに役立ちます。
  • 顧客の洞察: HubSpotでは、リードに関するすべての詳細を1か所で確認でき、パーソナライズされた対話を確保します。

メリット

HubSpotは、使いやすいCRMソリューションで、シームレスなユーザーインターフェースを誇ります。

このプラットフォームは、スタートアップや小規模ビジネスに最適な無料プランを提供しています。

デメリット

使いやすい一方で、HubSpotはプラットフォームを特定の要件に合わせてカスタマイズする際には制限があります。

追加のレポートや自動化などの高度な機能は、費用がかかることがあります。

4. Zoho CRM

概要

Zoho CRMは、多チャネルコミュニケーションで有名であり、企業がメール、電話、ソーシャルメディア、対面でクライアントと対話できるようにします。

このソフトウェアは、Eコマースビジネスに販売サイクルの包括的な概要と包括的な顧客履歴を提供します。

主な特徴

  • リードおよびコンタクト管理: Zoho CRMのシステムは、すべての段階での相互作用を追跡および管理することで、ビジネスがより多くのリードを変換できるようサポートします。
  • ワークフローオートメーション: Zohoの自動化されたワークフローにより、ルーチンの営業、マーケティング、およびサポートプロセスを効率化し、時間を節約できます。
  • 分析および予測: Zohoの高度な分析システムと販売の予測機能で、よりスマートなビジネスの意思決定が可能です。

メリット

Zoho CRMは高度にカスタマイズ可能であり、優れたサードパーティの統合を提供しています。

その深い分析と堅牢な自動化により、成長中のEコマースビジネスに適しています。

デメリット

一部のユーザーはZohoの広範な機能とカスタマイズが複雑で、初心者には学習コストがかかる可能性があります。また、カスタマーサポートの応答時間が遅いことがあります。

5. Pipedrive

概要

PipedriveはCRMプロセスの複雑さを取り除き、小規模から中規模のEコマースビジネス向けのシンプルで使いやすいツールを提供しています。

このソフトウェアはセールスに焦点を当てており、セールスパイプラインを効率化したい企業に最適です。

主な特徴

  • セールスパイプラインの管理: セールスパイプラインを視覚化し、直感的な機能で管理します。
  • メールの統合と自動化: Pipedriveのシステムを使用して、電子メールの送受信ができ、リードと顧客とのすべての電子メールのやり取りを追跡できます。
  • カスタマイズ可能なダッシュボードとレポート: Pipedriveのカスタマイズ可能なレポートダッシュボードでデータに基づいた意思決定ができます。

メリット

Pipedriveの主な強みはそのシンプリシティにあります。クリーンで直感的なインターフェースであり、CRM初心者にも使いやすいです。

その機能はセールスの向上に焦点を当てており、これはEコマースビジネスにとって有益です。

デメリット

Pipedriveはセールスの機能に優れている一方で、高度な顧客サービスやメールマーケティングなどの領域では不足しています。

また、より高度な機能が必要な場合、価格モデルが高額になるこ

とがあります。

6. Freshworks CRM

概要

Freshworks CRM(旧Freshsales)は、あらゆる規模のビジネス向けに設計されています。AI搭載の洞察、自動化、統合されたテレフォニーを使用して、顧客エンゲージメントを向上させ、より多くの販売を促進します。

主な特徴

  • イベントトラッキング: ソフトウェアはリードのウェブサイトおよび製品内のアクティビティを追跡し、ビジネスが顧客をセグメント化し、パーソナライズされたメールをトリガーできます。
  • AIベースのリードスコアリング: これにより、ビジネスは最も有望なリードを特定できます。
  • 組み込みの電話とメール: Freshworks CRMを使用すると、ビジネスは1か所から電話をかけ、メールを送信し、タッチポイントを管理できます。

メリット

Freshworks CRMのリードスコアリングとイベントトラッキングは、Eコマースビジネスにとって堅牢なツールとなっています。

使いやすさと優れたUIが全体のユーザーエクスペリエンスを向上させています。

デメリット

高度な機能になると価格が高くなることがあります。一部のユーザーはソフトウェアの時折の遅延について報告しています。

7. Insightly

概要

Insightlyは、すべての規模のビジネスがより強力な顧客関係を築くのに役立つモダンなCRMプラットフォームです。

これにはコンタクト管理、プロジェクト管理、詳細なセールスレポートなどの機能が含まれています。

主な特徴

  • 関係のリンク付け: システムを使用してネットワーク内のどこからでもコンタクトをリンクし、一目ですべての関係を視覚化し理解できます。
  • プロジェクト管理: Insightlyの統合されたプロジェクト管理機能でセールスデリバリープロセスを簡単に監視できます。
  • カスタムレポート: カスタムセールスレポートとダッシュボードでビジネスインサイトを生成します。

メリット

Insightlyはプロジェクト管理を含む堅牢な機能セットを提供し、複雑な注文を処理するEコマースビジネスに最適です。

インターフェースはクリーンで使いやすいです。

デメリット

モバイルアプリの改善が必要で、デスクトップバージョンと同等の機能が完全に揃っていないことがあります。

また、顧客サービスの対応が遅いとの苦情もあります。

8. Keap

概要

Keap(旧Infusionsoft)は、特に小規模ビジネス向けに優れたオールインワンのCRM、セールス、マーケティングプラットフォームを提供しています。

その堅牢な自動化機能は、従来の反復作業に費やされていた時間を節約します。

主な特徴

  • セールスおよびマーケティングの自動化: Keapの強力な自動化機能により、ビジネスは電子メールの送信、オープン、クリック、フォームの送信、および支払トランザクションに基づいてパーソナライズされたコミュニケーションをトリガーできます。
  • コンタクトとリードの管理: クライアントのアクティビティとコミュニケーションを1か所にまとめて、フォローアップとリードナーチャリングを容易にします。
  • Eコマースの機能: 請求と回収の管理、オンラインショッピングカートの設定、購入後のフォローアップなどを行います。

メリット

Keapは優れたセールスとマーケティングの自動化機能を提供しており、小規模Eコマースビジネス向けのトップチョイスです。

直感的なワークフローを備えた使いやすいインターフェースもあります。

デメリット

その強みにもかかわらず、Keapの価格は小規模ビジネスにとってはかなり高額にな

ることがあります。

モバイルアプリがありますが、一部のユーザーはその機能とユーザーエクスペリエンスが不足していると感じています。

9. Nutshell

概要

Nutshellは、セールスオートメーションとメールマーケティングの機能を提供する使いやすいCRMプラットフォームです。

これは、セールスファネルを効果的に管理したい中小規模のEコマースビジネスに最適です。

主な特徴

  • コンタクトとリードの管理: リードをキャプチャし、整理し、配布し、効果的に分析して変換率を向上させます。
  • セールスオートメーション: セールスプロセスを自動化し、リードの割り当てから複雑なセールスプロセスの実行までを行います。
  • レポートと分析: 複雑なビジネスメトリクスを解明する直感的なセールスレポートとカスタマイズ可能なダッシュボードを提供します。

メリット

Nutshellのセットアップと使用は簡単で、中小規模のEコマースビジネスにとって使いやすいです。

手頃な価格設定も魅力的なオプションです。

デメリット

Nutshellは堅牢なセールスオートメーション機能を備えていますが、より広範なマーケティングツールや統合を提供することができないかもしれません。その機能は大規模な組織をサポートするには十分に洗練されていないかもしれません。

10. Microsoft Dynamics 365

概要

Microsoft Dynamics 365は、Microsoftの生産性アプリケーションスイートの一環として包括的なCRM機能を提供しています。

このプラットフォームは、Microsoftエコシステムに組み込まれた企業に最適です。

主な特徴

  • Sales Insights: Dynamics 365はAIを使用して、ビジネスがデータに基づいた意思決定を行い、顧客の行動を予測し、販売アプローチを向上させるのに役立ちます。
  • Customer Service Solutions: 初回接触から売上後のサポートまで、顧客の旅路全体で個別化されたコンテキストに基づくインタラクションを提供します。
  • LinkedIn Sales Navigator統合: 豊富なLinkedInの情報にアクセスし、ネットワークを拡張し、関係管理を向上させます。

メリット

Microsoft Dynamics 365の主な利点は、Microsoft Officeツールとのシームレスな統合であり、統一された馴染みのあるエクスペリエンスを提供します。

非常にスケーラブルなプラットフォームであり、大規模なビジネスの要件を満たすことができます。

デメリット

MicrosoftのCRMの複雑さと価格設定は、小規模ビジネスにはあまり魅力的ではありません。

CRMには学習コストがかかり、導入とトレーニングにはかなりの時間と労力がかかる可能性があります。

結論

以上で、あなたのEコマースビジネスの成功を推進するためのトップ10のCRMツールが揃いました。

各CRMツールには独自の特徴、利点、欠点があります。最終的には、Eコマースビジネスに最適なCRMは、特定の要件、ビジネスの規模、予算、および好みに依存します。

CRMツールがビジネスのニーズと一致することを確認するために、可能であればトライアルランを行う価値があります。

この包括的なガイドを手に入れたことで、ビジネスの成功に向けて情報豊かな決定ができる一歩近づきました。

ECビジネスを運営する、
もっと良い方法があります。

市場調査、商品・注文管理、顧客サービスまで。
全てのデータと業務を一元化。
一つのサブスクで。無制限のアカウント。

無料ではじめる

お気軽にご連絡ください。

無料製品トライアル・デモ
導入・運用サポート
費用見積もり
コンサルティング
データの移管支援
ソフトウェア開発