Sankaアカデミー

Matoken.ethが語る、ENSがユニークである理由

Pic

最終更新日: 2023年2月28日

自己紹介してもらえますか?ENSでの仕事や参加の理由を教えていただけますか?

私はENSの開発者で、フロントエンド開発やスマートコントラクト開発、データ分析、開発者との会議やハッカソンでのコミュニケーションなど、さまざまな技術関連の業務を行っています。詳細は私のウェブサイトで確認できます。

私はENSが始まった当初から知っており、ENSの創設者であるNick Johnson氏が私の働く場所(イギリス・ロンドン)に住んでいたため、彼は2016年に地元のミートアップでENSを紹介するために来てくれました。私は2018年にイーサリアム財団からの助成金が出た際にENSチームに参加しました。その後、Nick氏がENSの開発のために独自の組織を設立しました。

初心者のために、ENSとは何か、どのような役割を果たすのか説明していただけますか?

ENS(Ethereum Name Service)は、さまざまなもの(イーサリアムアドレス、分散型ウェブサイト、ソーシャルメディア情報)をENS名(例:matoken.eth)に関連付ける巨大な電話帳のようなものです。

これを支払いアドレスや分散型ウェブサイトのホスティングに利用したり、ウェブ3のユーザー名として使用したりすることができます。ENSと統合されたウェブサイト(Etherscan、Uniswap、OpenSeaなど)では、自分のETH名が表示されます。

ENSコミュニティのメンバーはどのような人々ですか?その文化には独自の特徴がありますか?

ENSはNFTとして最も手頃なユーザー名の1つであるため、NFTアーティストからOG Ethereum開発者までさまざまな人々が参加しています。彼らは.eth名を自分のソーシャルアイデンティティに関連付ける傾向があり、Twitterのプロフィール名として.eth名が表示されることが多いです。

ENSに参加して貢献したいと思う人にとって、最善の方法は何でしょうか?

自分のスキルに関係なく、ENS名の利用を促進することができ

ます。ETHアドレスを求められた場合はENSを提供しましょう。お気に入りのDAppサイトや取引所、NFTマーケットプレイスがENSを完全にサポートしていない場合は、彼らにENSとの統合を要求しましょう。

もし技術的な知識を持っている場合は、GitHubリポジトリに貢献することができます。

ENSでの仕事から学んだことはありますか?他の人が学ぶことができるミスはありますか?逆に共有したい成功体験はありますか?

必ずしもミスとは言えませんが、当初は技術に重点を置きすぎたため、完全な初心者が使用するのは難しいUIとなっていました。成功としては、Nick氏がいくつか大胆な動きを行いました。例えば、スクワッターに対抗するためにロックされたデポジットモデルから年次登録に移行したことや、.tld以外のTLDの追加です。これらの変更は当初賛否が分かれましたが、ENS名の有用性を高め、投機的資産ではなくなりました。

ENSトークンが何をするもので、ENS DAOをどのように強化するのか説明していただけますか?

ENSトークンは、保持しているENS名の期間に基づいて分配されます。保持している名前の数ではなく、最も長く保持しているアドレスに基づいて分配されます。この決定も意見が分かれましたが、ENSへの強い信念を持つ人々を惹きつけたと信じています。

ENSトークンは、プロトコルの変更や名前登録収益の割り当て方法などの重要な決定を行うためのガバナンストークンです。トータルの割り当てについてはMirrorの記事で確認できます。最も重要なことは、DAOに50%が割り当てられており、ENSエコシステムの成長に貢献し、積極的にDAOで活動するコミュニティメンバーに分配されるべきであるということです。

ENSに参加するためのトップ3の理由は何ですか?

ENSは暗号通貨、Web3、インターネットの未来のインフラストラクチャです。ENSの成長に貢献したことを誇りに思えるでしょう。これは、80年代や90年代にインターネットドメインの成長に貢献したと言うのとほぼ同じです。 二つ目は、ENS DAOは一定の収益源を持っており、積極的な貢献者に報酬を支払う方法を積極的に探求しています(ただし、プロセスはまだ詳細化中です)。

最後に、多くのDeFiプロジェクトとは異なり、ENSプロトコルに参加するためには複雑な内部知識が必要ありません。

私のTwitterアカウントをフォローしてください。Matoken on Twitter

ECビジネスを運営する、
もっと良い方法があります。

市場調査、商品・注文管理、顧客サービスまで。
全てのデータと業務を一元化。
一つのサブスクで。無制限のアカウント。

無料ではじめる

お気軽にご連絡ください。

無料製品トライアル・デモ
導入・運用サポート
費用見積もり
コンサルティング
データの移管支援
ソフトウェア開発