Sankaアカデミー

かんばんとは?かんばんの方法論と原則を理解する

Pic

最終更新日: 2023年10月2日

目次:

はじめに

効果的なプロジェクト管理手法として、カンバンは近年人気を博しています。生産性と効率を高める方法を探しているなら、かんばんは必要なソリューションかもしれません。

かんばんは、継続的な改善、柔軟性、高い可視性を重視し、プロジェクトを円滑に進めます。

この記事では、かんばんの定義、原則、方法、自分のワークフローに導入するための例など、かんばんの基本を学びます。

かんばんは、適切なアプローチによって、あなたとあなたのチームが進行中の作業をよりよく管理し、処理能力を高め、持続可能な納品ペースを達成するのに役立ちます。

かんばんのシンプルかつインパクトのある原則に従うことで、コラボレーションの改善、より質の高い仕事、ワークライフバランスの向上への道が開けます。

カンバンとは何か?かんばん方式を定義する

かんばんは、日本発祥の在庫管理システムであり、当初はトヨタ生産方式で在庫レベルと対応性を最適化する手法として使用されていた。

カンバン・ワークフローの中核となるコンセプトは、作業アイテムの可視化、仕掛品(WIP)の制限、継続的な改善を促す環境づくりにある。

ワークフロー内を移動する作業項目をカード化したビジュアルボードを使用することで、チームの共同作業を効率化します。

これにより、プロジェクトの進捗と状況が完全に可視化されます。

かんばんの基本原則

かんばん方式には、いくつかの基本原則があります:

  • ワークフローを可視化する: ビジュアルボードは、プロセス全体を透明で明確にします。誰でも現在の作業状況を一目で把握できる。
  • 進行中の作業を制限する: これは、ボードの各列のカードの枚数を制限することを意味する。ボトルネックを減らし、効率を最大化する。チームは、新しい作業を始める前に、作業を終わらせることに集中する。
  • 流れを管理する: ボードを通過するカードの流れは、仕事の進捗状況を表している。チームは、仕事が左から右へとスムーズに流れることを目指す。どの列でも滞りやオーバーフローがあれば、プロセスを調整する必要があることを示す。
  • 方針を明示する: ワークフローのルールを明確に示す。チームメンバー全員が、完了の定義、引継ぎの手順、優先順位付けの方法などを理解する。これにより、混乱や手戻りを避けることができる。
  • フィードバックループを導入する: スタンドアップ」と呼ばれる定期的なミーティングは、フィードバックの機会を提供する。チームは、何がうまくいっているのか、何がうまくいっていないのかを話し合い、プロセスを最適化するために継続的な改善を行う。
  • コラボレーションによる改善(進化的変化): 各チームは、現在の状態からスタートし、改善のために少しずつ変更を加えていきます。完璧な」かんばん方式はありません。チーム独自のニーズに合わせて、時間をかけて改善していきます。

カンバンの基本原則: 可視化、仕掛かり作業の制限、フローの管理

カンバン方式を適切に実施するには、その基本原則を理解する必要があります:

視覚化

かんばん方式では、ビジュアルボードを使用して作業とワークフローを表示します。タスクはボード上で視覚的に表現され、チームメンバーは作業の状態を一目で確認できます。

この可視性により、プロセスと進捗に透明性がもたらされます。多くの場合、付箋を貼った物理的なボードが使われるが、デジタルボードも人気がある。

進行中の作業を制限する

かんばん方式では、未完了の作業量を制限することで、チームの集中力を維持し、過度の負担や品質の低下を防ぎます。仕掛品(WIP)の上限はワークフローの各段階に設定され、チームはこの上限を超えることはできません。

これにより、プロセスのボトルネックを特定し、システム内を仕事がスムーズに流れるようにします。

フローの管理

かんばんシステム内を移動する作業の流れは、継続的に監視し、改善する必要があります。かんばんは、ワークフローの各段階におけるタスク数のバランスをとることで、フローを最適化します。

過負荷やボトルネックのためにフローが遅くなったり止まったりした場合、WIP制限やポリシーの調整が必要になることがあります。チームは、効率的に仕事を進め続けるために、データに基づいた決定を下すことができる。

カンバンの反復的アプローチは、プロセスのボトルネックや無駄を明らかにすることで、継続的な改善を可能にします。

かんばんが適切に適用されれば、生産性、効率、品質の向上につながる。

カンバンの導入 ボード、カード、スイムレーン、その他のツール

かんばん方式を導入するには、かんばんボードを設置する必要があります。かんばんボードは、プロセスを流れる作業項目のワークフローと進捗状況を視覚的に表示します。

ボードには、ワークフローのさまざまな段階を表す列があります。カードで表された作業項目は、作業が完了するにつれて左から右に移動します。

カンバンカードには、タスクの説明、優先度、期日、担当者など、ワークアイテムに関する情報が含まれています。カードは、ボード上の各作業項目の進捗状況を追跡することができます。

スイムレーンとは、カンバンボード上の横列のことで、カテゴリやチームメンバーごとに作業項目を整理するのに役立ちます。

各スイムレーンには、独自のワークフロー列が含まれています。スイムレーンは、異なるチームや個人に分類または割り当てられた作業を視覚化する簡単な方法を提供します。

累積フローダイアグラムは、ワークアイテムがカンバンシステムをどのように流れているかを分析するために使用できます。

この図は、各ワークフロー状態のアイテム数を時系列で示します。プロセスのボトルネックを特定し、ワークフローを最適化するのに役立ちます。

その他、かんばんに役立つツールには次のようなものがあります:

  • 時間の経過とともに完了した作業を追跡するバーンダウンチャート。
  • 作業項目の優先順位を評価する優先順位付けマトリックス。
  • 仕掛品(WIP)制限により、ワークフロー状態における未完了の作業量を管理する。WIPの限界は流れを改善し、ボトルネックを減らす。
  • カンバン方式を継続的に改善するためのフィードバックループ。チームは定期的に集まり、何がうまくいっているか、何がうまくいっていないかについて話し合い、ワークフローを改善するための微調整を行う。
究極のワークフロー自動化ソリューションである[Sanka](http://sanka.io/)で組織の潜在能力を最大限に引き出しましょう。面倒な作業を合理化し、セールスとマーケティング活動を拡大し、当社の強力なプラットフォームで時間とコストの両方を節約しましょう。 今すぐ登録

かんばんの実践: 事例とケーススタディ

かんばん方式は、業務を改善し、顧客により良いサービスを提供するために、多くの有名企業が導入しています。

ソフトウェア開発

かんばんは、ソフトウェア開発において、製品のバックログ管理、スプリント計画、バグ追跡に広く使用されています。

例えば、カンバンボードは通常、タスクを「バックログ」、「進行中」、「テスト」、「完了」などの列に整理します。

これにより、チームは作業を可視化し、仕掛かり作業を制限し、安定したワークフローを維持することができる。

例えば、トヨタは1940年代にジャスト・イン・タイム生産を最適化するためにカンバン方式を開拓した。

仕掛かり作業を制限することで、トヨタは効率を高め、無駄を減らすことができた。

かんばん方式の導入から3年後、トヨタは全在庫の75%削減と欠品の95%削減...

同様に、Spotifyはソフトウェア開発を管理するためにかんばんを採用した。彼らは、開発段階ごとに列を設けた物理的なボード上でワークフローを可視化した。

これにより、チームは進行中の作業を制限し、フローを最適化し、ユーザーに価値をより早く提供できるようになった。

製造業

もともとリーン生産方式をサポートするために設計されたかんばんは、当然ながらこの業界で効果を発揮する。

製造業におけるかんばんの典型的な使い方は、材料や部品がさらに必要になったときに合図を送ることです。

これにより、在庫を最小限に抑え、過剰生産を回避し、可能な限り効率的な生産を維持することができる。

顕著な例は、世界的な衣料品小売業者であるZARAである。ZARAは、かんばんにヒントを得たプルベースの補充システムを使い、サプライチェーンを実際の顧客需要に合わせている。

可能な限り最後の瞬間まで最終的な製造を延期することで、ZARAは現在のファッション・トレンドに密接にマッチした衣料品をデザインし、生産することができる。

このジャスト・イン・タイムのアプローチと過剰生産の抑制が、ZARAの成功の鍵となっている。

マーケティング

マーケティングチームでは、カンバンボードは「アイデア」、「進行中」、「レビュー」、「公開」などの段階を表すことがあります。

ブログ記事の作成、インフォグラフィックのデザイン、Eメールキャンペーンの準備などのマーケティングタスクは、これらのステージを通して管理され、安定したバランスの取れたワークフローを実現します。

人事

人事担当者は、カンバンシステムを使って採用や入社プロセスを追跡できます。

例えば、採用のカンバンボードには、「候補者候補」、「面接段階」、「最終確認」、「採用」の欄があります。

また、社員研修や能力開発プログラムのモニタリングや管理にも役立ちます。

コンテンツ管理

新聞の編集スタッフであれ、ブログのコンテンツチームであれ、カンバンは作業プロセスの管理に役立ちます。

タスクは、「アイデア出し」、「執筆」、「編集」、「デザイン」、「レビュー」、「公開」といった段階に分けることができます。

これにより、チームは個々のコンテンツの進捗状況を把握し、アウトプットを可視化し、リソースをより効果的に管理することができます。

カンバンを始めるためのベストプラクティス: トレーニング、変更管理、メトリクス

かんばんの導入を成功させるには、以下のベストプラクティスに注目しましょう:

十分なトレーニングを行う

かんばんが効果的であるためには、チームメンバー全員がかんばんの手法と原則を十分に理解している必要があります。

かんばんのフレームワーク、ワークフロー、メトリクス、ツールに関する包括的なトレーニングは、全員が同じページにいることを確認するのに役立ちます。

チームは、仕掛品(WIP)の制限、ワークフローの可視化、プロセスの継続的な改善について学ぶ必要があります。

カンバンツールやシミュレーションを使った実践的な練習は、コンセプトを強化する上で貴重です。

変更を慎重に管理する

かんばんは、ほとんどのチームにとって新しい仕事のやり方であり、適切に導入されないと混乱を招く可能性があります。チームリーダーは、変更の理由を伝えて賛同を得る必要があります。

より広く展開する前に、まず試験的なカンバンプロジェクトを行い、その利点を実証する。

コーチングを提供し、チームメンバーからの質問や懸念に対応する。段階的な変更の方が混乱が少ないので、チームは、かんばんを他の作業領域に拡大する前に、ワークフローの一部だけを可視化することから始めることができます。

メトリクスを監視し、データに基づいた意思決定を行う。

サイクルタイム、スループット、仕掛品(WIP)制限などのメトリクスは、カンバンプロセスを可視化します。

チームは定期的にメトリクスをレビューし、改善が必要かどうかを確認する必要があります。例えば、サイクルタイムが増加している場合、WIPが多すぎるか、作業アイテムがブロックされている可能性があります。

仮定ではなく、データに基づいてWIP制限を調整したり、ワークフローのバランスを調整したりします。時間の経過とともに、メトリクスを使用して、サイクルタイムの短縮、品質の向上、生産性の向上など、カンバンの定量化可能なメリットを実証することができます。

結論

学んだように、かんばんは、ワークフローの可視化、仕掛かり作業の制限、効率の最大化を中心とした人気のプロジェクト管理手法です。

今やっていることから始め、継続的な改善を実施し、現在の役割と責任を尊重することで、生産性と品質の向上というメリットを享受することができます。

カンバンはフレームワークを提供します。時間をかけて練習すれば、かんばん方式は自然に身につき、プロジェクトや組織をパフォーマンスと成功の新たな高みへと押し上げることができます。

コラボレーションの改善、納期の短縮、無駄の削減、品質の向上など、可能性は無限大です。かんばんを試してみませんか?

無料ではじめる

お気軽にご連絡ください。

無料製品トライアル・デモ
導入・運用サポート
費用見積もり
コンサルティング
データの移管支援
ソフトウェア開発